TREASUREのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
<WKコラム>『2020年総決算』“怪物新人”「TREASURE」、「ENHYPEN」、「CRAVITY」ら2020年にデビューしたK-POPグループ
<WKコラム>『2020年総決算』“怪物新人”「TREASURE」、「ENHYPEN」、「CRAVITY」ら2020年にデビューしたK-POPグループの画像
「TREASURE」。(画像提供:wowkorea)
<WKコラム>『2020年総決算』“怪物新人”「TREASURE」、「ENHYPEN」、「CRAVITY」ら2020年にデビューしたK-POPグループの画像
「CRAVITY」。(画像提供:wowkorea)
2020年のK-POPは「BTS(防弾少年団)」が世界でさらに輝きを放った一年だったが、そんな「BTS」に続けとばかりに、大きな夢を抱き、今年も新人グループが続々とデビュー。ただし、コロナ禍の影響により、genieミュージックによると、2018年には39組、2019年には40組がデビューしたが、2020年は26組にとどまった。

そんな中でも、“怪物新人”、“スーパールーキー”と呼ばれ、まぶしい活躍を繰り広げた新人グループを振り返ってみる。

★「TREASURE」
YGエンターテインメント所属の12人組ボーイズグループ。12人のうち4人が日本人メンバーで構成され、最初からグローバル市場を狙った大型グループとして注目を集め、8月7日にデビュー。新曲リリースのペースが遅いことで有名なYGながら、すでに3枚のシングルをリリースしていることからも、強力な自信と期待の高さがうかがえる。

「2020 Asia Artist Awards」の新人賞に加え、デビュー4か月で「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」では男性新人賞とWorldwide Fans Choice Top 10の2冠に輝いた。

日本での正式デビューはまだだが、初の日本オリジナル楽曲「BEAUTIFUL」が、週刊少年ジャンプにて連載中の大人気作品「ブラッククローバー」のテレビアニメ新エンディングテーマに決定。同曲は2021年1月5日からテレビ東京系でオンエアされる。

★「ENHYPEN」
CJ ENMと「BTS(防弾少年団)」を擁するBig Hitエンターテインメントの合弁法人BE:LIFT LAB所属で、グローバルアイドルプロジェクト「I-LAND」にて選抜された7人組ボーイズグループ。日本人のニキを含む多国籍メンバーで構成され、デビュー前からTikTok、ツイッター、YouTube、インスタグラム、V LIVEなど5大SNSのフォロワーおよびチャンネル登録者数が100万人を相次いで突破する異例の記録を作った。

11月30日にデビューし、デビュー曲「Given-Taken」のミュージックビデオは公開3時間20分で再生回数100万回を達成。29の国・地域のiTunes「トップアルバム」チャートでトップ5にランクインするなど、すでにグローバルな人気を見せている。

★「CRAVITY」
「MONSTA X」や「IZ*ONE」のチャン・ウォニョン、アン・ユジンらが所属するSTARSHIPエンターテインメントの9人組ボーイズグループ。「X1」出身のヒョンジュンとミニ、「PRODUCE X 101」(Mnet)に出演していたジョンモとウォンジンらを擁し、デビュー前から注目を集めていた。

4月14日にデビューし、デビュー141日で音楽番組1位を獲得。さらに、「2020 SORIBADA BEST K-MUSIC AWARDS」で新韓流ソリバダ新人賞を受賞したのを皮切りに、「2020今年のブランド大賞」、「2020 Asia Model Awards」、「MelOn Music Awards 2020」、「2020 THE FACT MUSIC AWARDS」などで新人賞を総なめにし、「2020 Asia Artist Awards」では今年のポテンシャル賞、「2020 MAMA(Mnet ASIAN MUSIC AWARDS)」ではベスト・オブ・ ネクスト賞を受賞するなど輝かしい成果を残した。

来年1月19日に3rdミニアルバム「CRAVITY SEASON 3 HIDEOUT:BE OUR VOICE」をリリースし、カムバックする。

★「WEi」
OUIエンターテインメント所属の6人組ボーイズグループ。「X1」出身のキム・ヨハン、「JBJ」出身のキム・ドンハンらメンバー全員がオーディション番組に出演した経歴を持ち、“完成形アイドル”として注目され、10月5日にデビュー。デビュー曲「TWILIGHT」のミュージックビデオは公開4日で再生回数1000万回を達成した。

中でも、キム・ヨハンはバラエティのほか、12月28日スタートのウェブドラマ「美しかった私たちへ」や2021年放送予定のドラマ「学校2021」に出演するなど、俳優としての活躍も期待される。

★その他のボーイズグループ
TOPメディアから2月27日にデビューした、パフォーマンス力の高い5人組ボーイズグループ「MCND」、サバイバル番組「TO BE WORLD KLASS」(Mnet)から誕生し、4月1日にデビューした後、「Road to Kingdom」でも話題を集めた10人組ボーイズグループ「TOO」。

「Wanna One」出身パク・ジフンが所属するMAROO企画から、9月23日にデビューした9人組ボーイズグループ「GHOST9」。9人のうち4人が「PRODUCE X 101」に出演し、同事務所では初となるボーイズグループだ。

「X1」出身のチャ・ジュノをはじめ、メンバー7人のうち6人が「PRODUCE X 101」に出演し、Woollimエンターテインメントから10月28日にデビューした7人組ボーイズグループ「DRIPPIN」。

同じく10月28日にデビューしたのが、FNCエンターテインメントから「SF9」以来、4年ぶりのダンスグループとなる6人組ボーイズグループ「P1Harmony」。日本出身のソウル、カナダ出身のギホを含む多国籍グループだ。

さらに、「X1」出身のイ・ハンギョル、ナム・ドヒョンらイケメン揃いのメンバーで構成され、11月19日にデビューした「POCKETDOL STUDIO」所属の「BAE173」らがいる。

★ガールズグループ
5月19日にデビューし、「2020 Asia Artist Awards」で新人賞を受賞した、韓国・日本・アメリカ・インドネシア出身の5人で構成される「SECRET NUMBER」、「Apink」の妹分として6月30日にデビューし、「MelOn Music Awards 2020」、「2020 MAMA」などで新人賞6冠を達成した7人組「Weeekly」が活躍。今年の音楽授賞式の新人賞は、男性部門では「CRAVITY」だったが、女性部門では「Weeekly」が総なめする勢いを見せた。

そんな中、SMエンターテインメントから「Red Velvet」以来6年ぶりとなる、日本人GISELLEを含む4人組ガールズグループ「aespa」が11月17日にデビュー。デビュー曲「Black Mamba」のミュージックビデオは公開から24時間で再生回数2149万回を突破。この記録はK-POPアイドルのデビュー曲としては、それまで1位だった「ITZY」の「Dalla Dalla」を大きく上回り、歴代1位になるなど下半期の話題をかっさらった。

コロナ禍にもめげず、2020年も数々の注目グループが誕生したK-POP界。彼らの2021年の活躍がさらに期待される。
2020/12/26 19:25:06 入力





1

歌手PSY、”女性歌手の腰に手”疑惑が出る前に先手?「わたしの手ではない、注意」

2

「UNI.T」イ・スジ、DSPと意見食い違うヒョンジュ(元APRIL)を応援「わたしもあなたの力になれれば」

3

「APRIL」イ・ナウン、2年前の広告も非公開に…広告業界の縁切りは進行形

4

テミン(SHINee)、「納税者の日」模範納税者として江南税務署長より表彰

5

「SHINee」、「Don’t Call Me」でK-POP RADARチャート1位を獲得

6

「APRIL」イ・ナウン、いじめ騒動でTV番組「美味しさの広場」の出演シーンも大幅カット

7

G-DRAGON(BIGBANG)、ブランド品に身を包んだファッションを公開=“全身でおいくら?”

8

チョンハ、Rain(ピ)からのコラボオファーに「耳を疑った…大先輩だから信じられなかった」

9

オンラインK―POP公演スタジオ オリンピック公園内に整備へ=韓国

10

チョン・ウンジ(Apink)、太ったレギンススタイル公開?「チョン・カーダシアンやめます」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.