MYNAMEのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【公演レポ】「MYNAME」、ファンミで誓う「僕らは前を向いて走る! 皆さんがいるから大丈夫」
【公演レポ】「MYNAME」、ファンミで誓う「僕らは前を向いて走る! 皆さんがいるから大丈夫」の画像
「MYNAME」
歌にダンス、舞台、演技とメンバー1人1人が個性を生かして幅広い活躍をみせている5人組ボーイズグループ「MYNAME」。昨年10月にメンバーのインスが入隊し、今は4人体制で精力的に活動している「MYNAME」が、12月29日(金)に「MYNAME」 Fan Meeting「出会いあいしてくれてありがとう2017」を東京・新宿BLAZEで開催した。

 新宿・歌舞伎町の中心にあるライブハウス新宿BLAZEに、「MYNAME」の年内最後のパフォーマンスを観ようと約800人のファンが集まった。スモークがたかれたステージ上に4人が姿をあらわすと日本デビュー曲「Message(Japanese ver.)」と「Baby Tonight」を歌い、オープニングからアクセル全開。

 トークコーナーではMCに古家正亨を迎え、近況報告を交えながら2017年を振り返った。初めて舞台に挑戦した末っ子のチェジンは「(コンサートの準備をしながら)日本語のセリフを覚えられると思っていませんでした(笑)」と話すと、セヨンが「コンサートの練習が終わったあと夜中まで勉強していたからね」と、忙しいなか初舞台のためにチェジンが一生懸命練習していたことを打ち明けた。

 最近一人暮らしを始めたというリーダーのコヌは「寮から歩いて10分ぐらいのところに引っ越しました。朝起きて、リビングに行って、コーヒーを飲んで、カーテンを開けて10分ぐらい外を見ます。コーヒーを右手に持ちながら何をしたらファンが喜ぶかを考えています(笑)」と、一人暮らしの家で毎日行っている習慣をファンに教えた。

 ジュンQが「2017年の大きな変化はインスの入隊ですね」と話すと、コヌとセヨンが「インスならいるよ」と2人にしか見えていないインスをパントマイムで表現し「心霊番組ですか!? これは(笑)」とMCの古家さんにツッコまれる場面も。「インスが入隊して4人になったので1人1人のスケジュールをもっと増やして幸せな2018年を過ごしたいです」と、ジュンQは抱負も語った。

 2018年の話が出たところで、ここからは人気占い師ゲッターズ飯田に2018年の運勢を占ってもらうことに。まずセヨンは「真面目、頑張り屋さんですが心がぶれやすいタイプ。2018年の誕生日を過ぎてからが絶好調。2022年ぐらいまで絶好調でお金もいっぱい入ってくる」、コヌは「頑固、情報収集が好き。普段は愛嬌があるが根っからの変わり者、自由人、変態」、ジュンQは「おだてられると何でもやる。正義感が強い。2018年は単独の仕事が増えて、やっと評価してもらえる」、チェジンは「根っから明るい、陽気、サービス精神旺盛で自分も自分の周りも楽しくさせようとする。頑固で短気でお腹が空くと機嫌が悪くなる」と、ユニークな占い結果が出揃った。

 続いて、コヌ×チェジンとセヨン×ジュンQの2チームに分かれてジェスチャーゲームをして会場を沸かした。結果はセヨン×ジュンQチームの圧勝。優勝賞品としてビール券をもらった2人だが「俺ビール好きじゃないよー! 」と、セヨンの悲しそうな表情に会場からも笑いが漏れた。

 ゲームのあとは再びパフォーマンスステージへ。「Hello & Good bye」を4人体制で初めて披露したセヨンは「この曲を歌うとインスに会いたくなるね。やっぱりインスがいるのといないのでは違うね」と、インスの存在の大きさを改めて感じた様子。「4人でライブするのが初めてですよね。でも4人バージョンの歌を聴くのって新鮮な気持ちで楽しめるんじゃないかな? インスのパートは誰が歌うのかな? とか思うでしょ」と、4人で歌う「MYNAME」の歌にも期待してほしいとコヌは話した。

 その後も「Crazy Crazy」、「ノム very マ ~too very so MUCH~(Japanese ver.)」、「タンマレ~はっきり言って~(Japanese ver.)」など人気ナンバーを立て続けに歌い、会場の熱気もさらにヒートアップ。

 最後はメンバーがそれぞれファンへの想いを書いた手紙を読んだ。現在、韓国で放送されているオーディション番組「The Unit~アイドル再起プロジェクト」に出演している「MYNAME」の4人。「今、韓国で活動しながら色んなことを考えています。ここでは正直に話してもいいのかな。4人とも本当に頑張っているけど、番組に出ている自分の姿を初めて見た視聴者から悪いコメントとかもありました。でもそんなとき『My girl』(=「MYNAME」のファン)の皆さんが『大丈夫、大丈夫』って言ってくれるので本当に僕の力になっています。正直大変ですけど、僕らは前を向いて走っています。僕らはみんながいるから大丈夫です。本当に皆さんに感謝します。ありがとうございます」と、目に涙を浮かべながら思いの丈をファンに伝えた。実はこの時、収録ではコヌ、チェジンは脱落しており、ファンのあたたかい声援が本当に励ましになったと明かしていたそう。現在は、セヨンとジュンQが出演している。

 「僕らと出会ったころを思い出して聴いてください」とジュンQが曲紹介し、日本デビュー5周年記念シングル「出会いあいして」で2017年最後のステージを終えた。最後はインスに見立てたぬいぐるみとも手をつないで4人横並びで「ありがとうございましたー! 」と、マイクを通さずにありったけの声で叫んだ。年明け、コヌのバースデーイベント開催が決まっており2018年も「MYNAME」の躍進は止まらないだろう。

2018/01/31 22:29:12 入力





【MYNAMEの関連ニュース】

1

イトゥク(SJ)、“後輩”故ジョンヒョン(SHINee)を偲ぶ「時間が流れても思い出してほしい」

2

【全文】「N.Flying」クォン・グァンジン、任意脱退へ…FNCエンタ側「ファンと交際・セクハラ疑惑」は否定

3

「東方神起」、デビュー15周年は新曲「Truth」で華麗なラスト

4

「N.Flying」ファンら、“ベース”クォン・グァンジンに脱退要求…「ファン誘惑し恋愛」「サイン会でセクハラ」

5

「SHINee」故ジョンヒョンさんの遺作アルバムが米ビルボード選定「今年のベストK-POPアルバム」2位に

6

歌手Cheetah、番組で公表した“イ・ジョンソク似”彼氏の正体が明らかに!

7

【トピック】歌手ヒョナ、恋人イドンとの新たなラブラブ写真を公開!

8

【トピック】「BIGBANG」SOLの兄で俳優のドン・ヒョンベ、弟の結婚に「羨ましい」と語る

9

【トピック】「Wanna One」、12月31日で契約終了…最後のスケジュールは1月のコンサート

10

暴力被害訴えた「TheEastLight.」に関する国民請願に政府が回答…「青少年芸術人契約書を新たに準備」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.