KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ヒップホップのゴッドファーザー ボビー・キム「ビールCM撮ったぜ!」
韓国ヒップホップの“ゴッドファーザー”ボビー・キムが登場する、ハイトビール社の“プライムビール”のCMが注目を浴びている。

今回の広告コンセプトは“若いなら豊かに”。前回の広告で、グループ<Drunken Tiger>で、彼らの若さがプライムビールと共に一層自由で豊かに、若さの情熱を発散できるよう応援したなら、今回はこの若さに向けたメッセージを別の話法で、ストレートに自由に伝えることにしている。

今回の広告でも、彼らの文化の中の“自由と情熱”を象徴する一つの大きなテーマとなっているヒップホップを活用。前回の広告で、若さの伝道師であった<Drunken Tiger>に続き、韓国ヒップホップのトップ<ボビー・キム>という別のヒーローが登場する。

ボビー・キムは、<Drunken Tiger>、ユン・ミレ、リッサン、ダイナミック・デュオ、バブル・シスターズといった韓国ヒップホップスターのアルバムに参加してきた“隠れた巨匠”。韓国最高のレゲエ・ヒップホップ・アーティストと評価されている人物だ。

自分だけの世界を、自分だけの物語で、壁をいっぱいにしたいと思い、グラフィティを用意する少年たち。空高く飛翔する事を試みるスケートボードの若者たち。

カッコいいヒップホップダンサーを夢見、たった一人、高難度のダンスを練習する若者。ボビー・キムは彼らと順々に会いながら、彼らの夢と情熱、そして体験するかもしれない挫折などを共感する。

今回の広告のもう一つの目玉は、所々に挿入されたシズル(※)シーンと、製品表現のシーン。プライムビールのビンが、パーティーの雰囲気に合わせて回るシーンと、水を割いて登場するプライムビール製品はとても感覚的。

ヒップホップのゴッドファーザーだけあって、ボビー・キムはヒップホップ文化についても際立った実力を披露。撮影前、韓国内トップのグラフィティ・アーティストたちが華麗に描いた作品を見て、自分たちだけの技法で新たにリタッチするという芸術的感覚を披露し、周囲を感嘆させた。

※Sizzle:もとは肉を焼く時の脂のはじける音の意味。消費者の聴覚・嗅覚・味覚などの五感を刺激して製品の味を連想させ購買を誘導するマーケティングの一つ。

Copyrightsⓒgonews&etimes Syndicate&wowkorea.jp
2005/06/08 9:58:01 入力





1

BOM(元2NE1)、「大鐘賞映画祭」でのふっくらした姿が話題「整形NO…少し太っただけ」

2

「BTS(防弾少年団)」、「私たちは人種差別・暴力に反対します」キャンペーンに参加

3

「PRODUCE 48」出身コ・ユジン、芸能界引退をSNSで宣言

4

SOL(BIGBANG)、結婚について「ミン・ヒョリンじゃなかったら考えなかった」

5

BTS 米黒人暴行死で「人種差別・暴力に反対」

6

ギュリ(元KARA)、イテウォンのクラブ訪問論議後初の近況報告「誕生日をお祝いしてくれてありがとう」

7

「SISTAR」、デビュー10周年を迎えメンバーたちが感謝のコメント、「一生忘れられない時間」

8

【全文】「AB6IX」イム・ヨンミン、飲酒運転で謝罪文公開“メンバーに恥ずかしい”

9

ユン・ドゥジュン(Highlight)、至近距離のまなざしでファンもドキドキ…「髪が伸びた」

10

【公式】「GANG」リミックス、4日公開...Rain(ピ)、Sik-K、パク・ジェボムなど参加
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.