KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
KCM 「アルバム凶作は他の国の話」
2ndアルバム『Growing up』を発表したKCM(22)の人気が急な上昇曲線を描いている。

KCM 2ndアルバムは、各モバイルとオンラインポータルサイトで 1・2位を占めているタイトル曲『Smile Again』を含め『ウニョンへ Part2』『幸運』など、2ndアルバム大部分の曲がストリーミング及びダウンロード件数700万件を突破し気炎を上げている。

また、オフラインアルバム市場でも現在2ndアルバム『Growing up』を発表してからわずか10日でアルバム販売順位3位に進入、一週間で5万枚以上の販売高をあげた。

アルバム関係者たちはこのような現象について「アルバム市場が沈んでいる最近では珍しい事でKCMの歌が大衆の趣味に合うように作われたようだ」と評価した。

KCM 2ndアルバムは、歌だけでなく数十億ウォンの制作コストをかけた悲しい愛の物語を描いたミュージックビデオを公開し、女性ファンたちの涙腺を刺激。音楽専門家たちは「歌とミュージックビデオがシナジー效果を発揮して、オンライン音楽チャートとオフラインのアルバムチャートで上位圏を記録するのにかなり役立った」と評価している。

あるモバイル関係者は「昨年に比べ、オン・オフラインとモバイルアルバム市場全部が沈滞期なのに、KCM 2ndアルバムの活躍はすごい成果」「アルバム市場が凶年状態であるのにKCM の2ndアルバムが救いの雨となった」とコメント。

上半期にはSG Wanna Beが猛烈な活躍をみせ上昇勢を見せており、KCMがそのバトンを受け継いで健闘している。

KCMが起こした波が、音楽界にどれほど大きば影響を及ぼすかはまだ未知数。業界は、彼の波長が音楽界の前進に大きい力として作用するか、注意深く見守っている。

Copyrightsⓒgonews&etimes Syndicate&wowkorea.jp
2005/07/05 9:58:21 入力





1

ジェシカ(元少女時代)、交際8年目のテイラー・クォンとの“スキンシップ写真”を投稿

2

【公式】世界的ダンサー兼振付師・AIKI(アイキ)、SM傘下Esteemと専属契約

3

【公式】「SHINee」テミン、5月31日軍入隊直接発表…「言葉にできない」と涙

4

ソヒョン(少女時代)、キム・ジョンヒョンの“態度騒動”謝罪後落ち着いたような笑顔を見せる

5

イ・ホンギ(FTISLAND)、除隊後の近況でさらに若返った童顔ぶりを披露「久しぶりのトーク難しい」

6

キム・ヒョンジュン(リダ)、コンサートを再開=恋人暴行&飲酒運転騒動後、笑顔を取り戻した様子

7

健康上の問題で活動中断の「NU’EST」アロン、ショーケースに登場!「無理のないようできる範囲で」

8

【公式】「SHINee」テミン、5月31日に現役入隊…SM「陸軍軍楽隊に最終合格」

9

「ENHYPEN」、26日にグローバルカムバックショー開催

10

“引退を考えた”「AKMU」のイ・スヒョン、デビュー7年目のスランプを救ったIU(アイユー)&ユ・ヒヨルとの克服エピソード
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.