KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
チャン・ユンジョン ミニスカートはいたら「露出が激しくなった」
『オモナ』『チャンチャラ』で知られる“トロット(演歌)クイーン” チャン・ユンジョンが、溌剌さを脱ぎ捨て、成熟した女性に転進した。

チャン・ユンジョンの後続曲『花』を通じ、今までのイメージから180度転進した。音楽的変進をはじめ、それこそ頭からつま先まで、完璧に新しい姿を試みた。

チャン・ユンジョンは、去る6日、SBS<生放送 人気歌謡>を通じ、空中派音楽番組で、『花』の初ステージを披露した。この日チャン・ユンジョンは、ヒラヒラしたピンク色のドレスを着て、蠱惑的な音色を披露した。

『花』は、オリエンタル演歌というジャンルで、中国風の曲。チャン・ユンジョンは、「演歌でもなくバラードでもない、妙な雰囲気の歌」、「今までの歌とは違った別の姿を見せるために、成熟した女性に転進した」と語った。

「溌剌としたイメージでドレスはまだぎこちないけれど、イメージ変化のために全部変えてみた」『オモナ』『チャンチャラ』とは違ったイメージを感じたいという人が多いので、変身を考えた。行動も控えめになり、表情も変わったけれど、見てくださった皆さんが、大丈夫とおしゃってくださったので、安心した」と風変わりに転進した理由を語った。

チャン・ユンジョンは、「ステージで『花』を歌ったけれど、年配の方々が、不思議だったとおしゃって」「チャン・ユンジョンがこんな歌を歌うのかと感じてくださったことに、とても満足した」と満足感を見せた。

一方、彼女がステージで着る衣装の中には、股まで見せるスタイルも含まれる。チャン・ユンジョンは、「型破りな衣装というけれど、スカートの長さが少し短くなっただけ」「違う人がはくとそうでもないのに、私がミニスカートをはくと“型破り”に、露出が激しくなったと言われる」と笑う。今回、さまざまな転進を試みたが、次の変身がプレッシャーになったはず。これについてチャン・ユンジョンは「次は本当にとんでもないことをするかも?」と、曖昧にごまかした。

最後にチャン・ユンジョンは、「最近、若い演歌歌手がたくさん出てくるけれど、彼らが、早く認められるようたくさん応援して欲しい」「ステージが準備できれば、ライバルになるけれど、それまでは時間も必要だから、皆で応援してほしい」と、トロットを愛してくれることを願った。

CopyrightsⓒReviewstar & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2005/11/10 12:56:28 入力





1

チャン・グンソク、招集解除後初めての番組復帰で語った下着モデルのエピソードやハリウッド進出まで

2

【全文】「T-ARA」出身ハン・アルム、31日男児を出産=“うちの子4kgで誕生”

3

女優ファン・ジョンウム、戻ってきた美しさ=古くささは捨てて洗練された雰囲気に

4

CJ ENM X Big Hitの観察型リアリティ「I-LAND」、デビュー準備生23人を公開へ

5

TWICE、新曲「MORE & MORE」発表=9人だからより嬉しい“サマークイーン”の再来

6

シウォン(SUPER JUNIOR)、偽SNSに注意喚起 「募金詐欺まで…」

7

「TWICE」、9か月ぶりにカムバックし生放送出演…「『MORE & MORE』は9人でなければ踊れない」

8

「BTS」、家族写真公開…世界のArmyに愉快なプレゼント

9

俳優パク・ボゴム、海軍文化広報団を志願…「昨日面接、合否まだ」

10

【公式】BigHitエンターテインメント、大規模グローバルオーディションを開催
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.