sg WANNABEのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
<sg WANNA BE+> 東京公演で1万人魅了
<sg WANNA BE+(エスジーワナビー)>が27日、東京国際フォーラムで単独コンサートを行った。昨年6月に続き東京で4回目のコンサートを開いた<sg WANNA BE+>は、午後2時30分からの公演を終えるとすぐに午後6時30分からのステージに立ち、合わせて1万人の観客を魅了した。
 
クォン・サンウとキム・ヘソン主演ドラマ『悲しき恋歌』のラストシーンに挿入され<sg WANNA BE+>の存在を日本に広めたセカンドアルバムの『生きて』が始まると、ファンからは一斉に歓声が上がった。続いてチェ・ドンハが2004年のデビュー後に初めてファンの前で歌った曲『Timeless』を紹介し、ハーモニーを聴かせた。チェ・ドンハは抽選で選ばれたファン3人をステージに招き、『愛して本当に良かった』を一緒に歌ったほか、この様子を撮影したフィルムと、直筆サイン入りの記念Tシャツを贈った。その後、チェ・ドンハが出演したミュージックビデオが流れ、会場を訪れたファンのために新曲『あいたい』を初めて披露した。

次いで同じ事務所に所属する歌手らによる特別ステージが設けられ、女性デュオ<ダビチ>が力強い歌唱力で観客を魅了した。デビューアルバムから『憎くても愛してる』を紹介すると、続いて小柳ゆきの『あなたのキスを数えましょう』を日本語で歌った。次に新人グループの<超新星(チョシンソン)>が登場すると歓声を上げるファンが続出し、すでに日本のK-POPファンの間で超新星が知られていることを立証した。力強いダンスと歌で新人らしからぬ堂々としたステージで『Hit』など2曲を熱唱した。

コンサート後半は<sg WANNA BE+>の各メンバーによるソロステージとなった。キム・ジノは父親と死別後の母親と2人での苦しかった生活などを映像で紹介し、『父さんの靴』と、安全地帯の『恋の予感』を歌った。キム・ヨンジュンは通貨危機の際に父親が事業に失敗したことと夜逃げ、差し押さえを経験したことを振り返り、「金の前には情け容赦ないことを幼心に悟った。父が泣いてわびる姿を初めて見た」と話すと、『スズメバチ』『無条件』などを歌った。チェ・ドンハは音楽をやりたくてもレッスン料が払えなかった無名時代、2002年11月にソロアルバムをリリースしたがヒットせずスランプに陥ったこと、ラストチャンスと思いリリースした<sg WANNA BE+>のファーストアルバムが大成功となったことなどを紹介し、苦しいときに力になったというNirvana(ニルヴァーナ)の『Smell like teen Spirit』、Aero Smith(エアロスミス)の『DuDe』を熱唱した。

場内に照明がつきメンバーがステージを去ってもアンコールの声はやまず、ファンの声援にこたえステージに戻ってきたメンバーはFrank Sinatra(フランク・シナトラ)の『My Way』と、サードアルバムの『僕の人』で東京公演を締めくくった。

公演を見に来たある日本人記者は「3人の<sg WANNA BE+>が奏でるハーモニーを直接聴けるのもこれが最後だと思うと涙が出る」と語った。メンバーのチェ・ドンハは5月限りで脱退することが決まっている。


Copyright 2008(C)YONHAPNEWS. All rights reserved.

2008/01/29 9:26:17 入力





1

【公式立場全文】「Produce X 101」練習生、順位ねつ造? 所属事務所は否定…法的対処へ

2

「防弾少年団」、日本ツアー大盛況…21万人の「ARMY」と最高の瞬間を過ごす

3

「TWICE」、“アメリカのワンスに会いに行きます”

4

「防弾少年団」フィギュア、米韓で17日から予約開始

5

歌手カン・ダニエル、ソロデビューアルバムのタイトル公開

6

「BIGBANG」T.O.P、召集解除後初めて近況を公開

7

「ユ・スンジュンの入国? 当事者じゃないので公的な発表は…」

8

サンドゥル、27日に日本でアンコール公演開催決定 ゴンチャンがフォロー

9

入隊した「EXO」D.O.、訓練所でも輝くビジュアル

10

SEHUN&CHANYEOLのユニット「EXO-SC」、22日発売デビューアルバムに自作曲を収録
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.