BTOBのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【公演レポ】「BTOB」、バレンタインのプレゼントは「BTOB」… 念願の初Zeppツアーはスウィートにかっこよく!
【公演レポ】「BTOB」、バレンタインのプレゼントは「BTOB」… 念願の初Zeppツアーはスウィートにかっこよく!の画像
グループ「BTOB」
【公演レポ】「BTOB」、バレンタインのプレゼントは「BTOB」… 念願の初Zeppツアーはスウィートにかっこよく!の画像
会場の様子
2014年にシングル「WOW」で日本デビューを果たし、ことし2月24日には日本での4枚目のシングル「Dear Bride」をリリースした韓国7人組アイドルグループ「BTOB」が、2016年2月12日Zepp Diver City Tokyoにて「BTOB Zepp Tour 2016 B-Loved」東京公演を開催した。

 昨年のクリスマスイベントで発表された今回のZeppツアーでは、2月10日のZepp Nagoyaを皮切りに、東京、福岡、大阪を駆け抜けた。
この日はツアー2日目にあたる東京公演。間もなくバレンタイン・デーということで、今回のコンセプトは、「BTOBからファンのみんなへのバレンタイン・プレゼント」。オープニングの映像でもチョコレートで縁取られたスウィートな愛のメッセージが綴られた。

 登場した7人は黒のスーツ姿でとてもスマートなスタイル。シックに始まるのかと思いきや、1発目は「MAGIC TIME」というとびっきりのパーティー・チューン。ハイテンションでフロアを盛り上げていくと間髪入れずに疾走感あふれる「Blowin‘」でたたみかける。ラップパートではフロアにマイクを向け、ファンも掛け声で参加するなど、たった2曲で会場を最高潮まで持って行く選曲に彼らの今回のツアーへの強い意気込みを感じる。

 リーダーのウングァンは「たくさん来てくれて本当にありがとうございます! びっくりしました! 感動しました! 」と最初のあいさつをする前から大興奮。自己紹介ではプニエルがホテルで「ペンシル(えんぴつ)」と名前を間違えられたエピソードから、「『BTOB』のえんぴつで~す! 」とあいさつ。末っ子のソンジェは自分の名前を漢字では「星材」と書くことから、「星のようにきらきらする材料になって欲しいという意味です! 」と紹介すると、「『BTOB』の輝く男」をキャッチフレーズにするヒョンシクが「ソンジェさんも輝く男ですね! 」と、2人で声を合わせて「キラキラ~!! 」と愛嬌を振りまいた。

 そしてこの日も元気いっぱいのファニーガイ、チャンソプは「新曲PVの主人公、チャンソプです! 」と、新曲「Dear Bride」のミュージックビデオをアピール。「PVの表情見せてください」というミンヒョクからのリクエストに応え、切なげな表情を再現すると、フロアからは大きな歓声と共に笑いが巻き起こった。

 イルフンの「次の曲は熱い曲ですね! みんな、盛り上がりましょう! 」という曲紹介から、韓国の4thミニアルバムのタイトル曲「Beep Beep」へ。続けて「オギヨチャ ディヨチャ」でテンポを更に上げる。曲の最後にフロアへ銀テープが飛び出し、「ほわぁ~! びっくりしました!! 」と叫び声をあげるウングァンに、すかさずソンジェが「(テープが出ると)知っているのになぜびっくりした? 」とつっこみをいれ笑いをとる一幕も。

 この日のステージはニコニコ生放送で生中継されており「たくさんの人たちが今僕たちを見守ってくれているから、今日もっと頑張りましょう! 」とミンヒョクが感慨深げに話す横で、ソンジェは「えー僕が映る? ママー! 」とカメラに向かって手を振り、お茶目ぶりを発揮。

 今回のツアータイトル「B-Loved」についてふられると、「バレンタインの“B”だよ! 」と元気よく答えたソンジェだったが、「バレンタインは“V”だよ…」と手痛いつっこみを受けてしまう。「もうすぐチャンソプくんの誕生日だから、バースデイの“B”! 」と負けじと言い張るソンジェだったが、「BTOBの“B”だよ」とイルフンがあっさりと答えてしまうなど、天真爛漫な末っ子とのやりとりにメンバーも大爆笑。

 そんなコミカルな姿から一転、「BTOB」と聞いて思い出す曲として、2015年10月に韓国でリリースし音楽番組で1位を獲得した「Way Back Home」を歌う姿には、TOPアイドルの仲間入りを果たした自信がみなぎっていた。

 曲の後半のヒョンシクのパワー溢れるヴォーカルは圧巻。「この曲であなたたちを癒してあげたいもん」というソンジェの愛らしい前振りから、癒し系ヒーリングドルの呼び名を手にした「It’s OK」を披露。ウングァンの美しいファルセットが聴く人の心を柔らかく包んでいく。「サヨナラを繰り返して」の刺さるように切なげなチャンソプの歌声で、「BTOB」の底力を見せつけられる。曲の最後のボーカルチームとラップチームとの掛け合いもたまらなくかっこいい。

 「今回は皆さんに見せたことのないスペシャル・ステージをたくさん準備してきました! マジですよ! ガチですよ! 」とミンヒョクが紹介した通り、スペシャル・ユニットのコーナーでは、まずソンジェとウングァン。ソンジェの思いがけないほど男らしいハスキーなヴォーカルと、ウングァンの澄んだハイトーンが絶妙なハーモニーを生み出し、会場はあたたかい拍手に包まれる。

 続いてイルフン、ミニョク、プニエルのラップラインがHIP HOP全開のステージを披露し、「BTOB」としてはなかなか見られないステージングとなった。がらりと雰囲気を変えたのはチャンソプ。サングラス姿で登場し、ソロステージをファンキーにノリノリで歌い上げた。

 最後には他の6人のメンバーをバックに従えての大円団となった。
更に、日本では初披露となるヒョンシクが作詞・作曲に携わった「イェギ イッスルケ」をボーカルチームの4人でしっとりと歌い上げると声を重ねた時のハーモニーは、まるでゴスペルのように壮麗に響き渡った。ボーカルチームにステージから追い出されてしまったラップチームも続けて負けじとばかりにメロウなトラックに乗せたシックなパフォーマンスで魅せる。イルフン、ミニョク、プニエルがひとりずつ曲に加わり、ミンヒョクはその見事なヴォーカルセンスも活かし、息ぴったりの掛け合いでフロアを揺らした。

 ここで2月24日リリースのシングルから、タイトル曲の「Dear Bride」のミュージックビデオが流れる。ライブの冒頭でのアピールがあった通り、主人公はなんとチャンソプ。思いを寄せる女性が、別の男性と結婚してしまうという切ないストーリーだが、そこはさすがのチャンソプ。しっかりと笑いをとるのも忘れない。

 グレーのジャケット姿に衣装をチェンジしたメンバーにより、この「Dear Bride」も今回のZeppツアーで初披露された。違う人のもとへ行ってしまう好きな人へ向けて、ありったけの気持ちをこめて幸せを願う、切なくも前向きなラブソングだ。

 さらにニューシングルから「ずっとずっと」、「涙色の空」を披露。どちらも「BTOB」の歌唱力を存分に堪能できるバラードだ。「今回の新しいシングルはみんな悲しい曲だね」というウングァンに、「悲しいけど、みんな歌がうまいからね」と言うイルフンはミンヒョクと共に「涙色の空」ではヴォーカルパートで素晴らしい歌声を披露している。

 しっとりとしたステージが続いた後は「もう1回盛り上がらなきゃいけないでしょ? 」と日本でのデビュー曲「WOW(JPN ver.)」で雰囲気を一変し、フロアからの掛け声も完ぺき。日本では初披露となる「ナン ペゴ タ ヌッテ」もノリノリのナンバーで、メンバーからも「感動しました」という声があがるくらいのヒョンシクのソウルフルなヴォーカルが印象的だ。

 そして早くもメンバーからの最後のあいさつの時間に。「Zeppツアーの2日目、東京で行うことができて、とてもありがたく思います」と笑顔で話すチャンソプ。フロアとのコール&レスポンスで「ずっと一緒にいよーねー! 」とチャンソプの決め台詞で締めた。

 「僕は実はこのZeppツアーちゃんとできるか心配していました。でも1日目の名古屋、2日目の東京で皆さんがその心配を吹き飛ばしてくれました。皆さんから感動をもらっています」とリーダーらしく語るウングァン。

 「久しぶりに皆さんと盛り上がれて、とても幸せでした。浮気するなよ(笑)」と甘い声でサービスするのはヒョンシク。瞬時にチャンソプが「俺ん家来いよ! 」と前回のクリスマスイベントのネタを挟んでくる。

 「今回のZeppツアーを通して僕たちの新曲を聞いてもらえたのが良かったです。どうでしたか? 」とファンに呼びかけるプニエルに、フロアも大きな歓声で応える。
ソンジェは「僕は特別に英語で話します」と突然の英語キャラに。「I love you so much! Thank you!! 」とここでもフロアを笑いに包んだ。

 イルフンは流暢な日本語で「今日、感動的でした。そうでしょう? 僕たちBTOBはいつまでも皆さんのファンだから」とファンへの思いを伝える。ミンヒョクは「最後まで盛り上がっていきましょう、という約束を守ることができて本当にうれしいです。今、『Melody』(=「BTOB」のファン)のことがすごくかわいくて、きれいで、チューしたい! 」と甘いセリフでファンを興奮させた。

 「未来(あした)」、「二度目の告白」で爽やかにクライマックスを彩り、本編最後は新曲の「また会えるから」で締めくくった。

 アンコールでは今回のツアーTシャツに身を包んだメンバーが、「Hello」を歌いながらボールをフロアに投げ入れるプレゼントがあった。プニエルとミンヒョクはさすが、2階席まで軽々とボールを届かせていた。

 最後の曲はアゲアゲの「Shake it」で最高のバレンタイン・パーティーを輝く笑顔で盛り上げた。ステージからの去り際、新曲のタイトルになぞらえて「また会えるから! 」、「また会いましょう! 」と何度も口々に叫ぶ「BTOB」のメンバーたちの姿に、2016年も楽しいことがたくさん待っているだろうという予感がした。







2016 年 2 月 24 日4thシングル『Dear Bride』発売決定
『Dear Bride』
[発売日] 2016 年 2 月 24 日
[発売元] KISS Entertainment Inc.
[販売元] タワーレコード渋谷店
[取扱い] タワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコードオンライン
◆初回限定盤 (CD+DVD+フォトブックレット)
(品番:TSBB-5033 価格:2,407円+税)
<収録曲>
1. Dear Bride
2. 涙色の空
3. また会えるから
4. ずっとずっと
5. Dear Bride(Instrumental)
[DVD]PV、PV Making(予定)
◆通常盤 Type-A(CD)
(品番:TSBB-5034 価格:1,204円+税)
<収録曲>
1. Dear Bride
2. 涙色の空
3. Dear Bride(Instrumental)
4. 涙色の空(Instrumental)
◆通常盤 Type-B(CD)
(品番:TSBB-5035 価格:1,204円+税)
<収録曲>
1. Dear Bride
2. また会えるから
3. Dear Bride(Instrumental)
4. また会えるから(Instrumental)
◆通常盤 Type-C(CD)
(品番:TSBB-5036 価格:1,204円+税)
<収録曲>
1. Dear Bride
2. ずっとずっと
3. Dear Bride(Instrumental)
4. ずっとずっと(Instrumental)
★初回限定盤&通常盤共通封入特典:トレーディングカード(ランダム封入)
2016/02/29 19:58:28 入力





【BTOBの関連ニュース】

1

“キム・ジョンヒョン操り説”女優ソ・イェジ、元芸能記者の暴露でユンホ(東方神起)ら「華麗な男性遍歴」に再注目

2

【公式】「BTS(防弾少年団)」、5月末カムバック?事務所「確定後に公開する」

3

チリのお笑い番組で「BTS」をパロディ…アジア人への人種差別発言が物議

4

ナウン(Apink)、ひと掴みしかないウエストを自慢…レギンスの女神

5

「TWICE」モモ&サナ、JYP入社9周年「お疲れ様、これからも一緒に」

6

【公式】「I.O.I」、再び集結…デビュー5周年記念ライブ放送を行う

7

“大麻所持・吸煙”ラッパーKillagramz、検察に送致

8

「Highlight」、バラエティ「知ってるお兄さん」出演へ=15日に収録

9

[韓流]「釜山ワンアジアフェス」 パークコンサート出演者決定

10

キュヒョン(SUPER JUNIOR)、本日(13日)新曲「COFFEE」発売…俳優コンミョンxチェ・スビンがMVに出演
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.