F.CUZのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【個別インタビュー】「F.CUZ」、英語曲「Forever」でアイドルからアーティストへ!
【個別インタビュー】「F.CUZ」、英語曲「Forever」でアイドルからアーティストへ!の画像
「F.CUZ」左からカン、テゴン、イェジュン、ジノン
2014年以降、リリースするシングルは、すべてオリコンのベスト10入りを果たしている韓国出身のボーイズグループ、「F.CUZ」(フォーカズ)。

 メンバーのレヒョンの入隊、さらに11月28日、テゴンの入隊が電撃発表された「F.CUZ」が9thシングル「Forever」を2016年1月27日にリリースする。11月28日、29日に行われた埼玉県でのリリースイベントを大盛況で終えたばかりのメンバーがタイトなスケジュールの中、インタビューに応じてくれた。

 メンバーそれぞれの個性が光る冬コーデで現れた「F.CUZ」。グループ初挑戦となった英語曲の「Forever」について、レコーディングやリリースイベントのエピソード、さらにメンバーにとって「Forever」なものとは、など日本語でたっぷりと語ってくれた。


―新曲「Forever」についてご紹介お願いします。
イェジュン:僕たちの9枚目のシングル「Forever」は歌詞とメロディがとてもいいです。透明感のあるPOPな感じですが、完成度の高い曲なのでみなさんが聴いた時「アイドルグループの曲ですか? 」と思わず言ってしまうかもしれません。僕たちにとって初めての英語の曲ですので、すごくドキドキしていますが、うれしいです。
ジノン:僕も英語の歌は初めてです。もちろんファンのみなさんも初めてだと思いますが(笑)。「Forever」を初めて聴いた時、強い衝撃を受けました。この感じをファンのみなさんとも共有したいと思います(笑)今回のシングル、めっちゃ! いい曲です! 
カン:僕たちの9枚目のシングル「Forever」は、アイドルからアーティストへと変わった、そんな印象を受けるような曲です。
テゴン:イェジュンくんも話していましたが「Forever」は透明感がある曲で、初めて英語で歌っていることもあり、よりアーティスティックに感じると思います。

―初の英語の曲ですが、「Forever」の日本語バージョンもあり、レコーディングは大変でしたか? 
ジノン:日本語の曲は今まで何作も制作していますのでそれほど難しくはなかったですが、英語は初めてだから発音や雰囲気とか難しかったです。
イェジュン:初めてだから大変でしたが、もともと以前から英語曲を取り入れたかったので、実現できて楽しかったです。
カン:僕は英語の発音は上手いので大丈夫でした(笑)同じ期間に英語と日本語の二つを録らなければいけなかったので難しかったです。
テゴン:僕は英語も日本語も全部難しくて(笑)、大変でしたが頑張ってレコーディングしました。

―では、英語で歌っている時日本語が出てしまったことはありますか? 
カン:はい。あります(笑)
ジノン、その心配はステージの上でも…(笑)これからが心配です(笑)

―歌ってみていかがですか? 
ジノン:メロディも歌詞もいいので、気持ちがいい曲です。
イェジュン:この曲は今までレコーディングした曲の中でもかなり難しいから、僕たち4人も練習を長い時間しましたし、僕たちのボーカル力も上がったと思います。

―「Forever」は英語曲なので、日本だけではなくグローバルな楽曲といった印象を受けましたが。
ジノン:いい歌に出逢った時はとてもしあわせですよね。この曲のレコーディングはとてもしあわせでした。

―新曲「Tell Me Why」も英語の曲ですよね。こちらはどんな曲ですか? 
ジノン:「Tell Me Why」はダンスミュージックみたいですが、この曲も洋楽っぽいですね。
カンくんのラップが入っていますが、とてもいいです。ポイントですね。

―カンさんのソロ曲「Just Too Far Apart」が収録されていますが、どんな曲ですか? 
カン:この曲はデモの段階から歌詞を英語で作りました。曲の感じが「これは英語にした方がいいかな」と思って、スタッフさんに相談したら「いいんじゃない? 」といってくれたので、制作を進めました。

―英語での作詞は大変でしたか? 
カン:大変でした。
イェジュン:時間がかかりました。
カン:難しいところは翻訳しながら頑張りました(笑)

―B盤にはイェジュンさんのソロ曲「ここから永遠に」が収録されていますがどんな曲ですか? 
イェジュン:この曲は甘い曲で、女性に対してのイメージを曲にして表現したスウィートな曲です。歌詞は最初韓国語で作ったんですが、日本語の方がより繊細な表現が出来ると思いました。メロディがよくて、甘い感じが僕に合うかなと思いました。カンくんに相談したら「イェジュンに似合うと思うから挑戦してください」と応援されたので、制作に入りました。

―2010年アルバム「NO ONE」の楽曲「GO」を収録しようと思ったのは何故ですか? 
ジノン:「GO」は韓国で発表した曲で、日本では収録したことがなかったので。この曲はもともとメンバーも好きな曲でRemixバージョンはステージでDJ Playも出来るんじゃないかと思います。最近はカンくんもボクもステージでDJ Playをすることがあるので、ファンのみなさんも楽しく聴いてくれると思って入れました。

―新曲「Forever」発売記念イベントが11月28日からスタートしましたが、いかがですか? 
イェジュン:久しぶりにファンのみなさんに会えましたが、すごく会いたかったから、超うれしいです。みんなの前で歌いたかったので、うれしかったです。
ジノン:リリースイベントなど、みなさんの近くで歌うことが好きだから、久しぶりでしたのでとても幸せでした。
カン:僕も同じで久しぶりのイベントだったから、8枚目のシングルの時よりもっと頑張ろうと思いました。
テゴン:久しぶりにファンのみなさんに会えてうれしかったです。「Forever」がいい曲だから、しあわせです。

―「Forever」を披露して、ファンみなさんの反応はいかがでしたか? 
イェジュン:ファンのみなさんも初めて聴いた時「えっ、英語?! 」とびっくりしていました(笑)新曲を歌うのは初めてだったので僕たちもすごく緊張しました。

―28日にはテゴンさんの入隊の電撃発表もありましたが、このタイミングでの発表はやはりファンの方に直接会って、伝えたかったのでしょうか? 
テゴン:日本に来る直前に召集状を受け取りました。
ファンのみなさんに僕自身から直接言いたかったから、リリースイベントの初日に発表しました。
ジノン:ライブが終わって最後のあいさつの前、テゴンくんが手紙を読んで伝えました。

―ファンのみなさんは驚きましたよね。
ジノン:連続だったから…。

―メンバーのみなさんも驚きましたよね? 
カン:最初はびっくりしました。
ジノン:日本に来る前に聞いたので、なんでそんなに早く(入隊に)なったんだろうと思いましたが韓国男子の義務ですからね。
カン:年齢がそろそろだから「いつかは」と考えてはいましたが。
イェジュン:いつかは誰かが行くので…。急だったからみんなびっくりしました。

―一番驚いたのはテゴンさんですよね? 
テゴン:僕はもう少し先だと思っていたので…
ジノン:イベントやライブの準備をしていた時だったので「このタイミング? 」という気持ちでした。

―タイトル「Forever」にちなみ、みなさんにとって「Forever(永遠)」な事、もの、人とは何でしょうか? 
ジノン:メンバーみんな、「Forever」といえば、一番はファンのみなさんですよね。そして、メンバーも「Forever」、家族も「Forever」です。

―個人的にはどうですか? 
イェジュン:僕は、「僕の魅力」が「Forever」です(笑)。恥ずかしいですけど。
ジノン:僕も自分でいうのは恥ずかしいけど、僕の性格が他の人に聞くと「優しい性格だね」と言われるので僕の「優しさ」は永遠、「Forever」です(笑)。
カン:本当の愛です。ファンのみなさんへの愛、家族への愛、結婚したら、奥さんへの愛、子供がいたら、子供への愛、「Forever」、永遠にです。愛の神様です(笑)
テゴン:ファンの皆さん、そしてメンバーと家族と友だち。「Forever」です。

―11/28の埼玉から12/5鹿児島、6日福岡、12/12 石川(金沢)、13日大阪、26日愛媛までリリースイベントがありますが、楽しみにしていることはありますか? 
ジノン:テゴンくんが大阪までなので、寂しいですけど…。僕たちのリリースイベントやライブステージをファンのみなさんが観て、楽しんでくれることが活動のポイントなので…そんなファンのみなさんに会える事が楽しみです。

―リリースイベントはライブだけでなく、握手会やサイン会、チェキ会でファンの方と直接交流しますが、何かエピソードはありますか? 
ジノン:僕は握手会の時いつも思うんですが、他のメンバーにはみなさん「カッコよかった」、「かわいかった」とかうれしくなるような事を言われていますけど、僕には「おもしろかった」とか、「ギャクがいいね」という言葉なので…僕も「カッコいい」とか、「かわいい」という言葉が聞きたいです(笑)今回も期待したけど、昨日も「おもしろかった」でした(爆)
イェジュン:チェキ会はファンとの距離がすごく近いんです。撮影の時、ファンのみなさんがすごく緊張して、唇が震えているんです。でも、(微笑みなから)それが超かわいいです。
ジノン:特にイェジュンくんのファンはネットでドラマのカップルのようなロマンティックな写真を探して、ポーズをリクエストするんです。僕は恥ずかしいですが、ファンのみなさんが大好きだからそのポーズをします。
イェジュン:ぼくも緊張しますよ。
カン:本当の愛ですね。
テゴン:僕もチェキ会の時にファンの方が緊張して、撮影した写真を忘れて帰ってしまうということがありました(笑)

―テゴンさんは、日本のドラマ「ラスト・ハネムーン」に出演し、俳優としての第一歩を歩まれましたがいかがですか? 
テゴン:ドラマの演技は練習が必要だから…。まだ演技は無理かなと思っていましたが(ドラマに出演して)すごく楽しかったので、もっと、もっと頑張って、機会があったらまた出演したいです。
ジノン:ドラマの撮影が終わった時、テゴンくんが「大変でしたけど。すごく楽しかったから、次もやりたいです」と言っていました。

―ジノンさんは毎週SBSラジオ 「ラブゲーム」に出演されていますが、ラジオの生放送大変ですか? 
ジノン:週によって、木曜日と金曜日があります。僕は元々、ラジオDJがしたかったので、今はゲストですけど、いつか僕がラジオDJになって、僕の番組で放送したいです。今、4年ぐらいしましたが、一生懸命しています。

― 2015年を振り返って一言で表すとしたらどんな1年でしたか? 
イェジュン:ことしは「挑戦」の年でした。何故なら、ニューシングルは英語で挑戦しましたし、メンバーのレヒョンくん、テゴンくんが入隊で、二人も人生で大きな「挑戦」だから。来年も僕たちはずっと挑戦します。
ジノン:「Forever」です。僕は日本がとても好きですが、ことしは日本の活動がたくさんあったので、もっと、もっと、好きになりました。日本で永遠に活動したいので2015年を一言でいうと「Forever」です。
カン:僕にとって2015年は意味のある年でした。「意味ある年」で「始まる年」です。もう一度生まれ変わった年です。
テゴン:ことしは「経験」の年です。いろいろな経験をした年です。

―2016年はどんな年にしたいですか? 
ジノン:ことしは(ファンのみなさんが)とても愛してくれましたので、めっちゃ、感謝したいです。「来年も『F.CUZ』をよろしくお願いします」と言いたいです。

―最後にファンの方にメッセージをお願いします。
イェジュン:ファンのみなさん、イェジュンです。ことしも僕たちを愛してくださって、本当にありがとうございました。今年も残り一か月ですが、最後まで一緒に盛り上がりましょう! 
ジノン:来年の活動もたくさんあると思いますがイベントやライブ、そしてラジオや番組も出たいのでその活動も応援してください。
カン:来年も頑張る「F.CUZ」になるので、みなさん、ぜひ「Forever」永遠に愛してください! 
テゴン:日本活動最後のイベントまで、一生懸命頑張るので、みなさん、「F.CUZ」愛してください! 
(テゴンの言葉にメンバーから拍手が沸き上がった)


 インタビューの終了を伝えると「お疲れ様でした」。「ありがとうございました」とそれぞれ日本語で声をかけてくれたメンバーたち。

 インタビューは日本語で進行され、ジノンをはじめ、イェジュン、カンがテゴンをフォローする場面もみられるなど互いを思いやり、気遣う姿に胸が熱くなった。写真撮影では “モデルドル”らしいポージングでカリスマ性を発揮し、カメラマンをうならせた。
そんな「F.CUZ」をアイドルからアーティストへと変貌させた透明感のある壮大な曲「Forever」は2016年1月27日リリースされる。

 なお、テゴンの日本での活動は、12月13日のイオンモール茨木(大阪府)で開催のリリースイベントまでとなり、それ以降はジノン、イェジュン、カンの3人での活動となる。

2015/12/16 23:14:27 入力





【F.CUZの関連ニュース】

1

「防弾少年団」JIMINに”また”Tシャツ問題… ロシア語の放送禁止用語

2

V.I(元BIGBANG)&女優パク・ハンビョル夫、性接待前日に確認のため自宅で買春

3

【公式】「VIXX」のメンバー4人、再契約完了=ラビは独立レーベル設立&エンは除隊後に議論

4

【全文】「PRISTIN」シヨン、解散の心境をSNSで語る

5

【全文】「PRISTIN」、契約満了に伴いデビュー2年で解散…ギョルギョン&イェ・ハナ&ソンヨンのみ再契約

6

「WINNER」、パク・シネ、イ・ホンギなど韓国芸能界で”子ども顔アプリ”大流行

7

“国民プロデューサー代表”イ・ドンウク、「PRODUCE X 101」練習生たちをピザで応援

8

【全文】バンド「JANNABI」、過去の“いじめ加害者”はユ・ヨンヒョン…自ら脱退・自粛を表明

9

バンド「JANNABI」のメンバーに校内暴力疑惑=事務所側「確認後に立場を発表」

10

ジニョン(元B1A4)、6月入隊説を否定「まだ令状が来ていない」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.