カン・ダニエルのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
カン・ダニエル側、LMエンターの専属契約効力停止仮処分が認められる
カン・ダニエル側、LMエンターの専属契約効力停止仮処分が認められるの画像
韓国プロジェクトボーイズグループ「Wanna One」元メンバーの歌手カン・ダニエルが、所属事務所LMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分の申請を裁判所が認可した。(提供:news1)
韓国プロジェクトボーイズグループ「Wanna One」元メンバーの歌手カン・ダニエル(22)が、所属事務所LMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力停止仮処分の申請を裁判所が認可した。

 カン・ダニエルの代理人である法務法人ユルチョンのヨム・ヨンピョ弁護士は11日、「ソウル中央地方裁判所は本日(11日)、LMエンターテインメントが5月13日付で提起した仮処分異議申請を受け入れず、5月10日付の“専属契約効力停止仮処分の全て認容決定”をそのまま認可する決定をした」と伝えた。

 カン・ダニエルはことし2月3日、自身のSNSで所属事務所と紛争中であることを明かした。法務法人ユルチョンは3月21日にLMエンターテインメントを相手にソウル中央地方裁判所に専属契約効力停止仮処分を申請。4月24日にはこれに対する初公判がおこなわれた。

 その後、5月10日に裁判所はカン・ダニエルが申請した専属契約効力停止仮処分申請に対して全て認容の決定をした。カン・ダニエル側は「独自の芸能活動が可能になった」と立場を伝えていた。

 LM側はすぐに異議を申請。そして裁判所は「全て認容決定」をそのまま認可した。

 一方、カン・ダニエルは個人事務所Konnectエンターテインメントを設立し、現在ソロアルバムを準備している。
2019/07/11 19:36:06 入力





1

おめでたの「T-ARA」出身ハン・アルム、きょう(20日)一般男性と挙式

2

【トピック】故ソルリ、大学での“一般人としてのひと時”が話題

3

元「PRISTIN」ミンギョン-ギョンウォン-イェビン-ウヌ、5人組グループで11月に再デビュー

4

「T-ARA」出身ハン・アルム、結婚式の写真を公開

5

IU(アイユー)、予定していた新アルバムリリースを延期…「時間が必要」

6

「人気歌謡」、新MCミニョク×ジェヒョン×ナウン登場…「SUPER JUNIOR」「AB6IX」らカムバック

7

女優キム・ユンソ‐俳優ト・サンウ、4年の交際に終止符

8

「TWICE」、デビュー4周年ファンミーティング大盛況=“活動中断中”のミナも登場

9

元「BOYFRIEND」ドンヒョン、sidusHQと専属契約

10

「防弾少年団」年内入隊説は事実無根…事務所が完全否定
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.