オ・ジョンヒョク(Click-B)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
オ・ジョンヒョク、“Click-Bの強制解散”で廃人のように生きた過去を告白…夢は「幸せに生きること」
オ・ジョンヒョク、“Click-Bの強制解散”で廃人のように生きた過去を告白…夢は「幸せに生きること」の画像
オ・ジョンヒョク、“Click-Bの強制解散”で廃人のように生きた過去を告白(提供:OSEN)
新ミュージカル「無限動力」に出演中の韓国歌手オ・ジョンヒョク(35、Click-B)がラジオ番組に出演した。

 2日午前に放送されたSBSパワーFM「パク・ソンヨンのシネタウン」には歌手兼ミュージカル俳優のオ・ジョンヒョクが出演した。

 オ・ジョンヒョクは現在、ソウル・忠武アートセンター中劇場ブラックで上演中のミュージカル「無限動力」で活躍している。劇中、就活するチャン・ソンジェ役を熱演中だ。

 この日、オ・ジョンヒョクはアイドルグループ「Click-B」時代の苦労を打ち明けた。「同情を得ようとしていると思われるかもしれないが、僕はあの頃があったからいまも一生懸命に生きられている。20代中盤でClick-Bが解散し、それに勝つのは大変だった。“解散します”と言って解散したわけではなく、強制で、一連の事件のせいで活動が止まり、維持できなくなった。それと共に、たくさんのものが崩れていった」と語った。

 17歳でデビューした彼は「高校生で活動を始め、社会生活自体を歌手として生きてきて、それ以外のことは考えたことがなかったが、強制で止まってしまったから、何をすべきなのかも分からなかった。すべてを失ったようで、空が崩れてしまったようだった。廃人のように過ごした。仕事をする気持ちにもなれず、状況だけを否定しながら“なんで僕だけがこんなことに”と思っていた」と告白した。

 その後、思い止まったというオ・ジョンヒョクは「20代中盤にもなって何をしているのかと悟り、その頃から人生がリスタートしたようだ。軽く考えず、大切に扱うようになった。そうするうちに一つひとつが大事になっていった。富や名誉ではなく、この時間が大切な時間だと感じる」と述べた。

 「夢」と問う質問にオ・ジョンヒョクは「幸せに生きて、心配なく、ストレスなく生きるのが夢だ。過去の15年を家族と離れて過ごしたが、最近は家族と一緒に過ごすのが幸せだ」と微笑んだ。
2018/05/02 14:16:52 入力





【オ・ジョンヒョク(Click-B)の関連ニュース】

1

ヒチョル(SJ)、「憎いうちの子」で告白…「過去に13歳年上の彼女まで付き合ってみた」

2

「TWICE」ミナ、清純な自撮りで近況公開「あけましておめでとうございます」

3

【全文】「TWICE」チェヨン、携帯電話番号の流出や無断連絡に直ちに告訴・告発措置

4

[韓流]「日本版TWICE」誕生に迫る 4月から日テレでシーズン2放送

5

イ・ヒョリ(Fin.K.L)、旧正月の料理中写真を公開…ソン・ユリのリクエストで

6

Swings、3つのレーベルの代表の座を退く…「これまでありがとう」と涙

7

ジェニー(BLACKPINK)、韓服を着た愛犬たちと新年の挨拶

8

「SUPER JUNIOR」シンドン、30キロ減量成功「目標は75キロ」

9

“「TWICE」チェヨンの電話番号流出告白”ナヨンの外国人ストーカー、SNSで謝罪

10

「防弾少年団」JIMIN、1月アイドル個人ブランド評判1位…2位チャ・ウヌ、3位カン・ダニエル
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.