カン・ダニエルのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
カン・ダニエル側、LMエンターの専属契約効力停止仮処分が認められる
カン・ダニエル側、LMエンターの専属契約効力停止仮処分が認められるの画像
韓国プロジェクトボーイズグループ「Wanna One」元メンバーの歌手カン・ダニエルが、所属事務所LMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分の申請を裁判所が認可した。(提供:news1)
韓国プロジェクトボーイズグループ「Wanna One」元メンバーの歌手カン・ダニエル(22)が、所属事務所LMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分の申請を裁判所が認可した。

 カン・ダニエルの代理人である法務法人ユルチョンのヨム・ヨンピョ弁護士は11日、「ソウル中央地方裁判所は本日(11日)、LMエンターテインメントが5月13日付で提起した仮処分異議申請を受け入れず、5月10日付の“専属契約効力停止仮処分の全て認容決定”をそのまま認可する決定をした」と伝えた。

 カン・ダニエルはことし2月3日、自身のSNSで所属事務所と紛争中であることを明かした。法務法人ユルチョンは3月21日にLMエンターテインメントを相手にソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分を申請。4月24日にはこれに対する初公判がおこなわれた。

 その後、5月10日に裁判所はカン・ダニエルが申請した専属契約効力停止仮処分申請に対して全て認容の決定をした。カン・ダニエル側は「独自の芸能活動が可能になった」と立場を伝えていた。

 LM側はすぐに異議を申請。そして裁判所は「全て認容決定」をそのまま認可した。

 一方、カン・ダニエルは個人事務所Konnectエンターテインメントを設立し、現在ソロアルバムを準備している。
2019/07/11 19:36:06 入力





1

入隊した「EXO」D.O.、訓練所でも輝くビジュアル

2

集団性暴行容疑の・チョン・ジュンヨン-チェ・ジョンフン(元FT)、法廷で改めて容疑否認

3

チョン・ジュンヨン&チェ・ジョンフン(元FTISLAND)、なぜ口をそろえて容疑を否認したのか

4

兵役逃れで国外追放の歌手ユ・スンジュン、「入国させるな」国民請願に20万人以上が同意

5

「TWICE」ナヨン、「わたしよりきれいな人は多いけど、わたしは自分が好き」

6

「BIGBANG」T.O.P、召集解除後初めて近況を公開

7

パク・ギュリ(KARA)、FA市場へ

8

「ユ・スンジュンの入国? 当事者じゃないので公的な発表は…」

9

集団性暴行容疑を否認の歌手チョン・ジュンヨン、カカオトークは「違法収拾」として証拠能力「なし」を主張

10

サンドゥル、27日に日本でアンコール公演開催決定 ゴンチャンがフォロー
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.