ジコ(Block B)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ジコ(block B)、初の正規アルバムで別れとは何かを歌う「Being left」
ジコ(block B)、初の正規アルバムで別れとは何かを歌う「Being left」の画像
ジコ、初の正規アルバムで別れとは何かを歌う「Being left」(提供:OSEN)
別れとは何か。ジコにとって別れとは、別れた日から止まってしまった時間の中での生活だ。ジコは自分が定義した別れを新曲「Being left」に余すところなく表現した。

ジコは8日午後6時、各種音源サイトを通じて初の正規アルバム「THINKING Part.2」をリリースした。

9月に「THINKING Part.1」をリリースしたジコは、Part.1が本人の考えを丁寧に解いたものならば、約1か月ぶりに出したPart.2では私的な内面を繊細に解きほぐすことに集中した。

タイトル曲「Being left」は、別れた時から全てが止まってしまった生活の中で、恋しさに身を震わせる人の話を込めた歌だ。アルペジオの旋律と、もどかしさが込められた歌詞が調和をなし、寂しい雰囲気を醸し出す。

歌詞は最近別れを経験した男性の独白に近く、歌の中の語り手は悲しい記憶を思い出しつつ相手を忘すれようと決心するが、歌が後半にいくにつれ、結局、幸せだった思い出に崩れ落ちる。

歌詞に使われた適切な比喩で語り手の別れは更に切なく、一方で、直感的な歌詞は別れたばかりの人たちの共感を得るのに十分である。

特に「最近、時間がおかしい」から始まる感情線の核心は、新鋭アーティストDvwn(ダウン)の声色を加えた。Dvwnは、最近ジコが最も注目している新鋭アーティストであり、夢幻の美声とトレンディーな感性が強みである。

「Being left」のミュージックビデオには、演技派俳優ペ・ジョンオクが出演しており、まるで一本の無声映画を見ているような感覚を与える。もどかしい歌詞、穏やかな旋律にペ・ジョンオクの繊細な演技が加わり、ジコが伝えようとした別れの感性が最大限に表現されている。

他にも「THINKING Part.2」には「another level」(Feat. PENOMECO)、「Dystopia」、「花言葉」などが収録され、ソロアーティスト ジコの新譜を待っていたリスナーを満足させてくれるだろう。
2019/11/08 18:51:17 入力





1

「防弾少年団」JUNG KOOK、以前着用し話題になった生活韓服は自ら購入したものと判明

2

カムバック延期「IZ*ONE」、現在は寮ではなく自宅で休息と報道

3

【公式】「AB6IX」パク・ウジン、膝軟骨板損傷で手術=しばらくは4人体制

4

「TRCNG」、長い話し合いの末「 8人組での活動決定」=メンバーのテソン・ウヨプが訴訟提起

5

「BUSTERS」リーダー・ミンジ、脱退を発表=事務所側「両親が活動に不満」

6

キム・ヒョンジュン、ワールドツアーが成功裏に終了「皆さんに会うことができるよう最善を尽くす」

7

「VIXX」エン、現役入隊の近況公開..溢れる少年美

8

【トピック】チャンミン(東方神起)、ファンを気遣う温かいコメントが話題

9

ジュンス(JYJ)、「ミスタートロット」に審査委員として出演=「後輩たちのために参加」

10

【公式】「防弾少年団」、きょう(19日)ニュージーランド旅行記「BTS BON VOYAGE Season4」初放送
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.