EPIK HIGHのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「Epik high」、10thフルアルバムが「ROSARIO」と「私の話みたい」のダブルタイトル確定
「Epik high」、10thフルアルバムが「ROSARIO」と「私の話みたい」のダブルタイトル確定の画像
「Epik high」、10thフルアルバムが「ROSARIO」と「私の話みたい」のダブルタイトル確定(画像提供:wowkorea)
「EPIK HIGH」がダブルタイトル曲でカムバックする。

「EPIK HIGH」は12日、公式SNSアカウントを通して10thフルアルバムパート1「Epik High Is Here 上」フルトラックリストイメージとダブルタイトル「私の話みたい」と「Rosario」の1行歌詞イメージを公開した。

「Epik High」は「Rosario(ft.CL,ZICO)」と「私の話みたい(BASED ON A TRUE STORY (f t.HEIZE)」を今回アルバムのダブルタイトル曲に決定した。CLとZICOがフューチャリングに参加した「ROSARIO」が発売前から高い関心を得ている中、感性シンガソングライターHEIZEと一緒にもう一つのタイトル曲「私の話みたい」はどんなスタイルの曲か関心を高めている。

この日、ダブルタイトル曲のリリックティーザーイメージも公開され、ファンの関心を集中させた。「はみ出た感情1本もバッサリ。1本でも引っ張られたら私というかせ糸が全部解けてしまいそうで」-「私の話みたい」、「私はどうせ存在するのと共に寂しい。泣く時隣にいてくれないなら笑う時もいないように」-「ROSARIO」の歌詞が各1行公開されただけで「Epik High」特有の感性と文章力が目を引く。

これと共にヒップホップアーティストのウ・ウォンジェ、チャンモ、ノクサルは収録曲「正当防衛(IN SELF-DEFENSE)」、プロデューサー兼ラッパーB.Iは「受賞感想 (ACCEPTANCE SPEECH)」、フォークミュージシャンのキム・サウォルは「ライカ(LEICA)」、オルタナティブR&BアーティストMISOは「トゥルークライム(TRUE CRIME)」、R&BボーカリストGSOULは「エンドオブザワールド(END OF THE WORLD)」のフューチャリングに参加した。

「EPIK HIGH」の10thフルアルバム「Epik High Is Here 上」は18日午後6時、全世界オンライン音源サイトを通して発売される。
2021/01/13 13:43:40 入力





1

【全文】アイリーン(Red Velvet)、謝罪文を発表…「成熟した人になる」

2

SBS「美味しさの広場」側、「BTS(防弾少年団)登場予定…構成と日程は未定」

3

【公式】「Cherry Bullet」ユジュ、カムバックショーケースは不参加「ドラマスタッフが新型コロナ感染…本人は陰性・自主隔離」

4

歌手ヒョナ、また極細スタイルに…網タイツも相性抜群

5

【全文】「MOMOLAND」側、「ナンシーの違法なねつ造写真流布、善処・合意なしの民事・刑事上の処罰」

6

ジユン(元4Minute)、セーラームーンに変身!「ムーンライト伝説」カバー映像公開

7

[韓流]IUがアルバム発表へ 27日に収録曲を先行リリース

8

「TREASURE」、CD売り上げ枚数がもうすぐ100万枚…1stフルアルバムは全曲が必聴

9

[韓流]ポン・ジュノ監督 ベネチア映画祭の審査委員長に

10

「KARA」出身ハン・スンヨン、34歳とは思えない童顔なビジュアルを披露
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.