PRODUCE X 101のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
イ・ジンヒョク、SNSで「PRODUCE X 101」終了に感謝の意
イ・ジンヒョク、SNSで「PRODUCE X 101」終了に感謝の意の画像
TOPメディアの練習生イ・ジンヒョクが、「PRODUCE X 101」終了に際し胸の内を伝えた。(提供:news1)
TOPメディアの練習生イ・ジンヒョクが、「PRODUCE X 101」終了に際し胸の内を伝えた。

 Mnetの「PRODUCE X 101」を終えたイ・ジンヒョクは20日、TOPメディアの公式SNSアカウントで直筆の手紙を公開した。

 イ・ジンヒョクは、19日に放送された「PRODUCE X 101」の最終回生放送で惜しくも14位に留まり、プロジェクトのボーイズグループ「X1(エックスワン)」のデビューを逃す結果となった。これに対し、多くの国民プロデューサーたちがイ・ジンヒョクの脱落を惜しんでいた。

 イ・ジンヒョクは同日公開した直筆の手紙を通し、自身を応援してくれた国民プロデューサーたちに感謝の意を伝え「本当に幸せでした。平凡な暮らしに恵みの雨が降り注いだかのようでした」と感想を明かした。

 イ・ジンヒョクはまた「誰よりもステージを愛していたと確信しています。現場にいらっしゃった国民プロデューサーの皆様から『君は証明した』と声をかけられた時は泣きそうでした。私がやってきたことは無意味じゃなかったと思いました」とし、生放送で見せた涙の意味を説明した。

 イ・ジンヒョクは「今後はもっと面白くなると思います。誰よりもバラエティ豊かなステージを重ね、誰よりも好かれ、認められるイ・ジンヒョクになるよう頑張ります」と今後の活動に対する抱負を語った。同時に、「応援してくれてありがとう」とファンを気遣うコメントも添えられていた。

 イ・ジンヒョクと共に「PRODUCE X 101」に挑戦したTOPメディアのキム・ウソクは、2位で最終メンバーに残り、今後5年間はX1のメンバーとして活動する予定だ。

2019/07/20 22:30:20 入力





1

「TWICE」のミナが近況を公開…メンバーと一緒だからこそ光るルックス

2

元「少女時代」ジェシカ、中国内マネジメント会社に敗訴…20億ウォン(約2億円)支払いの判決

3

ヒョナとイドン、旅行中でもSNSでラブラブぶりを発揮

4

「MYTEEN」、解散を発表… 「一緒の時間、幸せだった」

5

“兵役逃れで国外追放“歌手ユ・スンジュンの差戻し審、初期日は9月20日

6

「NORAZO」ウォンフム、中国で蒼井そらとグループ結成&億台のCEOオファー断った過去明かす

7

BIG HIT代表、「防弾少年団」のドラマ制作を明言=2020年ローンチへ

8

「防弾少年団」、米「2019 MTV VMA」5部門の候補に

9

人気急上昇「TARGET」(ターゲット) 「PRODUCE X 101」の振付師で最強のカムバック! 韓国ニューシングル 「BABY COME BACK HOME」本日8/20公開

10

【トピック】IU(アイユー)、出演ドラマ「ホテルデルーナ」の“広報妖精”ぶりが神的だと話題
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.