KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
韓国では無名 日本では有名 新人歌手“Uターン”現象
「ソンミンって誰?」
デビューアルバムもリリースしていない新人歌手SunMin(ソンミン)。しかし、彼女は日本で、どんな歌手よりも注目を浴びている。彼女は日本人歌手・久保田利伸と共に『Keep Holding U』を歌いデビューした。映画『日本沈没』の主題歌であるこの曲は、発売1週目にオリコンシングルチャート20位にランクイン。韓国ではデビューさえしていないという点からして、成功した方である。SunMinの所属事務所はグループ<SHINHWA(神話/シンファ)>と同じグッドエンターテイメント。<グッドエンターテイメント>は「日本で成功的なデビューを果たしたので、韓国でのデビューも順調なものと思われる」と伝えた。

SunMinよりも2年早く日本に渡った女性歌手ユンナは、デビュー当時“ピアノを弾く10代”というコンセプトを押し出した。また、2枚目のシングル『ほうき星』は、オリコンシングルチャート15位に入るなどの人気を博した。現在、シングル6枚とアルバム1枚をリリースした彼女も、下半期に韓国でデビューアルバムをリリースする。

BoA(ボア)、Rain(ピ )、SE7EN(セブン)などと異なり、先に日本でデビューして人気を博している韓国歌手が増えている。2001年の女性グループ<TO-YA>をはじめ、2人組男性デュオ<SoRi>がこのケースだ。女性歌手Mayは韓国と日本で同時にデビューした。ユンナの所属事務所でも現在、5、6人が日本デビューを控えており、Rainが所属しているJYPエンターテイメントもやはり、3、4人が中国と日本でデビューする予定だ。

彼女らのデビューにかかる経費はダンス、歌などのトレーニング費と外国語レッスン代、アルバム代、広報費など、3年の準備過程を含め大体20億ウォン程度。これは国内歌手のデビュー経費である3億~5億ウォンに比べると高い方。トレーニング・レコーディング・ミュージックビデオ制作と続くデビュー過程で、外国語を学んだり現地での生活などに、余分な費用がかかるためだ。
しかし、メリットもある。世界の音盤市場第2位である日本で成功した場合、米進出が楽になり、日本デビューした後に韓国デビューすると、国内での経費を減らせるということだ。

デビュー後、人気を博していく過程も、日本と韓国は若干異なる。韓国の場合、歌手として成功するのには音楽的なこと以外にも、バラエティ番組出演時に発揮するエンターテイナー的な能力が必要だ。しかし、日本では新曲が広告、アニメーション、テレビ番組などの挿入歌に使用されるか、されないかに成功の可否がかかっている。


Copyrights(C)donga.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp

2006/09/01 11:15:57 入力





1

【公式】「SHINee」テミン、5月31日軍入隊直接発表…「言葉にできない」と涙

2

ジェシカ(元少女時代)、交際8年目のテイラー・クォンとの“スキンシップ写真”を投稿

3

ソヒョン(少女時代)、キム・ジョンヒョンの“態度騒動”謝罪後落ち着いたような笑顔を見せる

4

イ・ホンギ(FTISLAND)、除隊後の近況でさらに若返った童顔ぶりを披露「久しぶりのトーク難しい」

5

キム・ヒョンジュン(リダ)、コンサートを再開=恋人暴行&飲酒運転騒動後、笑顔を取り戻した様子

6

【公式】「SHINee」テミン、5月31日に現役入隊…SM「陸軍軍楽隊に最終合格」

7

健康上の問題で活動中断の「NU’EST」アロン、ショーケースに登場!「無理のないようできる範囲で」

8

「ENHYPEN」、26日にグローバルカムバックショー開催

9

“引退を考えた”「AKMU」のイ・スヒョン、デビュー7年目のスランプを救ったIU(アイユー)&ユ・ヒヨルとの克服エピソード

10

「Apink」、デビュー10周年を記念したファンソング「Thank you」を発表=ボミが作詞を担当
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.