BTS(防弾少年団)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「2019 SBS歌謡大祭典」、「防弾少年団」が幕を閉じる…クリスマスプレゼントのような舞台の数々
「2019 SBS歌謡大祭典」、「防弾少年団」が幕を閉じる…クリスマスプレゼントのような舞台の数々の画像
「2019 SBS歌謡大祭典」、「防弾少年団」が幕を閉じる…クリスマスプレゼントのような舞台の数々(提供:OSEN)
「2019 SBS歌謡大祭典」、「防弾少年団」が幕を閉じる…クリスマスプレゼントのような舞台の数々の画像
「2019 SBS歌謡大祭典」、「防弾少年団」が幕を閉じる…クリスマスプレゼントのような舞台の数々(提供:OSEN)
「防弾少年団」がオープニングからクロージングまで「2019 SBS歌謡大祭典」を盛り上げた。何よもりクリスマスプレゼントとして視聴者の元に近づいたK-POPスターたちのステージが豊かな楽しみをもたらした。

 今月25日に放送された「2019 SBS歌謡大祭典」が電波に乗った。

 同日MCを務めたチョン・ヒョンムとソリョン(AOA)は「長い間私たちの心を“TOUCH”してきたステージだ」と年齢を超越した、老若男女すべての層にプレゼントとなったステージの数々を紹介した。

 特に第1部のオープニングはキャロルメドレーでスタートし、「防弾少年団」のJUNG KOOKの「h Holy Night」、SUGAとVの「Jingle Bell Rock」、RMとJIMINの「Santa Claus Is Coming To Town」、JINとJ-HOPEの「Feliz Navidad」に続き、「防弾少年団」の全メンバーによる「きよしこの夜」のステージが温かい雰囲気を届けた。

 そして第2部のオープニングは「OH MY GIRL」のスンヒによる独り舞台で始まり、妖精のようなビジュアルで「GFRIEND」のウナが次のステージを引き継いだ。

 そして「MAMAMOO」のソラが「アナと雪の女王」の「Let it Go」を熱唱した。ソラならではのクールな歌唱力でステージを魅了した。まるで「アナと雪の女王」の1本を見たようなソラの完ぺきなパフォーマンスだった。スンヒとウナ、そしてソラは「Into the Unknown」でコラボステージを飾り、アニメーションの主人公のような高いシンクロ率で画竜点睛を極めた。

 続けて「Apink」のメンバーたちが「%%」のイントロでステージを飾った。「%%」は魅力的なメンバのボーカルとレトロな中毒性のあるメロディが引き立つ楽曲で、エレクトロニックサウンドの夢幻的なダンスナンバーだ。

 “レッドなカリスマ”でガールクラッシュを爆発させた「Apink」に続き、ムードを盛り上げて「AOA」も「Come See Me」という楽曲でステージを彩った。「Come See Me」を通じて強力なカリスマと優雅なビジュアルを同時に発散した「AOA」のメンバたちはステージで美しい月から抜け出し愛する人と一緒になることを切望する強烈な意志を夢幻的な雰囲気で醸し出した。

 ボーイズグループ「NU'EST」もまた「BET BET」のイントロでステージをスタートした。「NU'EST」はいっそう成熟したメンバーたちのパワフルなパフォーマンスとセクシーな美しさを醸し出した。これはフュチャーベースとR&Bジャンルを基にしたスローテンポの楽曲で、独特で洗練されたサウンドと強いリズムのアレンジが際立つ楽曲だ。

 このムードを盛り上げ「MAMAMOO」は「gogobebe」でステージをスタート。「gogobebe」はラテングターのリフが楽曲の雰囲気をリードしていくレゲトンジャンルで「MAMAMOO」の低音ボーカルと高音ボーカルの魅力を同時に感じることができる楽曲だ。

 次は「SEVENTEEN」の「HOME」という楽曲で甘く美しいステージを飾った。「HOME」はアーバンフューチャーR%Bスタイルのジャンルで好きな相手に対する大切さを切ない感性で表現した楽曲だ。

 「GOT7」は「ECLIPSE」のイントロステージをはじめに「PAGE」でステージを彩った。「ECLIPSE」は所属事務所のJYPエンターテインメント(以下、JYP)の代表パク・ジニョンによる作詞で、「DEFSOUL」という名前でリーダーのJBが作詞作曲を行った。自信を持って安定的だった状況が揺れ始める“闇”の瞬間を光と闇の対比で表現し感情の深さをフューチャーベースを基にしたトレンディーなメロディで醸し出した。

 次は「Red Velvet」の「PSYCHO」のスタージが公開された。新曲「PSYCHO」のステージが終わるとMCのチョン・ヒョンムとソリョンは番組を通じて初めて公開された「Red Velvet」の新曲だと紹介し「生放送でお見せしようとしたが、メンバーのウェンディの負傷で本日の放送は事前衆力された新曲のステージのみオンエアする」とし「ウェンディの一日も早い全快を願っている」と快癒を祈った。

 「TWICE」のステージが飾られた。「TWICE」は「Feel Special」という楽曲でステージを彩った。「Feel Special」はJYPの代表パク・ジニョンが作詞作曲をした楽曲で、「温かい言葉一言が伝える慰め」というトレンドをコケテイッシュな魅力で表現した。

 最後にMCのチョン・ヒョンムは「大衆文化の一線を画したスーパースター」とワールドクラスの「防弾少年団」を紹介した。

 「防弾少年団」は「Boy with Luv」という楽曲で砲門を開き、オープニングからクロージングまで「防弾少年団」が華やかに飾り、注目を集めた。
2019/12/26 0:57:52 入力





1

”全世界が待望”「BTS(防弾少年団)」、5月21日ニューデジタルシングル発表へ

2

JENNIE(BLACKPINK)、「5人以上の集合禁止」(新型コロナ拡散防止)違反疑惑?7個のアイス写真で物議に

3

「BTS(防弾少年団)」、本日(4/17)から公演実況イベント「BANG BANG CON 21」開催&全世界のARMYと再会

4

YGエンタ、ジェニー(BLACKPINK)の「5人以上の集合禁止」違反疑惑を釈明=“YouTubeの撮影だった”

5

ラッパーのOwen、RYUJIN(ITZY)のラップ力を“ジョーク”で称賛するも…「セクハラ発言」として物議に

6

「BTS(防弾少年団)」、出演CMの再生回数が1千万回突破…ビハインド映像にも期待

7

HYBE、「BTS(防弾少年団)」のカムバックに言及=“5月21日?決まったら発表する”

8

“チャート逆走神話の「Brave Girls」、今は韓国青年たちの希望”…米外交専門誌

9

チャ・ウヌ(ASTRO)、自身の名前が使用された新造語“チェチェチャチャ”に本音「残念なところが…」=「知ってるお兄さん」出演へ

10

シンガーソングライターThe Film、女性ファンを「違法撮影」で実刑…法廷拘束へ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.