KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ナフナ 自身めぐるデマ受け記者会見
ナフナ 自身めぐるデマ受け記者会見の画像
厳しい表情のナフナ=25日、ソウル(聯合)
歌手ナフナが25日、自身に関して広まっているデマに関して記者会見を行った。会見場に集った700人余りの取材陣に対し、「釈明会見との報道もあるが、わたしは何もしていないので釈明することなどない。根拠がなく確実でない誤報を出したメディア側が釈明をするべきだ」と不快感を示した。ナフナは昨年3月に理由を明らかにしないまま公演をキャンセルして以来、活動を中断し公の場から姿を消していた。その後、闘病、日本の暴力組織の関与、女優とのスキャンダル、身体の一部を欠損したなどのデマが広まっていた。

ナフナは、まず公演のキャンセルについてから、自身はまったく関知していなかったことだと説明を始めた。一昨年に「来年は公演をしない」と決めたにもかかわらず、公演企画会社側が独断で公演会場のスケジュールを押さえていたものだったという。この企画会社はナフナの活動に合わせて業務を行うため、ナフナの公演がなければ動かないが、これを当時報じた記者が「会社が潜伏した」などと書いたため、デマの発端になったと指摘した。

ある芸能人の妻との不適切な関係の噂に関しても「大韓民国は厳然たる姦通罪がある法治国家」と述べ、断固否定した。このことから周囲や身内から声が上がるようになったこともあり、国内・海外旅行に出たところ、今度は釜山で闘病中だというデマが出るようになったという。これについても「昨年1度も釜山に行ったことはない。入院などしていれば間違いなく誰かわたしを見たという人がいるはず」と強く否定した。また、海外旅行を終えて帰国すると、三流小説にもないような出来事が起きていて、あきれてしまったと話すと壇上に上り、衣服を脱ぐしぐさを見せ、欠損したという身体部分を見せなければ信用できないのかと激高する一幕もあった。

2人の女優の実名を挙げての噂についても強く否定し、「2人とも嫁入り前、放っておけと言うには2人とも若く、このとんでもない状況を少しでも何とかするために、わたしが出てくるしかなかった」と語り、後輩の2人に申し訳なく思う心境を吐露し、2人への謝罪の言葉を伝えてほしいと呼びかけた。

最後にナフナは、「恥ずかしく顔を上げて歩くこともできない。すでにわたしはめちゃくちゃになり、夢も何も残っていない」と厳しい面持ちで語り、好きなように書けばいいと述べ、会見を終えた。


Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2008/01/25 16:47:14 入力





1

“キム・ジョンヒョン操り説”女優ソ・イェジ、元芸能記者の暴露でユンホ(東方神起)ら「華麗な男性遍歴」に再注目

2

[韓流]ソウルで韓服展示会 BTSなどスター着用の衣装

3

【公式】「BTS(防弾少年団)」、5月末カムバック?事務所「確定後に公開する」

4

チリのお笑い番組で「BTS」をパロディ…アジア人への人種差別発言が物議

5

「I.O.I」、“ファンとの約束”デビュー5周年の5月4日にライブ放送で集結

6

「TWICE」モモ&サナ、JYP入社9周年「お疲れ様、これからも一緒に」

7

【公式】「I.O.I」、再び集結…デビュー5周年記念ライブ放送を行う

8

「Highlight」、バラエティ「知ってるお兄さん」出演へ=15日に収録

9

イライ(U-KISS)と離婚後“一人育児”に奮闘中チ・ヨンス、「息子よ愛してる、ありがとう」

10

“大麻所持・吸煙”ラッパーKillagramz、検察に送致
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.