V.I(スンリ/BIGBANG)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
“性接待・横領容疑”V.I(元BIGBANG)&パク・ハンビョル夫、逮捕状棄却…裁判所「争いの余地あり」
“性接待・横領容疑”V.I(元BIGBANG)&パク・ハンビョル夫、逮捕状棄却…裁判所「争いの余地あり」の画像
性接待をあっせんしクラブBurning Sunの資金を横領した容疑の韓国歌手V.I(元BIGBANG)と女優パク・ハンビョルの夫でユリホールディングス元代表のユ・インソクに対する逮捕状が棄却された。(提供:news1)
性接待をあっせんし、クラブBurning Sunの資金を横領した容疑の韓国歌手V.I(元BIGBANG、28)と女優パク・ハンビョルの夫でユリホールディングス元代表のユ・インソク(34)に対する逮捕状請求が棄却された。

 14日午前10時30分からソウル中央地方裁判所で、二人に対する拘束前被疑者審問(令状質実審査)がおこなわれ、午後9時50分頃、「犯罪嫌疑に争いの余地がある」として二人に対する逮捕状の請求を棄却した。

 ソウル中央地裁のシン・ジョンヨル令状専門担当部長判事は「主な嫌疑である法人資金(Burning Sunの資金)横領の部分は、ユリホールディングスおよびBurning Sun法人の法的性格、株主構成、資金引き出しの経緯、資金の使用先などに鑑みて刑事責任の有無および範囲に関して争いの余地がある」とし、二人の主な嫌疑であるBurning Sunの資金横領に対して拘束の必要性がないと判断した。

 続いて性接待あっせんおよび買春などその他の嫌疑に関しても「残りの嫌疑の部分に関しても嫌疑の内容および疎明の程度、被疑者の関与・範囲、被疑者尋問を含めた捜査経過とこれまで収集した証拠資料などに鑑みて証拠隠滅などのような拘束自由を認めるには難しい」と明らかにした。

 同時に「このような理由で現段階において被疑者に対する拘束の必要性と正当性を認めることはできず、逮捕状請求を棄却する」と述べた。

2019/05/14 22:32:22 入力





1

「防弾少年団」JIMINに”また”Tシャツ問題… ロシア語の放送禁止用語

2

V.I(元BIGBANG)&女優パク・ハンビョル夫、性接待前日に確認のため自宅で買春

3

【公式】「VIXX」のメンバー4人、再契約完了=ラビは独立レーベル設立&エンは除隊後に議論

4

【全文】「PRISTIN」シヨン、解散の心境をSNSで語る

5

【全文】「PRISTIN」、契約満了に伴いデビュー2年で解散…ギョルギョン&イェ・ハナ&ソンヨンのみ再契約

6

「WINNER」、パク・シネ、イ・ホンギなど韓国芸能界で”子ども顔アプリ”大流行

7

“国民プロデューサー代表”イ・ドンウク、「PRODUCE X 101」練習生たちをピザで応援

8

【全文】バンド「JANNABI」、過去の“いじめ加害者”はユ・ヨンヒョン…自ら脱退・自粛を表明

9

バンド「JANNABI」のメンバーに校内暴力疑惑=事務所側「確認後に立場を発表」

10

ジニョン(元B1A4)、6月入隊説を否定「まだ令状が来ていない」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.