パク・ヒョシンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
音楽界で副業ブーム アルバム市場の不況が背景に
音楽界で副業ブーム アルバム市場の不況が背景にの画像
パク・ヒョシン=(聯合ニュース)
ソウル・新沙洞の街路樹通りに面したあるマッコリ(韓国伝統の濁り酒)酒場は、特に女性客でにぎわっていた。日本人客の姿も目に留まる。歌手のパク・ヒョシンがことし初めにオープンした店と知られて以来、夜には行列ができることもある。

 グルメ街のソウル・建国大学入り口にあるホルモン焼き店の前には、芸能人から贈られた開店祝いの花輪がずらりと並んでいた。ヒップホップデュオの<Leessang>が運営する店だ。スケジュールがない時には、メンバー2人が自ら店に立つ。

 歌手の多くが、こうした「副業」に乗り出している。

 飲食業で成功した代表的な歌手は、4年前に狎鴎亭に店をオープンしたシム・テユンだ。現在は論ヒョン洞にも店を構えている。また、ク・ジュンヨプはダンスクラブを運営しているほか、ペク・チヨン、混声ユニット<COOL>のユリ、<SS501>のジョンミンらはインターネット通販を手がけている。

 最近では、ユンゴンとユン・ジョンシンがそれぞれコーヒー専門店を、<1TYM>のメンバー2人が日本式カレー専門店を、<DJ.DOC>のイ・ハヌルが室内屋台をオープンした。

 歌手らが副業を始めた理由はさまざまだ。<Leessang>はホルモン焼きの本場、大邱の味をソウルで手ごろな価格で楽しんでもらいたいとの思いで店をオープンしたと、所属事務所関係者は伝える。パク・ヒョシンは母親の料理の腕を生かし、フランチャイズチェーンをプロデュースしたという。

 だが歌謡関係者らは、歌手の副業ブームはアルバム市場の不況がもたらした自然な流れだと指摘する。シム・テユンは、「音楽を一生やり続けるためには、安定的な収益が必要だ」と話す。副業の収益で非主流のアルバム制作も行っているという。

 あるアルバム企画会社代表も、1990年代はアルバム収益だけで音楽活動を続けられたが、2000年代に入ってからはアルバム販売量が減少し、安定的な収益が保障されなくなったと説明する。そのため、人気や年齢を問わず、副業に乗り出す歌手が多くなったという。

 ただ、歌手らがすべて創業に成功するわけではない。最初は名前だけで客を集めることができるが、それに見合ったアイデアやサービスが伴わないと失敗する可能性が高い。飲食業で副業を行っているあるダンサーは、有名人というタイトルより、客のニーズに応えることが重要だと話している。


2010/04/27 8:57:00 入力





【パク・ヒョシンの関連ニュース】

1

韓国検察側、B.I(元iKON)の不正捜査疑惑に反論「送致対象ではなかった」

2

”ドラッグ姫”ハン・ソヒの弁護士、YG元代表ヤン氏の言葉明かす「この世界でお前一人くらい、どうとでも…」

3

”ミルク姫”ファン・ハナ、麻薬容疑で2度目の公判に出席=ユチョン(元JYJ)と交わした会話内容に焦点

4

【トピック】YGエンタの芸能界活動停止を要請する国民請願が3万人を突破…YGボイコットの動きも

5

B.I(元iKON)の薬物疑惑を暴露した“ドラッグ姫”ハン・ソヒ、YGからの圧力あったと明かす

6

【トピック】イ・ホンギ(FTISLAND)、「おしりを買いたい」と切実な近況が話題に

7

“衣装騒動”「BERRY GOOD」チョヒョン、心境伝える「温かい応援に涙…最善を尽くす」

8

“デビューだけで4回目”チョン・ソミ、ソロデビューについて語る「信じられない」

9

「防弾少年団」、米「ビルボード200」38位=9週連続メインアルバムチャート上位圏

10

ユン・ジソン(元Wanna One)、入隊して初の近況報告
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.