KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
タク・チェフン “アンチ キム・ジャンフン”活動告白
S.Papaタク・チェフン(36)が一時、アンチ活動(?)をした話が公開された。

昨年1月、KBS COOLFM<キム・ジャンフンのミュージックショー>の初放送の日。タク・チェフンに続きキム・ジャンフンが進行を引き受けたこの番組に、「タク・チェフンがなつかしい」「キム・ジャンフンは降りろ!」といったメッセージが続々届いた。

ほとんどの場合、ラジオでDJが変わると、初回放送には以前のDJを懐かしがる声が届けられる。しかし、この日は特に“親タク・チェフン” “反キム・ジャンフン”といったメッセージで溢れた。
これを注意深くみていた制作スタッフは、文字メッセージの後ろの番号がタク・チェフンのものであることに気づき、構成作家がタク・チェフンに電話をかける事態に至った。

一瞬、うろたえていたタク・チェフンは「いつもあの時間には放送中だったのに、家にいてやることもなかったので送った」と打ち明け、その後<キム・ジャンフンのミュージックショー>は、退屈しているタク・チェフンを慰めようと、電話連結を試みるといったイベントを行なうことになったという。

この話は、イ・フィジェ、タク・チェフン、チ・サンリョル、タブローが共同MCをしているKBS2 TV<想像プラス>12日放送分に、キム・ジャンフンがゲスト出演して明かされた。

ソン・シギョンとともに<スタープラス>コーナーに出演したキム・ジャンフンは、公演中、ワイヤーから落ちてケガをしたが観客が信じてくれず、結局、救急車に運ばれて行きながら「ほら、本当にケガしてるでしょ?」と、恨み混じりのジョークを口にしたという話も披露した。

Copyrightsⓒgonews & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005/04/14 13:05:27 入力





1

「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で

2

“キム・ジョンヒョン操り説”女優ソ・イェジ、元芸能記者の暴露でユンホ(東方神起)ら「華麗な男性遍歴」に再注目

3

[韓流]ソウルで韓服展示会 BTSなどスター着用の衣装

4

「I.O.I」、“ファンとの約束”デビュー5周年の5月4日にライブ放送で集結

5

【公式】「BTS(防弾少年団)」、5月末カムバック?事務所「確定後に公開する」

6

「TWICE」モモ&サナ、JYP入社9周年「お疲れ様、これからも一緒に」

7

イライ(U-KISS)と離婚後“一人育児”に奮闘中チ・ヨンス、「息子よ愛してる、ありがとう」

8

チリのお笑い番組で「BTS」をパロディ…アジア人への人種差別発言が物議

9

ソン・ナウン(Apink)、雰囲気で圧倒する無限のビジュアル=ファッション画報公開

10

キュヒョン(SUPER JUNIOR)、本日(13日)新曲「COFFEE」発売…俳優コンミョンxチェ・スビンがMVに出演
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.