パク・チニョンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
歌手シンヒョク 作曲家へ転身し米ビルボード16位
歌手シンヒョク 作曲家へ転身し米ビルボード16位の画像
シンヒョク
韓国歌手シンヒョク(24)が手掛けた曲が今年10月、アメリカ・ビルボードシングルチャートHOT100で16位へランクインしていたことが明らかとなった。

シンヒョクは自身のミニホームページ(日本でいうブログ)への掲載文で、カナダ出身の歌手ジャスティン・ビーバー(15)のアルバムタイトル曲『One Less Lonely Girl』を自身の音楽パートナーであるショーンと共同作曲したことを明かし、同曲が米HOT100の16位へ輝いたことを報告した。なお同時期に、パク・チニョンが作曲した<Wonder Girls>の『Nobody』が76位にランクインしていた。

シンヒョクは2004年、自作曲を収録したデビューアルバムをリリースし、K-POP界へデビューしたシンガーソングライター。タイトル曲『ロボット』で活動していたが、後にプロデューサーの道を歩む決意を固め、歌手活動を中断しアメリカへ留学した。ミニホームページでシンヒョクは「今日ついに幼い頃からの夢だった“ビルボードチャート”が現実のものとなった。アメリカにきて5年間、努力の結晶が実を結んだ瞬間」と喜びを語っている。

アメリカの有名プロデュースチーム<ザ・ネプチューンズ>が好きだというシンヒョクは、2005年に出会ったショーンとともに<A-レックス>というチームを結成。世界的な音盤企画会社の担当者が、My Spaceへ掲載した<A-レックス>の音楽を偶然耳にし、同曲を歌手ジャスティン・ビーバーのタイトル曲へ推薦したという。その後、EMIパブリッシングレコード所属のプロデューサーとなったシンヒョクは「来年リリース予定の曲は10曲を超えている」とし、音楽プロデューサーとしての大きな一歩を踏み出した。
2009/12/12 14:56:03 入力

【パク・チニョンの関連ニュース】

1

「Wanna One」カン・ダニエル、ボーイズグループ個人ブランド評判1位…12か月連続を記録

2

「PRODUCE 48」、宮脇咲良から“YUESPL”まで一部の視聴者による“放送分量騒動”

3

「PRODUCE 48」、イ・ガウン&クォン・ウンビ&パク・ヘユンが見せた“リーダーの品格”

4

“ソロカムバック”V.I(BIGBANG)、「来年初めに軍入隊したい…BIGBANG空白期長くなってはだめ」

5

「時間」ソヒョン(少女時代)、「すっぴんで演技? リアルに表現したかった」

6

SM&JYP&YGら韓国芸能事務所7社、韓国版「VEVO」を設立

7

きょう(20日)カムバック「BIGBANG」V.I、SNSで心境伝える「メンバーの応援が原動力」

8

「TWICE」、音楽番組1位にスマイル写真で感謝

9

「ASTRO」チャ・ウヌ、成績が全校で3位になったことを明かす

10

「BIGBANG」V.Iのソロ曲MVで話題の女性歌手Anda、YG系列会社と契約
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2018 AISE Inc. All Rights Reserved.