BIGBANGのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
BIG BANG 名前を変えて本格的な海外活動に突入
BIG BANG(ビッグバン)が初の海外活動に乗り出した。
BIG BANGは4日、日本デビューミニアルバム『For the World 』をリリース、本格的な海外活動を開始する。

BIG BANGは日本活動のため、メンバーの名前も改名した。
所属事務所関係者によれば、「メンバーの名前を日本ファンになじみやすいよう、英語名に統一した。テヤン(太陽)はSOL、スンリ(勝利)はVictoryの頭二文字をとってV.I、デソンは笑顔が明るいので、Delightを略してD-Liteとした。年末のスケジュールで脱水症状を起こし、病院のお世話になったT.O.PとG-Dragonは韓国活動時の名前をそのまま使う」という。

BIG BANGは病院で治療を受けていたメンバーらが2日に退院、宿舎や自宅で休息を取りながら、日本での反応を確認した。BIG BANGは4日、日刊紙など日本メディアに広告を一斉に掲載、30秒間のスポット広告で日本列島を攻略している。

今回のミニアルバムには『How Gee』をはじめとして『LIE(嘘)』『La La La 』『Always』など総8曲を英語で収録。2月にインストアイベントを行うほか、3月には都内で3,000席規模のコンサートが開催される。

所属事務所側は、「韓国国内のファンたちのために限定発売された日本ミニアルバム3,000枚はすでに完売しており、日本での反応もすでに伝えられている。日本では“韓流スター”でなく海外ミュージシャンとして紹介されているので、大規模なコンサートより小規模のクラブなどで足場を固める計画」と語っている。

Copyrights(C)sportshankook & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2008/01/07 10:43:56 入力





1

「少女時代」ユナ、イ・ヒョリとカラオケ店訪問騒動で謝罪「深く反省…心配かけて申し訳ない」

2

“カラオケ店ライブ放送騒動”イ・ヒョリ、「時期に合わない行動を深く反省…お詫びする」

3

「BLACKPINK」、韓服のステージ衣装に世界中の関心集中

4

「SEVENTEEN」、米ビルボードでの存在感を証明…フォーブス”夏の大ヒット曲”

5

「プデュ」「アイドル学校」出演イ・ヘイン、下半期デビューに向けて準備中

6

故ク・ハラさん脅迫・暴行容疑の元恋人、二審で実刑判決=法廷拘束

7

[韓流]Red Velvetら出演のオンライン公演 3日に開催

8

ジコ(ZICO)、「Summer Hate」音源チャート1位…“2020年はジコの年”

9

[韓流]BLACKPINK 新曲MV再生で五つのギネス世界記録

10

「BLACKPINK」、ギネス5部門に同時登録…「How You Like That」新記録行進中
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.