KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
SHINHWA 東京コンサート中にハプニング! 
グループSHINHWA(シンファ/神話)ではなく、6種類の“神話”だった。

SHINHWAは24日、日本武道館で<SHINHWA 2006 Japan Tour Inspiration #1>を繰り広げ、約1万人の観衆の前でそれぞれのメンバーの個性をしっかりと刻みこんだ。スケジュールの関係上、ドラマ『無敵の新入社員』の映像を使用したエリックを除く他のメンバーは、それぞれ異なった色合いのソロステージを披露し、メンバーではなく、1人のスターとしてその魅力を見せつけた。

アンディーは『Girls Exclusive』を歌い、キュートなラッパーのイメージを強調。キム・ドンワンは日本の曲『Cry sour Grape』を歌い、ボーカリストとしてアピールした。シン・ヘソンとイ・ミヌは『同じ考え』『Bump!!! 』など、自身のソロ曲をカリスマ溢れる歌声で披露。チョンジンはまもなくリリースされるシングル曲『愛が来ない』を初公開し、ソロ歌手としての期待感を高めた。

全体的な公演構成も多彩だった。バラードからカリスマ溢れるダンス曲まで、デビュー9年目グループの豊富なヒット曲は、公演会場の雰囲気を多いに盛り上げ、ファンは熱狂と観賞に浸り、公演に酔いしれていた。

いくつかのハプニングもあった。まず、今回の公演に最も高い期待感を表したキム・ドンワンは、ソロステージで“事件”を起こしてしまった。公演序盤から声の調子が少し良くなかったキム・ドンワンは、ソロステージで『Tears』をかなりの高音で消化。曲が最高潮に達し、観衆席からは緊張感までもが漂っていた瞬間、キム・ドンワンの歌声が“裏返って”しまった。恥ずかしがるキム・ドンワンには激励の歓声が飛び、キム・ドンワンは感謝の気持ちを示した後、ステージが終わると同時に慌ててステージ裏に飛び込んでいった。

次はエリック。ステージ合間のコメントを事前に字幕処理し“カンニング”していたエリックは、突然字幕が停止してしまい、言葉を続けられなかった。その後メンバーたちは“裏返り”と“字幕朗読”を面白おかしく茶化し、“ミス”を魅力に変えるというプロらしさを見せつけた。

公演を観覧したある日本人女性は「SHINHWAのカリスマ溢れる姿と人間的な姿を、同時に見ることができてよかった」「グループが出せる最も多様な色合いを持った公演だった」と評価し、今後のSHINHWAの日本での活動に高い期待を表している。

Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2006/09/25 12:14:31 入力





1

”全世界が待望”「BTS(防弾少年団)」、5月21日ニューデジタルシングル発表へ

2

JENNIE(BLACKPINK)、「5人以上の集合禁止」(新型コロナ拡散防止)違反疑惑?7個のアイス写真で物議に

3

「BTS(防弾少年団)」、本日(4/17)から公演実況イベント「BANG BANG CON 21」開催&全世界のARMYと再会

4

YGエンタ、ジェニー(BLACKPINK)の「5人以上の集合禁止」違反疑惑を釈明=“YouTubeの撮影だった”

5

ラッパーのOwen、RYUJIN(ITZY)のラップ力を“ジョーク”で称賛するも…「セクハラ発言」として物議に

6

「BTS(防弾少年団)」、出演CMの再生回数が1千万回突破…ビハインド映像にも期待

7

HYBE、「BTS(防弾少年団)」のカムバックに言及=“5月21日?決まったら発表する”

8

“チャート逆走神話の「Brave Girls」、今は韓国青年たちの希望”…米外交専門誌

9

チャ・ウヌ(ASTRO)、自身の名前が使用された新造語“チェチェチャチャ”に本音「残念なところが…」=「知ってるお兄さん」出演へ

10

シンガーソングライターThe Film、女性ファンを「違法撮影」で実刑…法廷拘束へ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.