IU(アイユー)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【公式】IU、2019年アジアツアー「Love, poem」成功裏に終了…計9万人の観客を動員
【公式】IU、2019年アジアツアー「Love, poem」成功裏に終了…計9万人の観客を動員の画像
【公式】IU、2019年アジアツアー「Love, poem」成功裏に終了…計9万人の観客を動員(提供:OSEN)
【公式】IU、2019年アジアツアー「Love, poem」成功裏に終了…計9万人の観客を動員の画像
【公式】IU、2019年アジアツアー「Love Poem」成功裏に終了…計9万人の観客を動員(提供:OSEN)
女性ソロ歌手IUが2019年のツアーコンサートの道のりをすべて終了した。

 IUは今年11月2日の光州(クァンジュ)を皮切りに、仁川(インチョン)、釜山(プサン)、ソウルに続いた韓国4都市ツアーコンサート「Love, poem」を開催しファンたちと会った。12月には市場を広げ台北、シンガポール、マニラ、クアラルンプール、バンコク、ジャカルタなどアジア6都市で繰り広げられた今回のツアーは韓国内外合わせて約9万人の観客を動員し成功裏に終了した。

 IUの今回のツアーコンサートは韓国や海外にいたるまで全席ソールドアウトを記録し、韓国のみならず海外アーティストとしても認められた。特に今回のソウル公演では韓国女性ソロ歌手では初めて360度に展開されるステージでの公演を披露し、IUの公演ならではの格別なスペクトルを作り上げた。

 「Love, poem」というタイトルで行われた今回の公演はデビュー10周年を経て、新たに始まるIUの新しい物語を構成しツアーの始まりを知らせた。IUは今年11月に発売されたミ5枚目のミニアルバム「Love Poem」の収録楽曲を披露しいっそう成熟されたアーティストとしての成長を垣間見ることができる公演を完成した。

 「Love Poem」の始まりを知らせるオープニング曲は「Every End of the Day」や5枚目のミニアルバムの収録曲「unlucky」ではつらつとした雰囲気を演出しIUだけのさわやかを表現した。相次ぎ代表曲の「Palette」、「Friday」、「BBIBBI」、「Twenty-three」などヒット曲を披露し、華麗なステージを続けた。

 超豪華なゲスト出演が有名のIUのコンサートには今年はCrush、GUMMY、「MAMAMOO」、チャン・ボムジュン、ポール・キム、「AKMU」など先輩後輩ミュージシャンたちが参加し成功的なツアーを応援した。

 特にソウル公演で初めて公開された新曲「Blueming」は事前にYouTubeで公開され話題となっていた応援方法を韓国内外のファンたちとともに行い熱いムードを演出した。海外のファンたちは全曲韓国語で一緒に歌う壮観を演出し、IUや公演関係者たちを驚かせもした。

 このように韓国内外のファンたちとともに分かち合った感動を届けたIUの今回のツアー公演は韓国を超え、K-POP市場で活躍中のIUによる格別なステータスを今一度確認させ話題となった。
2019/12/31 11:50:50 入力





1

歌手ソン・シギョン、ダイエットに成功…完璧なスーツ姿の“SNS王子”

2

チャンミン(東方神起)、ソロデビューを応援しにシウォン(SJ)がVLIVEサプライズ出演

3

「BTOB」ウングァン、本日(7日)陸軍を除隊…グループで初

4

V(防弾少年団)、コロナに打ち勝つ“おこもりチャレンジ”に賛同

5

シンドン(SUPER JUNIOR)、番組で36kgの減量とMV監督としての苦情を明かす…「靴下も座って履く」

6

チャンミン(東方神起)、デビュー17年目の初のソロに「ときめいて楽しい」

7

キム・ヨハン(元X1)、白と黒の対照的なグラビアコンセプトを披露、“何をしてもカッコいい”

8

「SUPERNOVA」ユナク、「遊興施設の新型コロナ感染者は知人、遊興施設訪問NO」

9

元「FTISLAND」ソン・スンヒョン、トニー・アンと同じ所属事務所に=本格的に俳優へ転向

10

「PRODUCE 101」シリーズ“投票操作疑惑”、きょう(7日)3次公判
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.