BTS(防弾少年団)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「2020 SBS歌謡大祭典」、「BTS」の「Dynamite」Holiday Remix Ver.が7.8%の現地最高視聴率「必ず春は来る」
「2020 SBS歌謡大祭典」、「BTS」の「Dynamite」Holiday Remix Ver.が7.8%の現地最高視聴率「必ず春は来る」の画像
「2020 SBS歌謡大祭典」、「BTS」の「Dynamite」Holiday Remix Ver.が7.8%の現地最高視聴率「必ず春は来る」(画像提供:wowkorea)
「2020 SBS歌謡大祭典in DAEGU」が今年1年、新型コロナウイルスで大変な思いをし疲れた視聴者に、クリスマスの奇跡のような“ヒーリングコンサート”を届けた。

今月25日、「2020 SBS歌謡大祭典in DAEGU」は“The Wonder Year”というテーマで、BOOM、「SUPER JUNIOR」のヒチョル、「APRIL」のナウンが進行を務めた。特に「BTS(防弾少年団)」、「TWICE」、「SEVENTEEN」、「GOT7」、「Monsta X」、「MAMAMOO」、Jessi、「NU’EST」、「GFRIEND」、「OH MY GIRL」、「IZ*ONE」、「THE BOYZ」、「Stray Kids」、「(G)I-DLE」、「ATEEZ」、「ITZY」、「TOMORROW X TOGETHER(TXT)」、「APRIL」、「MOMOLAND」、「CRAVITY」、「TREASURE」、「aespa」、「ENHYPEN」やイ・ジョク、オム・ジョンファなど歴代級の華やかなラインナップで注目を集めた。

まず“Do You Wonder? ”というキーワードで始まった第1部はイ・ジョクがスペシャルステージで、「GOT7」のJBとヨンジェ、「MAMAMOO」のソラとフィインとともに「Things We Took For Granted」を歌い、我々が当たり前だと思っていた日常に対する恋しさを届けた。そして「ENHYPEN」、「aespa」、「TREASURE」の新人グループたちのステージや、「ITZY」、「APRIL」、「TOMORROW X TOGETHER」、「CRAVITY」、「(G)I-DLE」、「OH MY GIRL」、「ATEEZ」、「Stray Kids」、「THE BOYZ」、「IZ*ONE」の幻想的なステージが続いた。

特に、「BTS」はリレー形式の「Wonder message」を通じて、「2020年で一番奇跡のようだった瞬間」を振り返り、「TWICE」は「Merry&Happy」を歌唱し、キュートな雪だるまの妖精に変身し注目を集めた。

第2部は“Wonderful!  Colorful! ”をキーワードに、「NUNU NANA」のJessiが華やかに幕を上げた、そして“セクシーディーバ”オム・ジョンファがファサ(MAMAMOO)とともに新曲「Hop in」を初公開し話題を呼んだ。ここに、後輩の「IZ*ONE」やウナ(GFRIEND)がオム・ジョンファのヒット曲「Festival」や「Invitation」を披露し、先輩後輩のハーモニーによる心温まるステージを飾った。また“2020年トレンドWonder song”として「ATEEZ」、「Stray Kids」、「OH MY GIRL」、「ITZY」が、「GANG」(Rain(ピ))、「My House」(2PM)、「Roly Poly」(T-ARA)など、“チャート逆走行”した楽曲をリメイクし注目を集めた。そして「GFRIEND」、ファサ、「MAMAMOO」、「Monsta X」、「GOT7」のダイナミックなステージが繰り広げられた。

“Wonder-World”としてスタートした第3部は、後輩アイドルがテグ(大邱)の“吟遊詩人”故キム・グァンソクさんを追悼するトリビュート公演で始まった。続いて登場した「SEVENTEEN」は「24h」、「MY MY」、「LEFT & RIGHT」のカリスマあふれるステージを繰り広げ、「TWICE」は「I CAN’T STOP ME」や「MORE & MORE」でファンの気持ちを刺激した。

最後に登場した「BTS」は、オールブラックの衣装を身に着け「Black Swan」で砲門を開いた。続けてクリスマス仕様に飾られたリビングで「Life Goes On」でガラリと雰囲気を変え、「SBS歌謡大祭典」でしか見ることができない「Dynamite」のHoliday Remixバージョンを届け注目を集めた。楽曲が終了した後、直接舞台に登場した「BTS」は「『BTS』に力をくれるのは皆さんたちの話だった。性別、国籍、年齢、職業は違っても、僕たちの歌を聞きながらつらい時期を乗り越えている。それが僕たちと多くのアーティストたちが歌う理由だ」と明らかにした。

そして「今年1年も僕たちを応援してくださり感謝申し上げる。それぞれの場所で大変な時間を乗り越えている皆さん、寒い冬が過ぎれば春は必ず来る。もう少しだけ頑張ってほしい」と応援のコメントで締めくくった。

一方、「2020 SBS歌謡大祭典in DAEGU」は新型コロナウイルスの防疫指針を徹底的に遵守し、出演陣と現場の安全のためにすべてのステージを事前収録で行った。同日の「2020 SBS歌謡大祭典」は第1部が3.9%、第2部が3.7%、第3部が5%(韓国首都圏世帯視聴率基準)、20歳から49歳までの世代の視聴率が3.7%(第3部基準)を記録し、「BTS」の「Dynamite」のHoliday Remixバージョンのスペシャルステージを伝える場面では7.8%まで最高毎分視聴率が急上昇し、大好評を得た。
2020/12/26 18:59:59 入力





1

【公式】「INFINITE」ソンギュ、11年所属したWoollimエンタを離れる…「再契約せず、今後を応援」

2

歌手BoA、14歳で初来日した当時を回想「知らない乗客に両替をお願いした」

3

「BTS(防弾少年団)」V、中国で最も人気のあるK-POPアイドル1位

4

“ジヌン(2AM)と熱愛”キョンリ(元NINE MUSES)、ベッドにもたれて…

5

クォン・ミナ(元AOA)、「ジミン、一生罰を受けて生きてほしい…まだ謝罪受けてない」

6

「TOMORROW X TOGETHER」、2度目のファンライブ大盛況「幸せだった」

7

「覆面歌王」の覆面歌手“花鹿”はキム・チェウォン(IZ*ONE)…”シャトーブリアン”が第2ラウンド進出

8

“クォン・サンウの妻“女優ソン・テヨン、家にプライベート美術館のある日常

9

歌手ナム・テヒョン、恋人詐称DMに憤怒「呆れる。僕はソロだ、ソロ万歳」

10

[韓流]PSY「江南スタイル」のMV 再生40億回超
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.