防弾少年団のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
Big Hitパン・シヒョク代表が語る「防弾少年団」の成功の秘訣
Big Hitパン・シヒョク代表が語る「防弾少年団」の成功の秘訣の画像
「防弾少年団」を育てたBig Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が、「防弾少年団」の成功について語った。(提供:OSEN)
「防弾少年団」を育てたBig Hitエンターテインメントのパン・シヒョク代表が、「防弾少年団」の成功について語った。

 23日に放送されたKBS「明見萬里」には、「防弾少年団」を育てたパン代表が出演。パン代表は「『防弾少年団』の成功の秘訣を多くの人が聞いてきた。SNSを通じたコミュニケーションだという人も言うが、それが全てではない」と述べた。

 パン代表は「初めてメンバーに会った時、目標は世界的な歌手になることではなかった。あの子たちもソウルに来て間もなかったし、会社も主流なものではなかった。ただあの子たちと意味のある何かを作ることができそうだと思った」と明かした。

 また「アイドルは、外見、ステージ、MV、完成度の高い音楽といった全てを兼ね備えた“パッケージ”だと思っている。かっこいいステージを見せる歌手、素晴らしい音楽をする歌手はたくさんいる。しかし全てを見せ続けられる歌手はそんなにいない。だから私たちは高いコンテンツを見せ続けられるよう頑張った」と説明。

 さらに「アルバムの作業に入ると、メンバーは全てのスケジュールを練習に集中させる。それが公式スケジュールとなる」という。パン代表が“見る音楽”が大事な時代に合わせたMVも“ビデオアーティスト”らしい作業をしてきた。アーティストは「最近は1つのMVがアルバムのコンセプト、今後の活動の方向の全てを語ってくれる」と位置付けた。

 パン代表は「防弾少年団」メンバーたちに初めから自由を与えてきたという。「彼らを規制しなかった。ただ望んだことは『良い影響を及ぼすグループになること』だった。彼らに内面の声を聞かせてくれる音楽を作れと注文し、最初のアルバムは学業に関する内容となった。当時、時が過ぎた学校コンセプトという批判も受けたが、メンバーの中で学生が多く、当然の結果だった」と述べた。

 大衆文化評論家は、「防弾少年団」を“自立型アイドル”と評価。評論家は「彼らは音楽に自らの声を盛り込む。それが他のグループとの差別化となる点だ」と説明した。

 パン代表はまだたくさんの試行錯誤を経て「防弾少年団」とK-POPが進む方向を悩んいでるところだと明かした。
2018/02/23 23:40:30 入力





【防弾少年団の関連ニュース】

1

【公式立場全文】「Produce X 101」練習生、順位ねつ造? 所属事務所は否定…法的対処へ

2

「防弾少年団」、日本ツアー大盛況…21万人の「ARMY」と最高の瞬間を過ごす

3

「TWICE」、“アメリカのワンスに会いに行きます”

4

「防弾少年団」フィギュア、米韓で17日から予約開始

5

歌手カン・ダニエル、ソロデビューアルバムのタイトル公開

6

「BIGBANG」T.O.P、召集解除後初めて近況を公開

7

「ユ・スンジュンの入国? 当事者じゃないので公的な発表は…」

8

サンドゥル、27日に日本でアンコール公演開催決定 ゴンチャンがフォロー

9

SEHUN&CHANYEOLのユニット「EXO-SC」、22日発売デビューアルバムに自作曲を収録

10

入隊した「EXO」D.O.、訓練所でも輝くビジュアル
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.