防弾少年団のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「防弾少年団」、ドキュメンタリーに描いた「ON」制作裏側…言語を超えたコミュニケーション
「防弾少年団」、ドキュメンタリーに描いた「ON」制作裏側…言語を超えたコミュニケーションの画像
「防弾少年団」、ドキュメンタリーに描いた「ON」制作裏側…言語を超えたコミュニケーション(提供:OSEN)
グループ「防弾少年団」のニューアルバム制作過程を描いたドキュメンタリーが公開された。

「防弾少年団」は22日午後6時に公式YouTubeチャンネルやファンコミュニティ「BTS Weverse」を通じてドキュメンタリー映像「ON Commentary Film:Dialogue」を披露した。

約18分のこの映像にはタイトル曲「ON」をはじめ、「防弾少年団」の新しいアルバム「MAP OF THE SOUL:7」の作業過程に参加した音楽監督、レコーディングエンジニア、UCLAマーチング・バンド、ゴスペルクワイアなどが出演する。

これらのインタビューを盛り込んだ「ON Commentary Film:Dialogue」は「防弾少年団」の音楽が持つ力、ひいては音楽が持つ肯定的な影響力に関する話を伝えている。

タイトル曲「ON」の作業に参加した音楽関係者たちとマーチング・バンドは多様性のアイコニックになった「防弾少年団」の歩みに注目する。素敵な音楽を作るために多様な人々が集まっており、公演を通じて人々に幸福を与えたいという点で「防弾少年団」とマーチング・バンドが似ていると口を揃える。

特に、「防弾少年団の歌を聞いてみたら心が感じられる。彼らは言語を越えて歌で疎通する」という答えは、世界各地にいる様々な人たちに音楽で感動を伝える「防弾少年団」の存在感を今一度感じさせる。

ほかにも出演者らは音楽が自分にどんな意味かを告白し、音楽が人を変化させる治癒力を持っており、人々を一つにまとめながら今後進むべき力を与えると話す。そして口を揃えて、「防弾少年団」の音楽もそんな力を持っていると伝えている。

今回のドキュメンタリーではマーチング・バンドとゴスペルクワイアの生き生きしたレコーディング現場の裏側はもちろん、昨年、アメリカ・ニュージャージーのメットライフスタジアムなどで「LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF」ツアーを繰り広げるメンバーたちの姿が盛り込まれている。

また、2014年に発売された「防弾少年団」の初の正規アルバム「DARK&WILD」のタイトル曲「Danger」のレコーディング過程を盛り込んだ映像が挿入され目を引く。当時メンバーたちがいたスタジオは、今回のドキュメンタリーに出演した彼らがレコーディングした場所と同じ所で、その意味が一層特別だ。

「防弾少年団」はこれまで「BTS:BURN THE STAGE」、「BRING THE SOUL:DOCU-SERIES」など多数のドキュメンタリーを披露してきた。これに続き「防弾少年団」の音楽を振り返る特別なドキュメンタリーがカムバックと共に公開され、全世界のファンにまた異なる感動を届ける予定だ。
2020/02/23 0:32:07 入力





1

「TWICE」サナ、ショートヘアへのイメチェンに“胸キュン”

2

パク・ギュリ(元KARA)&ソン・ジャホ、変わらぬ愛情「年齢は数字にすぎない」

3

エンバ(f(x))、故ソルリ誕生日お祝い...写真の中の笑顔「また遊ぼう」

4

歌手イ・ヒョリ、新型コロナウイルスで養子縁組が滞った捨て犬への助けを訴える

5

「SEVENTEEN」スングァン、ヒチョル(SUPER JUNIOR)も認める“ブークボックス”

6

「防弾少年団」JIMIN、3月アイドル個人100大ブランド評判1位…2位カン・ダニエル、3位オン・ソンウ

7

チョン・ソミ、Facebookオープン記念ショット…2億5千ウォンの外車も話題

8

「CRAVITY」、和やかな制服姿...学校コンセプトデビューアルバムティーザー公開

9

「ITZY」、「人気歌謡」1位で音楽番組5冠…カン・ダニエル&オン・ソンウがカムバック

10

「LABOUM」ソルビン、新型コロナで苦労する医療人に感謝=「頑張って打ち勝ちましょう」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.