Road to KingdomのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「ONEUS」、「Be mine」舞台好評…ストーリー盛り込んだパフォーマンス「Road to Kingdom」
「ONEUS」、「Be mine」舞台好評…ストーリー盛り込んだパフォーマンス「Road to Kingdom」の画像
「ONEUS」が「舞台天才」の一面を遺憾なく発揮した。(提供:OSEN)
「ONEUS」が「舞台天才」の一面を遺憾なく発揮した。

「ONEUS」は4日放送されたMnet「Road to Kingdom」で、3次コンテストの「主人公」と「INFINITE」の「Be mine」の舞台を披露して熱い反応を得ている。

この日の「ONEUS」は、「THE BOYZ」と一緒に飾るコラボ舞台にソンミの「主人公」を選曲した。歌手という夢を秘め、練習生時代から今に至るまでの自伝的なストーリーを溶かしたミュージカルのようなステージで好評を博した。

特に、舞台の最後に「Road to Kingdom」に出演したすべての参加チームの名前がスクリーンに登場し、「今この瞬間、誰もが主人公」というメッセージを込めて、感動をプレゼントした。

以後「ONEUS」は、3次コンテスト第2ラウンドの舞台で「INFINITE」の「Be mine」を披露した。原曲のイメージが強いだけに「ONEUS」は、「ロミオとジュリエット」のストーリーは、中世ブラックの衣装で「ONEUS」だけの想像力が込められた舞台で変化を図った。

また、ラッパーのイドがボーカルパートを完全消化したことに続き、6人のメンバー全員が切ない表情演技と繊細なダンス線が引き立つ高難度パフォーマンスで「舞台天才」の一面を誇示した。

ここでロミオの壮大感を圧縮したラップを披露したレイヴンが運命を拒否するように2つの絵が描かれた大型の垂れ幕を使った異色のパフォーマンスを見せて強烈な印象を残した。

このように「ONEUS」は、学校暴力を扱った「戦士の末裔」を皮切りに、韓国の趣を極大化した「LIT」と「主人公」、「Be mine」まで単にコンテストの舞台を披露することを越えて、感動のメッセージを溶かし出して限界のないパフォーマンスを示しており、今後の動向がより期待される。

「ONEUS」が出演するMnet「Road to Kingdom」は、毎週木曜日の午後8時放送される。
2020/06/05 8:43:17 入力





1

正式名は「WEi」に決定、チャン・デヒョン&キム・ドンハン&キム・ヨハン&カン・ソクファが結成のボーイズグループ

2

イ・ヒョリ、番組で“カラオケ店ライブ放送騒動”について涙の謝罪「浮かれていた」

3

ヒョリン(元SISTAR)、背筋認証ショット…健康なセクシーさを誇示

4

「2AM」、本日(7/11)デビュー12周年…メンバーたちが「人生の最大の転換点」と振り返る

5

【公式】「SPECTRUM」、デビュー2年で解散「新型コロナにより会社の状況悪化」

6

キム・ホジュンの兵役優遇疑惑、兵務庁が否定「接触したこともお願いされたこともない」

7

「BLACKPINK」、7月ガールズグループブランド評判1位…2位「IZ*ONE」、3位「TWICE」

8

「T-ara」出身ソヨン、「考えを見せるエンターテインメント」と専属契約

9

「TEENTOP」、デビュー10周年の活動で連日話題

10

JISOO(BLACKPINK)、「音楽中心」で1位を獲得しファンに感謝の意を表す…「BLINKがくれた幸せ」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.