TAOのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【公式全文】SMエンタ、TAOを相手に提訴…中国での活動は違法
【公式全文】SMエンタ、TAOを相手に提訴…中国での活動は違法の画像
SMエンタテインメントが、グループ「EXO」を離れたTAOの中国での活動に制約をかけた。(提供:OSEN)
SMエンタテインメント(以下、SM)が、グループ「EXO」を離れたTAOの中国での活動に制約をかけた。

 SMは22日、「KRIS、LUHANのマネジメント会社による中国国内での違法的な芸能活動に対して正式に提訴した。TAOについても違法的な芸能活動を図るアルバム制作会社に対して提訴し、18日に中国・北京の裁判所に正式に立案された」と明らかにした。


 以下、全文。

 「EXO」メンバーのKRIS、LUHAN、TAOの法的マネジメント会社として、2015年2月と7月にそれぞれLUHANとKRISの中国国内での違法的な芸能活動に対して、中国の裁判所に正式に提訴したのに続き、TAOとTAOの違法的な芸能活動を図るアルバム制作会社に対して提訴し、2015年9月18日に北京裁判所に正式に立案されました。

 今後、TAOの違法的な芸能活動などによる弊社及び「EXO」の権益を保護し、さらに多くの善意ある会社に被害が及んだり、TAOの違法的な芸能活動に関与させたりしないように、SMは次のように公式立場を明らかにします。

 TAOは2015年4月、すでに他の会社と結託して芸能活動、音盤制作を進めるなど、無断で事務所とグループを離れ、さらに同年7月にミニアルバムを発売後、違法的なソロ活動を続けてきています。このようにTAOは「EXO」の活動によって得た認知度を借りて、広告や放送などに出演していた中、2015年8月24日に突然韓国・ソウル中央地方裁判所に一方的に弊社を相手に提訴しました。裁判所で最終判決が出るまではSMとTAOで締結された専属契約は有功であり、TAO本人は専属契約の権利、義務を誠実に履行しなければならず、一切の違法的な芸能活動はできません。

 2015年9月15日、中国放送映画TV社会組織連合会及び、中国出版協会は共同で「新聞出版放送映像業界専従者 職業道徳自律公約」の締結式を主催し、新聞出版放送映像業界専従者は、職業道徳的な側面において「契約精神を尊重し、業界に信義と秩序に影響を及ぼす違約行為をしないこと」と明確にしました。KRIS、LUHAN、TAOの3人の契約精神を遵守せず、信義よりは短期的な金銭的利得だけを追求しようとする一方的な契約破棄行為は、明白に本公約内容を違反し、中韓の民間部門での活発な文化交流と協力に悪い影響を及ぼしており、善意の三者にも大きな損害を引き起こしています。

 SMは、「新聞出版放送映像業界専従者 職業道徳自律公約」を積極的に支持し、このような契約遵守精神をもとに健全で発展的な中韓文化交流と協力/合作のために継続的に努力していくつもりです。

 弊社は今後、中国及びその他の地域でも弊社と「EXO」及び善意の提携会社の権益を保護できるよう、全ての法的措置を取るつもりであり、中韓の健全な文化産業発展のために努力していくつもりであることを、改めてお伝えいたします。
2015/09/22 14:03:29 入力





【TAOの関連ニュース】

1

韓国検察側、B.I(元iKON)の不正捜査疑惑に反論「送致対象ではなかった」

2

”ドラッグ姫”ハン・ソヒの弁護士、YG元代表ヤン氏の言葉明かす「この世界でお前一人くらい、どうとでも…」

3

”ミルク姫”ファン・ハナ、麻薬容疑で2度目の公判に出席=ユチョン(元JYJ)と交わした会話内容に焦点

4

【トピック】YGエンタの芸能界活動停止を要請する国民請願が3万人を突破…YGボイコットの動きも

5

B.I(元iKON)の薬物疑惑を暴露した“ドラッグ姫”ハン・ソヒ、YGからの圧力あったと明かす

6

【トピック】イ・ホンギ(FTISLAND)、「おしりを買いたい」と切実な近況が話題に

7

“衣装騒動”「BERRY GOOD」チョヒョン、心境伝える「温かい応援に涙…最善を尽くす」

8

“デビューだけで4回目”チョン・ソミ、ソロデビューについて語る「信じられない」

9

「防弾少年団」、米「ビルボード200」38位=9週連続メインアルバムチャート上位圏

10

ユン・ジソン(元Wanna One)、入隊して初の近況報告
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.