ライ・グァンリンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【全文】ライ・グァンリン法律代理人、”CUBE、同意なく権利譲渡。信頼がくずれた”
【全文】ライ・グァンリン法律代理人、”CUBE、同意なく権利譲渡。信頼がくずれた”の画像
歌手ライ・グァンリンが、CUBEエンターテインメントを相手に専属契約効力停止を求める仮処分申請書を提出した(提供:OSEN)
歌手ライ・グァンリンが、CUBEエンターテインメントを相手に専属契約効力停止を求める仮処分申請書を提出した。

ライ・グァンリンの法律関連業務を代理するパク・ソンウ弁護士は、22日に立場文を通じて「ライ・グァンリンは、2019年7月18日に本代理人を通じてCUBEエンターテインメントに専属契約の解約を知らせ、今日ソウル中央地方裁判所に専属契約の効力停止を求める仮処分申請書を提出しました」と明らかにした。

ライ・グァンリンは、仮処分申請書提出理由に「CUBEエンターテインメントが専属契約に違反した多くの行為によって、これ以上会社を信頼することができないと判断を下した」と説明した。


一方、CUBEエンターテインメントは、ライ・グァンリンの内容証明に対して「最近当社所属者芸能人ライ・グァンリンの代理人だと主張する法務法人から専属契約解約通知書を受けた」とし、「しかし、当社とライ・グァンリンの間にはどのような専属契約解約の理由も発生したことはなく、現在ライ・グァンリンの法務法人の代理権及び通知を受けた内容に対して真偽を把握中だ」と明らかにした。
続いて「当社は、ライ・グァンリンがデビューした時から現在まで大衆から愛されるアーティストとしての力量を発揮するために所属事務所で業務を充実に行った。根拠のない問題申し立てがある場合、法的手続きを通じて積極的に対応する予定だ」という立場を伝えた。

次はライ・グァンリン法律代理人側の立場全文

こんにちは。
歌手ライ・グァンリンの法律関連業務を代理している法務法人チェウムのパク・ソンウ弁護士です。
まず、7月20日にCUBEエンターテインメントの一方的な主張の記事が言論に報道されたことによって心配をおかけした点について、ライ・グァンリンはファンの方々と放送、芸能エンターテインメント業界の従事者の方々に丁寧な謝罪の言葉を伝えて来ました。
 ライ・グァンリンはこれまでCUBEエンターテインメントとの葛藤を外部に公開するよりは、当事者間の協議を通じて最大限円満に解決しようと思いました。しかし、CUBEエンターテインメントが協議を実質的に拒否し、契約違反の事実がないという主旨で争い、またその内容で報道資料を配布しました。一部の記事には現在ライ・グァンリンが独自に活動しているという誤った内容が含まれていました。そのため、誤った事実関係を訂正してこの事件の実体を正確にするためのこの立場文を発表することになりました。

ライ・グァンリンは、2019年7月18日に本代理人を通じてCUBEエンターテインメントに専属契約の解約を伝え、今日ソウル中央地方裁判所に専属契約の効力停止を求める仮処分申請書を提出しました。その理由は、CUBEエンターテインメントが専属契約に違反して行った多くの行為によって、これ以上会社を信頼することができないと判断したからです。
CUBEエンターテインメントは、2019年7月18日にライ・グァンリンと専属契約を締結しましたが、それから何か月も経たない2018年1月頃、ライ・グァンリンに対する中国内での独占マネジメントの権限を第三者であるTAJOYエンターテインメントに譲渡し、その代価でライ・グァンリンに支給した専属契約金の数十倍に相当するお金を受け取りました。それに対してライ・グァンリンと両親は、CUBEエンターテインメントからなんの説明もなく、同意をした事実も全くありません。
ライ・グァンリンはグループWanna Oneでの活動を終えて、2019年1月に中国スケジュールを開始後の2019年4月頃に一足遅れてその事実を知るようになりました。


 2019年3月23日にCUBEエンターテインメントが、「U&Cube Festival」という所属事務所の日本公演にライ・グァンリンを参加させる過程で日程が重複した中国内ドラマの撮影スケジュールに関して良くない出来事がありました。そのためにライ・グァンリンは、中国湖南TVで出演を真剣に検討中だった番組に出演することができなくなりました。それが、湖南TVとライ・グァンリンとの関係に良くない影響を及ぼしたという通報を受けました。このためライ・グァンリンが、その具体的な経緯を現地のマネージャーから聞いた中で、本人が知らない契約が存在しているということを知るようになりました。

信じていた会社が本人の同意なしに自身に対する権利を譲渡したという事実に衝撃を受け、苦心のあげく本代理人を通じて2019年6月21日付で内容証明を発送し、CUBEエンターテインメントの契約違反事実を指摘して是正を要求しました。しかし、CUBEエンターテインメントはライ・グァンリンと父親の印鑑が押された書類が存在するとして契約違反行為がないと反論するだけでした。それだけでなく、CUBEエンターテインメントはライ・グァンリンが要求した是正事項を全く履行せず、協議の要請にも何らの返答なく無視しました。

しかし、ライ・グァンリンと父親はそのような印鑑を見たことも、押したこともなく、CUBEエンターテインメントに彼らの名義の印鑑を作る権限を与えた事実もなかったので、同意のない権限譲渡以外にも、非常に深刻な信頼毀損行為がもっと存在すると判断するに至りました。
このためやむなく契約解約を伝えましたが、CUBEエンターテインメントは当事者にそれに対する説明や解明なしに言論を通じて関連事実の一部のみを公開して「根拠のない問題申し立て」程度に判断してライ・グァンリンのイメージを失墜させました。このように当事者間の信頼関係が深刻に毀損され、CUBEエンターテインメントが円満な問題解決を事実上拒否したたため、やむを得ず訴訟を申し立てることになりました。


 本代理人は、ライ・グァンリン本人がこれまで知らなかった関連の事実関係が訴訟の手続きで明確にされ、それによって裁判所が合理的で公正な判断をしてくださることと信じています。また、裁判所の判断が出る前までライ・グァンリンは国内外のすべてのファンの方々と放送芸能関係者、番組製作サイドの方々との約束及び信義を守るため、この事件の仮処分申請前に予定されていたスケジュールを最大限正常にこなすために努力する予定です。適切な手続きを通じてこの事件を解決し、ファンの方々が期待するライ・グァンリンの姿を一日も速くお見せできるように努力します。
2019/07/23 19:26:44 入力





1

ジェジュン、初カバーアルバムが「第61回輝く! 日本レコード大賞」の「企画賞」を受賞

2

キム・キュジョン(SS501)、日本人の恋人と破局…時期は不明

3

「CNBLUE」ジョン・ヨンファ、逞しい肉体美を公開

4

「TRCNG」の2メンバー、児童虐待で事務所TSエンタを告訴

5

イ・ヒョリ、20代・30代女子にメッセージ「新しいメイクを怖がらないで」

6

「防弾少年団」、“The Most Loved Artist”賞を受賞…「ARMYの力です」

7

「MAMAMOO」ファサ、11月ガールズグループ個人ブランド評判1位…2位「(G)I-DLE」ソヨン、3位「少女時代」テヨン

8

G-DRAGON(BIGBANG)、男クサさ全開で光るカリスマ性

9

「MONSTA X」、「V HEARTBEAT」で2冠獲得「モンベベ、愛してる」

10

「TXT」、「V HEARTBEAT」でグローバルルーキー賞受賞…新人賞3冠達成
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.