KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
韓国実力派歌手イ・ムンセ 来日コンサート大盛況で終える
去る7月22日、23日にかけて、東京厚生年金会館で<4thイ・ムンセ独創会in TOKYO>が行われた。
今回、4度目の日本公演となったイ・ムンセのコンサート会場には、韓国人の姿も多く見られ、子供連れの家族や年配の人々まで、幅広い年齢層の観客が足を運んでいた。

『愛が過ぎれば』のミュージックビデオ映像で幕を上げたコンサートは、イ・ムンセの登場と共に一気に熱気に包まれ、観客の歓声と共にスタートした。

日頃からユーモア溢れるトークが人気のイ・ムンセは、日本語で「私が有名なイ・ムンセです。歌謡界のヨン様です」「ご飯食べましたか?私はペコペコです」と挨拶し、観客を笑いの渦に巻き込んだ。

今回のコンサートのテーマは、“エピソード”。イ・ムンセは、40代後半とは思えないパワフルなステージを繰り広げた。歌唱力はもちろんのこと、巨大スクリーンやステージセット、字幕スクリーンなど、舞台構成の素晴らしさも観客を楽しませ、観客と一緒に歌って踊り、観客とを巻き込んでの絶妙なトークや、ギターの弾き語りなど、観客のハートを完全につかみ、会場を“イ・ムンセワールド”に引き込んだ。

また、神戸からはるばる公演を見に来たという日本の女性ファンをステージに招き、『別れの話』をデュエットで披露、公演当日に誕生日を迎えた人たちには、バースデーソングを歌うといったファンサービスも。

コンサート終盤では、今年12月に日本放映予定の、カム・ウソン、ソン・イェジン主演のSBSドラマ『恋愛時代』で使われた曲、『あの時はまだ言えなかった言葉』がドラマの映像と共に流れ、切ない歌声で観客を魅了した。

イ・ムンセは韓国の“公演ブランド”とも呼ばれ、“独創的”な舞台演出とユーモアあふれるトーク、そして実力ある歌唱力で、言わずと知れた韓国の国民的アーティスト。
日本でもファンの多いイ・スヨンやキム・ボムス、RUI(イ・スンチョル)といったバラード歌手たちが、イ・ムンセのヒット曲をリメイクしたことでも、反響を呼んいる。


Copyrights(C)wowkorea.jp

2006/07/24 17:27:21 入力





1

俳優パク・ソジュン&チェ・ウシク、親友V(防弾少年団)をサプライズ応援

2

「BLACKPINK」ロゼ、ジェニー、ジスが“華麗なる出国”

3

「防弾少年団」、デビュー後の7年間と使命感を表現した「ON」=“転んでも立ち上がる”

4

【全文】パダ(S.E.S.)、インスタに命日を迎えた故イ・ウンジュへの思いを綴る…「まだ大切な友達」

5

【公式】「IZ*ONE」クォン・ウンビ、体調不調で24日のサイン会不参加「回復に専念」

6

「防弾少年団」、ドキュメンタリーに描いた「ON」制作裏側…言語を超えたコミュニケーション

7

ヒョナ、すっぴん姿でいたずらっ子な表情をインスタで公開…ステージとは180度違うキュートさ

8

ジャスティン・ビーバー、「防弾少年団」のニューアルバム発売を祝福&PR

9

ユナ(少女時代)、SNSにホームスキンケア中の姿を公開…すっぴんでも究極の清純美

10

ヒョナ、清純ラブリーなすっぴん姿を披露
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.