KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ユ・スンジュン バンクーバー公演に韓国系住民熱狂
兵役回避問題で、韓国内での活動が不可能となっているユ・スンジュンことスティーブ・ユ。時折舞い込む写真によって、アメリカで暮らしている彼の近況が伝えられているが、彼がアメリカ、または北米地域で"歌手活動"をしているかどうかはほとんど知られていない。

そんなスティーブ・ユが、カナダでコンサートを開いた。いぶかしがられるかもしれないが、コンサートは実際に行なわれ、2年前もカナダで公演を開いている。彼の韓国内ファンクラブカフェを見ても、彼が北米地域で時々コンサートを開いていることが伝えられている。彼のカナダ公演は、かなりの盛況振りを見せた。もちろん彼の活動を反対しない人々が多く集ったからだが、コンサート場の熱気もすごかった。

カナダ時刻で4月1日金曜日、バンクーバーのニューウェストミンスターにあるメッシ劇場で開かれたスティーブ・ユのコンサートには1,000人を超す青少年たちが参加。2年前のゴスペル公演に続き、バンクーバーでは2回目のコンサートだという。

テコンドーなど、スポーツで鍛錬されたスティーブ・ユの、韓国で活動していた当時と変わらない姿であった。自身のヒット曲を、力強く絢爛なダンスとともに熱唱。バックダンサーのダンスも一緒である。

コンサート場を訪れた在バンクーバー韓国人2世と1.5世、そして多くの留学生たちが一緒になって歓呼していた。彼の全盛期の時の国内コンサートの縮小版とでも言おうか。

他国で、特に行くところもない韓国の若者たちは、彼の兵役問題はそれほど気にしていない様子で、みんな楽しそうである。また、子供たちと一緒に訪れた親たちも、「今回のスティーブのコンサートが、健全な、子供たちのストレス発散の機会になった」と満足そうにしている。

特に、スティーヴ・ユは、挨拶で兵役問題に触れ、祖国にも帰れずにいる自分が、バンクーバーのステージに立てたのは、ファンの変わらぬ愛情のおかげだとし、何度も感謝の言葉を述べ感激を伝えた。

またスティーヴは、青少年たちに、自分も13才の時に渡米したので、今バンクーバーに住む韓国人青少年たちが持つ悩みや辛さを同じように感じ、彷徨したと語り、自分は誰よりも今のバンクーバーの韓国人青少年が感じているものをよく理解できると話した。

彼は北米地域で、青少年宣教活動に主力しており、日本と台湾など、アジア地域に慎重に活動舞台を広げつつあると、バンクーバーの韓国人の間では伝えられている。

Copyrightsⓒdkbnews & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005/04/06 14:16:39 入力





1

BOM(元2NE1)、「大鐘賞映画祭」でのふっくらした姿が話題「整形NO…少し太っただけ」

2

「BTS(防弾少年団)」、「私たちは人種差別・暴力に反対します」キャンペーンに参加

3

「PRODUCE 48」出身コ・ユジン、芸能界引退をSNSで宣言

4

SOL(BIGBANG)、結婚について「ミン・ヒョリンじゃなかったら考えなかった」

5

BTS 米黒人暴行死で「人種差別・暴力に反対」

6

ギュリ(元KARA)、イテウォンのクラブ訪問論議後初の近況報告「誕生日をお祝いしてくれてありがとう」

7

【全文】「AB6IX」イム・ヨンミン、飲酒運転で謝罪文公開“メンバーに恥ずかしい”

8

「SISTAR」、デビュー10周年を迎えメンバーたちが感謝のコメント、「一生忘れられない時間」

9

「IZ*ONE」、清純+ラブリーなカムバックフォト公開…12の魅力

10

ユン・ドゥジュン(Highlight)、至近距離のまなざしでファンもドキドキ…「髪が伸びた」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.