ユチョン(JYJ)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
“パク・ユチョンと違法薬物”、警察はファン・ハナ拘束送致→パク・ユチョンの証拠確保
“パク・ユチョンと違法薬物”、警察はファン・ハナ拘束送致→パク・ユチョンの証拠確保の画像
パク・ユチョンが芸能生活をかけ、絶対に違法薬物は使用していないと否定したが、警察は彼の元恋人ファン・ハナと共に捜査を行っている。(提供:OSEN)
パク・ユチョンが芸能生活をかけ、絶対に違法薬物は使用していないと否定したが、警察は彼の元恋人ファン・ハナと共に捜査を行っている。

 13日に放送されたMBCニュースによると、警察はファン・ハナを常習麻薬投薬疑惑で検察に送致。ファン・ハナは共に違法薬物を使用した芸能人について、取材陣の前で口を閉ざしたが、警察はこの芸能人がパク・ユチョンだと指摘した。

 パク・ユチョンの容疑を立証する証拠まで、相当数確保したというのが警察の説明。ファン・ハナもパク・ユチョンと今年初め、2、3回にわたって、違法薬物を一緒に投薬したという陳述を繰り広げた。特に、2人は別れた後も継続的に会っていたと警察は明かした。

 パク・ユチョンとファン・ハナは2017年、婚約関係にあったが、2回結婚を延期した末、昨年5月に破談となった。ファン・ハナは2015年5月~6月と9月にヒロポンを、昨年4月向精神薬クロナゼパム成分が含まれた薬品2種類を違法服用した疑いを受けている。

 特に、彼女は違法薬物をやめたかったが、芸能人A氏の強要で投薬され、A氏は眠っている自分に強制的に違法薬物を投薬したと主張した。また、A氏が違法薬物を手に入れてくるよう指示したと明かした。警察は、彼女が指摘したA氏がパク・ユチョンだとみて、捜査を行っている。近いうちに召喚調査も計画中だ。

 これに関連し、パク・ユチョンは10日、緊急記者会見を開き、「私はうつ病の治療を受けていた。法的に嫌疑なしとされたが、社会的な叱咤や道徳的な罪悪感、羞恥心で苦しい時間を過ごした。自粛し、反省しながらやり直せると思っても、ただ死んでしまいたいという思いに駆られた」と打ち明けた。

 そして、「私は決して違法薬物を使用していない。報道を通じて、ファン・ハナが違法薬物捜査で、芸能人を名指しし、薬を勧めたという内容を見て、私だと誤解される可能性があると思い、怖かった。彼女が僕と別れた後、うつ病の症状がひどくなったとし、私を恨むようなことを言い続けていた。しかし、違法薬物を使用したことも、勧めたこともない。この件について、容疑が認められれば、芸能人パク・ユチョンとして引退することを越え、私の人生が否定されることだと思っている。だから、切迫した思いでこの場に来た」と違法薬物使用を否定した。
2019/04/14 11:30:32 入力





1

【公式立場全文】「Produce X 101」練習生、順位ねつ造? 所属事務所は否定…法的対処へ

2

「防弾少年団」、日本ツアー大盛況…21万人の「ARMY」と最高の瞬間を過ごす

3

「TWICE」、“アメリカのワンスに会いに行きます”

4

「防弾少年団」フィギュア、米韓で17日から予約開始

5

歌手カン・ダニエル、ソロデビューアルバムのタイトル公開

6

「BIGBANG」T.O.P、召集解除後初めて近況を公開

7

「ユ・スンジュンの入国? 当事者じゃないので公的な発表は…」

8

サンドゥル、27日に日本でアンコール公演開催決定 ゴンチャンがフォロー

9

SEHUN&CHANYEOLのユニット「EXO-SC」、22日発売デビューアルバムに自作曲を収録

10

入隊した「EXO」D.O.、訓練所でも輝くビジュアル
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.