KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
Swings、3つのレーベルの代表の座を退く…「これまでありがとう」と涙
Swings、3つのレーベルの代表の座を退く…「これまでありがとう」と涙の画像
Swings、3つのレーベルの代表の座を退く…「これまでありがとう」と涙(提供:OSEN)
ラッパーのSwingsが、自らが率いてきたレーベルであるIndigo Music、Just Music、WEDAPLUGGの代表の座を退いた。

 26日、Swingsは自らのYouTubeチャンネルを通じて、「本日付で、IMJMWDPのCEOとして、その座をついに退くことになった」と突然発表した。

 IMJMWDPはSwingsが所有した3つのレーベルのことを指す。 IMは Indigo Music、JMはJust Music、WDPはWEDAPLUGGを意味する。

 Just MusicにはBLACK NUT、C Jamm、GIRIBOY、ハン・ヨハン、GORETEXXなどが所属しており、Indigo MusicにはKid Milli、ヤン・ホンウォン、NO:EL、JUSTHISなどがいる。WEDAPLUGGではYUNHWAY、Lil tachiらが活動中だ。

 さらに、Swingsは代表職を辞する理由として「音楽と私があまりにも遠くなった。生まれつき私は理性的な人ではないのに。ファンは知っているはずだ。私がどれほど急に変わったのか」と打ち明けた。

 そして、「この過程がただ健康にはならなかったようだ。特に私には暴力的だったようだ。 得たことについてはとても感謝しているが、失っていくのを見てとても辛かった。このまま行くのは意味がなくなるようだった。数年間、もうほとんど強迫的なほど悩んで、新しい方たちと一緒に仕事をしてみた。それが簡単にはならなかったようだ」とした。

 また、Swingsは「私も特異な方法で経営をしてきた」「もう代替者は適当に上手くやる。弟たちにモチベーションを与える兄としては依然存在するが、彼らの社長よりは友達、兄の姿として生きたい」と告白した。

 Swingsはあらかじめ書かれた文を読みながら、目頭を赤くした。 彼は「文を書いてみると、やや目頭が赤くなったがさっきたくさん泣いた。今は泣かないだろう。他の事業は熱心に進め、とても愛している。現在に大きな変化はないのだ。見守ってくれた人たちにとても感謝している。本当にとても光栄だった。これからもより素直でさらに心が温かい人間と音楽人と運動人になりたい」と願いを示した。

 最後にSwingsは「今後、IMJMWDPという文脈の中で私をこれ以上社長、代表、ボスと呼ばなくても良い。呼ばないのがいいな。私はSwingsだ。 そして、とても感謝している。 とても愛している。そして、今でも私が生きているのが何なのかわかって、とても幸せだ。良い年になりますように。これまで心からとてもとても感謝している。本当に少し未練が残るが、とても感謝している」と涙を流した。
2020/01/26 23:48:27 入力





1

「TWICE」、新型コロナウイルス影響で3月のコンサート中止…“政府の方針に協力”

2

チャンミン(東方神起)、セクシーなひげ跡…「風邪に気を付けて」

3

ジャスティン・ビーバー、「防弾少年団」のニューアルバム発売を祝福&PR

4

「SHINee」テミン、3月のコンサートを延期…観客の安全のため

5

ヒョナ、清純ラブリーなすっぴん姿を披露

6

ヒョナ、愛犬と過ごす愛しい日常を公開

7

「NU’EST」ミンヒョン、イケメン自撮りで近況公開

8

「防弾少年団」、24日の記者会見をオンライン生中継に変更…「政府の対応に協力」

9

「防弾少年団」JIMIN、アイドル個人ブランド評判2月も1位…2位カン・ダニエル、3位V

10

「SUPER JUNIOR」ドンヘ、きょう(23日)初デジタルシングル発売…BewhYと異色コラボ
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.