KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
SHINHWA 神話は続く
6人組グループSHINHWA(シンファ/神話)の飛翔は留まるところを知らない。まるで休む間もなく走る暴走機関車のようだ。
SHINHWAは、それでなくとも2004年のグループのうち、一人一人が忙しいスケジュールを送っていた。新曲発表からCM、ドラマ出演など、何かひとつの分野に落ち着いているのを見たことがない。

グループのメンバー全員が集まる時、ソロとして散らばっている時、SHINHWAがSHINHWAでなかったことはほとんど無いと言っても過言ではない。キム・ドンワン、イ・ミヌ、エリック、アンディー、チョンジン、シン・ヘソンなど、ソロとしてもSHINHWAブランドに負けていない。

12月の終わりになっても、SHINHWAの忙しいスケジュールは続くと見られる。SHINHWAは12月10日、ソウル歌謡大賞で大賞に輝いた。

その名誉に浸る暇もなく、彼らはファンのために再び終結した。
こうした強行軍が可能なのも、メンバー同士の、兄弟のようにぴったり合った呼吸と、ファンのそれがひとつになり、力になっていると思われる。

SHINHWAは12月19日、COEX大西洋ホールでウィンターストーリー<僕らはSHINHWAです>というコンサートを開く。
彼らは動映像で、スーツを着て多少緊張している(?)表情で、12月19日、オレンジ色の風船(※SHINHWAのファンが持つ)のファンとの対面を語った。

エリックは、かわいいジェスチャーで豪華なステージを約束したし、チョンジンは新しく編曲し直したので、素敵な舞台になるはずだと主張した。ヘソンはコミカルなバナナソングをゴスペルのように朗々と歌い、笑いを呼んだ。

SHINHWAは、Go Newsネティズン(ネットユーザー)芸能大賞男性歌手賞と最高グループ賞部門予選で1位を独走している。SHINHWAは、このコンサートのために、それぞれかくし芸も用意していると言い、メンバー全員が肩を組んで、「僕らはSHINHWAです!」と叫んだ。

Copyrightsⓒgonews&etimes Syndicate&wowkorea.jp
2004/12/13 14:04:50 入力





1

<2018MAMA>「防弾少年団」、大賞2つを含む計5つの受賞で涙「解散するか悩んだ」

2

ヒョナ&イドン、甘いバッグハグでラブラブぶり公開

3

<2018MAMA>「防弾少年団」、大賞(2018今年のアルバム賞)を受賞

4

歌手チョ・ソンモ、実兄の死去を告白 「行方不明となった自閉症の兄、ひき逃げで他界」

5

<2018MAMA>「TWICE」、大賞(2018今年の歌賞)を受賞で涙

6

【イベントレポ】「BTS(防弾少年団)」、「2018 MAMA」レッドカーペット登場! キュートさ、ファン愛で観客をメロメロに

7

【MAMA JAPANレポ~第3部】「BTS」、「Wanna One」、「TWICE」、「IZ*ONE」ら、今をときめく人気アーティストが夢の競演!

8

「AOA」ソリョン、体調不良により公演途中で退席

9

チャ・ウヌ(ASTRO)、学生時代の恋愛話を告白「恋愛は一度だけ経験した」

10

【トピック】「Red Velvet」ウェンディーが経験した過酷すぎるダイエット法とは?
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.