KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
イ・ジヒョン 思い入れのある曲で2nd盤発表
イ・ジヒョンは一曲一曲が持つ運命を信じる歌手だ。作曲するたびに「この曲はいつか良い時に光を放つ」と信じ、時間をかけ心をこめて曲に手を加えていく。
 
ロックバンドの<Weeper>解散後、ソロでこのほどリリースした2ndアルバム『Spectrum』が、長い間とっておいた曲を中心に編まれているのもそのためだ。タイトル曲『I Need Your Love』は2006年のソロ・1stアルバムのころにメロディーと歌詞が生まれたが、編曲のイメージが描けず中断していたもの。『流星』は22歳の時、欲を出した挙句に方向性を見失った曲、『Floating World』は1stアルバム発売前の軍服務中に作り、『Beatles Cream Soup』は昔大枠を作り部分修正を繰り返してパソコンに保存していた。

最近インタビューに応じたイ・ジヒョンは、「数学の公式のようだった曲の解答が不思議なことに一気に解けた。なかなか手放せずこだわっていた曲を今回のアルバムに入れられなければ、ずっと公開できないままになるという不安もあった」と振り返る。そういうわけで、アルバムタイトルの『スペクトラム』はジャンルの多様化を意味するのではない。中学1年生でギターを初めて手にした時から現在にかけ、音楽的な情緒の領域が豊かに広がったという意味だ。

このアルバムに耳を傾けると、後半のトラックになるほどバンドサウンドが強烈に響く。しかし、10代だったWeeper時代の非大衆的なハードロックではない。かといって<Toy>のゲストボーカルとして歌った『熱いアンニョン』のような熟した柔らかさでもない。ソフトなサウンドに編曲は図太くと、バンド時代のイ・ジヒョンとソロのイ・ジヒョンの接点のようだ。彼は「こうした音楽がもともと求めていたサウンド。意図したり計算することは得意ではない」と笑う。瞬間的な感覚を逃さず表現するだけだという。

ギターサウンドが印象的な2ndアルバムは、1st盤の明るく健康的なイメージとつながる。イ・ジヒョンは、兄の友人がギターを弾く姿に触発され独学でギターを始めて以来、技術的な目標に向かって弾いてきたのではなく、ギターを抱えていることそのものが幸せだったという。そうして音楽一色の中高時代を送った。

2001年に<Weeper>が解散、2003年に軍服務を終え、経済的にも独り立ちの時期を迎えた。韓国大衆音楽賞の男性歌手賞を受賞したファースト盤は、周りから10万ウォン、20万ウォンずつ借りながらスタジオでのレコーディングをどうにか終えリリースされたアルバムだ。つらい時にバンド時代が懐かしくはないのだろうか。イ・ジヒョンの答えは「ドラムやベースがズンズン響く中で曲作業をするという、わたしにとっての理想的なバンドではなかった。曲作業はソロ時代とシステムが違わず、バンドに幻滅を感じたのだと思う。望んでいなかったのにリーダーになり、決定権も持つことになってしまった。<Weeper>を始めたころから、いつかはギター1本で歌う歌手になるという夢があったが、ようやくかないつつある」
2008/10/01 15:32:39 入力





1

“キム・ジョンヒョン操り説”女優ソ・イェジ、元芸能記者の暴露でユンホ(東方神起)ら「華麗な男性遍歴」に再注目

2

「勝者は善人」ソヒョン(少女時代)に応援の声続く…俳優キム・ジョンヒョンの「時間」途中降板背景騒動で

3

[韓流]ソウルで韓服展示会 BTSなどスター着用の衣装

4

「I.O.I」、“ファンとの約束”デビュー5周年の5月4日にライブ放送で集結

5

【公式】「BTS(防弾少年団)」、5月末カムバック?事務所「確定後に公開する」

6

「TWICE」モモ&サナ、JYP入社9周年「お疲れ様、これからも一緒に」

7

チリのお笑い番組で「BTS」をパロディ…アジア人への人種差別発言が物議

8

イライ(U-KISS)と離婚後“一人育児”に奮闘中チ・ヨンス、「息子よ愛してる、ありがとう」

9

ソン・ナウン(Apink)、雰囲気で圧倒する無限のビジュアル=ファッション画報公開

10

キュヒョン(SUPER JUNIOR)、本日(13日)新曲「COFFEE」発売…俳優コンミョンxチェ・スビンがMVに出演
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.