パク・チニョンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」始動! パク・ジニョンが記者会見で明かす
ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」始動! パク・ジニョンが記者会見で明かすの画像
ソニーミュージックとJYPの共同事業「Nizi Project」始動! パク・ジニョンが記者会見で明かす(オフィシャル)
株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントと株式会社ソニー・ミュージックレーベルズが、株式会社JYP Entertainment (以下、JYP)と共に「Nizi Project」(読み:ニジプロジェクト)を始動。2019年5月1日(水)より大規模なグローバル・オーディションのエントリーを開始することが、2月7日(木)に実施された記者会見で明らかになった。

 本プロジェクトは、パク・ジニョン(パク・チニョン)氏(J.Y. Park)が描く企業ビジョン “JYP 2.0” (※)のテーマの一つである「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」に基づいたプロジェクト。「Nizi Project」のネーミングについて、パク・ジニョン氏(J.Y. Park)は「虹のようにいろんな色の人材を探してひとつのグループにして、美しい光を発するようにすることが目標だから」と語る。と同時に「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」の名の下、“世界の架け橋” となる存在にしたいという熱い想いも垣間見える。

 また「Nizi Project」のロードマップについても、記者会見の際具体的に言及。「今年の7月中旬から一か月間、日本8か所、アメリカ2か所に私が直接訪れ、オーディションを開催します。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄、ロサンゼルス、ハワイで候補者を選抜し、東京に集めて、その中からデビュー準備組20人を選抜します。ここまでの過程を撮影したリアリティー番組を10月から放送する計画です」と打ち出し、更に「韓国JYPトレーニングセンターへ行って、6か月間デビューのための練習をすることになるんですが、トレーニング期間が終わった後、最終デビューメンバーを選抜し、2020年11月にデビューをすることになります。ここまでの過程を撮影した番組を2020年4月から放送する計画です」と宣言した。

 つまり、目下のオーディションは勿論のこと、トレーニングから2年先のゴール(2020年11月デビュー)もこの時点で約束したことになる。

 そして、K-POPシーンでお馴染みの “サバイバル” オーディション番組を連動させる準備も既にあるようだ。しかも、ソニーミュージックとJYPがタッグを組み、「Nizi Project」を通して、メンバーのキャスティングからトレーニング、企画、制作、マネジメントまで全てを共同で行うというのは、今までになかったアプローチとなる。

 「日本のアイドル文化は、準備する過程からファンたちが一緒に応援してくれて、成長する姿を共有するため、アイドルたちが完成されていない状態、つまり未熟な姿も見せていると思っています。反対にK-POPアイドル文化は、長い期間徹底的に企画して準備してある程度完成された姿を見せます。今回のプロジェクトでは、この2つの文化を合わせて、準備は長い期間徹底的にしますが、その過程をファンの方々にお見せします」と目論みを語った。

 「2PM」や「GOT7」、「TWICE」の大ヒット実績で培ったJYPの体系的なトレーニングシステム自体を世界に輸出するという新たなビジネスモデルへのトライアル。アーティスト・プロデューサー・チェアマンと三拍子揃った “The Asiansoul” の野心は止まるところを知らない。


【パク・ジニョン氏 プロフィール】
“AMBASSADOR OF K-POP” - The New York Times
1. 株式会社JYP Entertainment 設立者
■株式会社JYP EntertainmentはK-POPを代表する企業で、KOSDAQ株式内で10億ドル以上の市場価値を保有
■2018年イギリス経済紙「フィナンシャル・タイムズ」選定、「アジア太平洋地域の急成長企業」の中で唯一韓国エンターテインメントとして177位となる
■Rain、Wonder Girlsを誕生させ、現在2PM, GOT7, DAY6, TWICE, Stray Kids等のアーティストが所属

2. No.1 作詞/作曲/プロデューサー
■作詞/作曲/プロデューシング(制作)した49曲が韓中日の主要音楽チャートの1位を獲得
■2015 Mnet Asian Music Awardsで「ベスト・プロデューサー賞」を受賞
■Will Smith, Mase等 アメリカのメジャーアーティストと作業した初の韓国ミュージシャン

3. No.1 アーティスト
■自ら作詞/作曲し、ヒットしたデビューアルバム『Don’t leave me』で1994年にデビュー
■2015 Mnet Asian Music Awardsで「男性歌手賞」を受賞


※【 “JYP 2.0” とは】
韓流ムーブメントを牽引している韓国を代表する総合エンターテインメント会社 JYPのCCO パク・ジニョン氏が描く企業ビジョンで、「COMPANY IN COMPANY」「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」「JYP MUSIC FACTORY」「CREATIVITY FROM HAPPINESS」という4つのテーマで構成。
その4つのテーマの一つ「GLOBALIZATION BY LOCALIZATION」は、K-POPの過去と現在、そして、「現地化(ローカリゼーション)による国際化(グローバリゼーション)」という未来像を定義。
JYPが描くK-POPのビジョンについてパク・ジニョン氏は、「第1段階は、韓国のコンテンツを海外に輸出すること。第2段階は、海外の人材を発掘し、韓国のアーティストと組み合わせることで、その初の事例がタイ出身のアメリカ人である2PMのニックンだった。これから目指す第3段階は、海外で人材を育成し、プロデュースして輩出すること」とし、「全員が日本人メンバーで構成されたガールズグループも準備中である」と語っていた。

2019/02/08 9:42:37 入力





1

パク・ユチョン(JYJ)、2回目の聴取でも容疑を否認…「“ミルク姫”に頼まれて入金」と供述

2

【全文】“麻薬疑惑”ユチョン側、麻薬購入場面を捉えたとする映像に「警察との立場に差…説明が可能だ」

3

【全文】パク・ユチョン(JYJ)側、MBC「ニュースデスク」の報道に反論…訂正の請求を予定

4

チョン・ジュンヨン、チェ・ジョンフンらチャットメンバー5人を性的暴行で被害女性が19日に告訴へ

5

チェ・ジョンフン(元FT)、賄賂供与であす検察に送致=報道もみ消しはNO

6

チェ・ジョンフン(元FTISLAND)、飲酒運転もみ消し疑惑は偶然の重なり…警察側は意図的ではないと結論

7

チェ・ジョンフン(元FTISLAND)、集団性暴行疑惑を否認 「同席したが、襲っていない」

8

「Highlight」イ・ギグァン、ファンやメンバー・家族に見送られ入隊

9

DANA、激太りから20キロの減量に成功 「人生に対する意思、取り戻す」

10

tvNバラエティ、驚くべき”映像トリック”が話題=“違法撮影”チョン・ジュンヨンを画面から消去
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.