SHU-IのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【公演レポ】「SHU-I」、「ありがとう、皆さんと一緒で楽しかった」解散ラストライブは涙と笑いと感動の嵐
【公演レポ】「SHU-I」、「ありがとう、皆さんと一緒で楽しかった」解散ラストライブは涙と笑いと感動の嵐の画像
「SHU-I」左からチャンヒョン、ミンホ、インソク、ジンソク
2009年、韓国でデビュー。2011年には日本でメジャーデビューを果たし、かわいいルックス、親しみやすいキャラクターから“チワワ系アイドル”として、日本を拠点に活躍してきた「SHU-I」が、8月に年内解散を発表。

 11月25日に「SHU-I」の軌跡を振り返る、レーベルの垣根を越えたオールタイムベスト「BEST」をリリースした「SHU-I」が12月21日(月)、東京・台場Zepp DiverCityにて、「2015 FINAL TOUR『以上、SHU-Iでした!! 』」を開催。日本での活動の集大成を懐かしい楽曲から、新曲までライブを通して振り返り、ファンと共に最高の思い出を作った。

 詰めかけたファンの大歓声の中、一段と高いステージに登場した「SHU-I」のリーダー・インソク、ミンホ、チャンヒョン、ジンソクの4人は黒いミニタリー調の衣装をカッコよく着こなし、「STAR LIGHT」でオープニングを華々しく飾った。

 3曲立て続けに披露すると全員揃って「1、2、アンニョンハセヨ! 『SHU-I』で~す! 」と東京公演では最後となる恒例のあいさつをすると会場は声援と大きな拍手に包まれた。

 「いつもキラキラ! 僕もキラキラ! 『SHU-I』のチャンヒョンです。よろしくお願いします」、「みなさん、アンニョンハセヨ! 今日も最後まで盛り上がっていきましょう! 『SHU-I』のミンホです」、「みなさん、アンニョハセヨ! 『SHU-I』リーダーのインソクです。今日、東京最後まで全力でいきたいと思います! よろしくお願いします! 」、「いきますよ! 『SHU-I』でいつも元気な男は誰? (会場:ジンソク! )、『SHU-I』で一番のダンスマンは誰? (会場:ジンソク! )、『SHU-I』でくいしんぼうは誰? (会場:ジンソク! )、『SHU-I』で一番イケメンは誰? (会場:インソク! )やかましいわ!! 『SHU-I』のジンソクです」と順番に自己紹介すると会場のテンションは一気に上昇。

 ジンソクが「『SHU-I』のFINAL Zepp TOUR『以上、SHU-Iでした!! 』にようこそ! 」と呼びかけるとインソク、チャンヒョン、ミンホも「ようこそ! 」とファンに声をかけた。

 「衣装がヤバイです! 」とジンソクが黒いミニタリー調の衣装について触れると「5年前の定期ライブを思い出しますね」とチャンヒョン。すかさず「今日はベースが黒で、大人に成長した『SHU-I』を表現しました(笑)」とジンソクがコメントにファンもニッコリ。

 会場を見渡したミンホが「今日は最初から雰囲気がいいですよね」と満足した様子を見せると、「最後まで盛り上がる準備はOKですか? 」と声をかけるジンソクに会場からは熱い反応が返ってきた。

 4時間を予定しているライブに対し「でも今日、長いじゃん。みんな応援のプロだから、調節して最後までいきましょう! 」とチャンヒョンが会場の笑いを誘う。ジンソクの「雨の日にピッタリな曲。聴いて下さい」と「CANDY RAIN」を歌唱。

 日本メジャーデビュー曲「Smile For Me」を届けるとジンソクの「懐かしいでしょ? 」との声に会場からは「懐かしい! 」との声が。
「4年前ですね。あの頃は僕たちのPVにチワワが出たりしたね。それから僕たちのCDが置いてあるレコード店を見にいきましたよね」というミンホに、インソクも「僕たちの宣伝のトラックも走っていて、それを撮るために2時間待っていたこともあったね」と当時を振り返えると会場は温かい雰囲気に。

 「SHU-I」ならではのオモシロトークでファンを楽しませた後は久々に歌うという「Ash gray sky」へ。2014年6月18日にリリースした「SHU-I」初のバラード曲「こんなに君を好きなのにどうして? 」をせつなく歌い上げると会場はうっとりと酔いしれた。

 ライブの合間に懐かしい写真が次々と映し出されると、そこにはメンバーからファンへ向けたメッセージが記されていた。「SO In LUV」では白い袋を片手にクリスマスの飾りをつけたメンバーがサイン入りのカラーボールをプレゼント。

 「Kiss My Life」に続き「ネバギバYeah! 」では激しいダンスで会場をさらに熱くした。ジンソクが「この曲は初オリコンチャート10位に入ったので、ビックリしました」というと「この『ネバギバYeah! 』で10位に入って、泣きました。うれしくて泣いたのは人生で初めてでした」と明かすミンホ。

 ここで、ジンソクが「これはPJ(ヒョンジュン)からいかないといけなんですよ」とその時の様子を再現し、さらにジンソクの自虐ネタでファンを楽しませた。

 「これからは最近の『SHU-I』、セクシーな『SHU-I』をお見せします」とジンソクが紹介するとミンホが「その前に本当に懐かしい曲をお届けします! 」と韓国デビュー曲「BOMB BOMB BOMB」へ。

 ファンの熱狂的な応援を受け、大胆なイメチェンを図った2ndアルバム「I-DREAM」から歌詞が刺激的な「Rolling Love~飾らない愛のかたち」など、迫力のダンスと共に披露すると、「SHU-I」の多彩な魅力に会場は大盛り上がり。

 二部では赤いジャケットの衣装にチャンジした「SHU-I」。メンバーから体力を心配されているチャンヒョンは「僕たち休憩したのに、この3曲で体力がなくなった」と会場を笑わせた。

 ここで、インソクが「末っ子の自慢していいですか」と前置きし「『GLOW WILD』の振付はうちのジンソクが作りました」と紹介し、大きな声援が送られると「それでは聴いてください。『約束の場所』」とバラード曲へ繋いだ。

 ラストライブのソロステージのトップを飾ったのはインソク。
「2009年9月から2015年12月まで6年以上『SHU-I』のリーダー・インソクとして過ごしてきた時間が僕にとって永遠に忘れられない記憶になって、心の奥のどこかに刻まれています。『SHU-Iのリーダー・インソクです』と毎日言ってきたこの言葉も、もう少しで言えなくなりますね。僕たちが今日、ここまでこられたのは本当に奇跡だと、そして運命だと思います。すべて僕たちのことを支えてくれたみなさんの力だと思います。今までの感謝の気持ちを込めて、僕が作った曲を歌いたいと思います。僕がみなさんに伝えたいメッセージです」と自作曲「ここまで」を熱唱。

 インソクが歌う歌詞の一言、一言が心に響き、これまでの思い出を振り返り、涙ぐむファンたち。

 トップステージにたったミンホは一人ひとりの顔を目に焼き付けるように会場を見渡し「今日のライブが『SHU-I』として東京での最後のライブになりますよね。ソロステージがあると聞いて、どんな曲を準備するか、一昨日まで悩んで決められなかったんです。『SHU-I』のミンホとして初めて書いた曲を聴いてもらおうと。『SHU-I』のミンホとしてこの曲を歌うのはこのツアーが最後なので…。『SHU-I』のミンホが歌う『約束』聴いてください」とアカペラで歌い始めた。

 シーンと静まり返った客席に向かい、そっと、語りかけるように歌うミンホ。その繊細な歌声は会場の隅々まで染み渡り、涙ながらも圧巻の歌唱力で歌い上げた。

 続いて登場したのはジンソク。流暢な日本語で持ち前のMC力を発揮し、ジョークを飛ばし、会場の笑いを引き出した後は客席とのやりとりで北海道、福岡、大阪など全国から来たというファンを確認し、笑顔を見せた。

 初めてピアノ演奏するというジンソクは、「『SHU-I』のお兄さんたちと過ごしてきたことは自分にとって、めちゃくちゃうれしい思い出なんですね。『SHU-I』のお兄さんたちとみなさんに支えて頂いて来年も頑張ろうと思います。僕に勇気を与えてくれる曲を歌いたいと思います」と緊張した面持ちであったが、綾香の「みんな空の下」を演奏と共に初披露。

 途中、感極まって歌えなくなるジンソクに「がんばれ! 」、「ジンソク! 」とファンからの温かい応援を受けて、最後まで歌い切ると大きな歓声が上がった。

 ソロステージのラストはチャンヒョン。チャンヒョン自らが作詞作曲を手掛けた「過ぎ去った風」を熱唱すると応援のペンライトが会場を照らし、大きく揺れる。涙を堪えて歌うチャンヒョンの姿がさらに会場の涙を誘った。

 そのまま、ファンへの想いを紡いだ楽曲「君を想う」を歌いだすチャンヒョンにメンバーがひとりずつ寄り添い、4人揃って歌唱。切々と歌い上げる4人の姿がファンの五感に響き、心を揺さぶる。

 トークコーナの前半は元気に明るく振る舞うメンバーだったがエンディングが近づくにつれて、涙を堪えながらも一曲、一曲、心を込めて、全身全霊でパフォーマンスする「SHU-I」。そんな彼らの姿はファンはもちろん、会場中を感動の渦に巻き込んだ。

 雰囲気をがらりと変えて、メドレーソングに続き、残すところあと一曲となるとインソクが「みなさん! 次の曲が最後の曲です! 」という言葉にチャンヒョンの指揮に合わせ「え~! みーじーかーいー」とファンが大合唱。息の合ったところで、「気持ちよかった」というチャンヒョンだが、「SHU-I」のライブでは恒例のやりとりも東京では最後となった。

 エンディング曲には「SHU-I」のそして、ファンへの未来に向けて「未来へ」を選曲。

 最後に「僕たちが日本に来て、5年ですが、時間が早いなと思います。仕事もそうですが、プライベートでも思い出がたくさんあって、いい思い出を作りました。ファンのみなさんといっしょで楽しかったです。永遠に最後ではなくてまた日本で頑張って、活動するので、応援してください。ありがとうございました」(チャンヒョン)

 「完全なさよならではないので、特にジンソクは来年から日本で活動する予定なので、僕たちの分まで応援お願いします。『SHU-I』は長い、長いしあわせな夢のような時間でした。『SHU-I』は永遠に忘れることができない夢。みなさんの応援はこれからの原動力になるので、これからも応援よろしくお願いします」(ミンホ)

 「みなさんのおかげで今まで日本で活動することができました。最後なのにもかかわらず、最近ファンになって僕たちの事を応援してくれる方もいて。そうした中で、可能性を感じ韓国で準備して来年また、日本で活動を再開したいと思います。お兄さんたちが(兵役で)いない間、寂しいですけど、今日が最後の方、今日ここに来られなかった方も心は繋がっていると思うので、これからもよろしくお願いします」(ジンソク)

 「いつもライブの前日に頭の中を整理してライブに臨むんですけど、今日はその時の気持ちでみなさんに話そうと、準備しないできました。今まで色々なことがあって…。実は解散危機もありましたが、その度、みなさんのおかげでオリコンチャートにランクインし、それがチャンスになって、また日本で活動できるということが何度もありました。日本で活動できるのは僕たちの力ではなくて、ファンのみなさんが応援してくださるから、最後のZeppツアーも出来るんだと思います。韓国に(入隊の為)帰ることで、実は不安になって落ち込むことがあるんですけど。(会場:忘れないよ! )でも2年間行かないといけないので、その時間を大切に、有意義な時間にしたいと思います。5人の形は変わりますが、新しい形で日本で全力で頑張りたいと思っているので引き続き応援よろしくお願いします。ありがとうございました」(インソク)

 とそれぞれ、真摯にメッセージを伝え、ラストステージを締めくくった。

 会場一体となった同ライブはポップなナンバーからバラード曲、激しいダンスが特徴の韓国語曲など、その歴史を振り返るように30曲以上、4時間を超えるものとなった。

 アンコールではファンからのメッセージが書かれたTシャツを着て登場! メンバーが作詞した「arigatou」を心をこめて届けるなど、最後の最後まで熱いステージを展開した。

 「以上、SHU-Iでした!! 」との最後のあいさつを残し、東京でのラストライブを感動と涙で飾った「SHU-I」。12月23日名古屋を経て、12月29日の大阪で「SHU-I」としての6年間の集大成となる最後の活動の幕を閉じる。

2015/12/23 21:58:59 入力





【SHU-Iの関連ニュース】

1

「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で

2

“キム・ジョンヒョン操り説”女優ソ・イェジ、元芸能記者の暴露でユンホ(東方神起)ら「華麗な男性遍歴」に再注目

3

[韓流]ソウルで韓服展示会 BTSなどスター着用の衣装

4

「I.O.I」、“ファンとの約束”デビュー5周年の5月4日にライブ放送で集結

5

「TWICE」モモ&サナ、JYP入社9周年「お疲れ様、これからも一緒に」

6

【公式】「BTS(防弾少年団)」、5月末カムバック?事務所「確定後に公開する」

7

イライ(U-KISS)と離婚後“一人育児”に奮闘中チ・ヨンス、「息子よ愛してる、ありがとう」

8

ソン・ナウン(Apink)、雰囲気で圧倒する無限のビジュアル=ファッション画報公開

9

「BLACKPINK」、YouTubeチャンネル登録者数が6千万人突破!デビュー5年で大記録達成

10

チリのお笑い番組で「BTS」をパロディ…アジア人への人種差別発言が物議
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.