東方神起のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
<東方神起>3人でユニット結成 SMエンタは訴訟提起
<東方神起>3人でユニット結成 SMエンタは訴訟提起の画像
<東方神起>メンバー
韓国5人組グループ<東方神起>のジェジュン、ユチョン、ジュンスが日本で新ユニットを結成する。日本での所属事務所エイベックスが14日に<東方神起>のオフィシャルウェブサイトで発表した。

 エイベックスは、3人がエイベックス・マネジメント株式会社とマネジメント契約を結び、6月にドームイベントを開催すると明らかにした。イベントは6月5~6日に京セラドーム大阪、同12~13日に東京ドームで開催される予定。

 しかし、新ユニット結成について、<東方神起>の韓国所属事務所SMエンターテインメントは「現在も3人の専属契約は有効」との立場を示した。3人が申し立てた専属契約効力停止仮処分の結果に対する本案訴訟が提起されているにもかかわらず、訴訟の結果を考慮せずに無責任な行動を取ったとし、ユニット結成は3人が自ら<東方神起>を捨てた行為であり遺憾だと述べた。

 また、SMエンターテインメントは同日、3人を相手取り損害賠償請請求訴訟を起こした。

 ソウル中央地裁が明らかにしたところによると、同社は、メンバー3人の独自の芸能活動を保障するよう専属契約の一部効力停止を認めた裁判所の決定に異議を申し立てた。
また、3人を相手取り、専属契約が有効であること確認し、化粧品広告のモデル料と中国・深センでの公演中止による損害など22億ウォン(約1億8500万円)の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こした。

 同社は「一部のメンバーが化粧品事業に投資したことで葛藤(かっとう)が芽生え始めた。会社の同意を得ずに<東方神起>の名前と肖像権を使う場合は専属契約違反になると説明したが、3人は専属契約の効力を否定し、既に決まっていたスケジュールの履行を拒否した」と主張した。

 一方、メンバー3人も訴状を受け取り次第、事務所を相手取り契約不存在確認と損害賠償請求訴訟を起こす方針を明らかにした。


2010/04/15 9:05:00 入力





【東方神起の関連ニュース】

1

韓国検察側、B.I(元iKON)の不正捜査疑惑に反論「送致対象ではなかった」

2

”ドラッグ姫”ハン・ソヒの弁護士、YG元代表ヤン氏の言葉明かす「この世界でお前一人くらい、どうとでも…」

3

”ミルク姫”ファン・ハナ、麻薬容疑で2度目の公判に出席=ユチョン(元JYJ)と交わした会話内容に焦点

4

【トピック】YGエンタの芸能界活動停止を要請する国民請願が3万人を突破…YGボイコットの動きも

5

B.I(元iKON)の薬物疑惑を暴露した“ドラッグ姫”ハン・ソヒ、YGからの圧力あったと明かす

6

【トピック】イ・ホンギ(FTISLAND)、「おしりを買いたい」と切実な近況が話題に

7

“衣装騒動”「BERRY GOOD」チョヒョン、心境伝える「温かい応援に涙…最善を尽くす」

8

“デビューだけで4回目”チョン・ソミ、ソロデビューについて語る「信じられない」

9

「防弾少年団」、米「ビルボード200」38位=9週連続メインアルバムチャート上位圏

10

ユン・ジソン(元Wanna One)、入隊して初の近況報告
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.