f(x)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
”低年齢化進むガールズグループ” 労働基準法違反の疑いも
”低年齢化進むガールズグループ” 労働基準法違反の疑いもの画像
f(x)のソルリ(資料写真)
韓国芸能界で小学生がメンバーのガールズグループも誕生しているなか、一部グループに「労働基準法違反」の疑いがあると指摘された。

 国会文化体育観光放送通信委員会の安亨奐(アン・ヒョンファン)議員(ハンナラ党)は10日、労働基準法で13~15歳の青少年を雇用する際に取得が義務付けられている就職認可証の発給現況を分析した結果、<f(x)>のソルリ、<KARA>のカン・ジヨン、<GP Basic>のヘナとジェニーが就職認可証を取得しないまま、グループ活動を行っていると明らかにした。

 現行労働基準法では、「15歳未満の者(小・中等教育法に基づく中学校に在学する18歳未満の者を含む)」は労働者として雇用できないが、大統領令が定める基準により、雇用労働部長官が発給する就職認可証を取得した労働者は、雇用できると規定している。

 1994年生まれのソルリ、カン・ジヨン、1996年生まれのヘナの場合、中学校在学中に就職認可証の発給を受けずに活動を始めた。ジェニーは1998年生まれで現在小学校6年生だが、やはり就職認可証を取得していなかった。

 また、ガールズグループだけでなく、アイドルグループ全般で低年齢化が進んでいるが、雇用労働部資料によると、芸術公演に対する就職認可証発給は2008年3件、2009年14件、2010年は7月末現在、1件にすぎない。

 安議員は、「芸能事務所の商業主義は度を越えている」と批判し、青少年就業の年齢制限規定をより厳格に適用すると同時に、扇情性など公演内容についても審査基準を強化すべきだと指摘した。
2010/09/10 15:08:58 入力





【f(x)の関連ニュース】

1

「TWICE」のミナが近況を公開…メンバーと一緒だからこそ光るルックス

2

元「少女時代」ジェシカ、中国内マネジメント会社に敗訴…20億ウォン(約2億円)支払いの判決

3

ヒョナとイドン、旅行中でもSNSでラブラブぶりを発揮

4

「MYTEEN」、解散を発表… 「一緒の時間、幸せだった」

5

“兵役逃れで国外追放“歌手ユ・スンジュンの差戻し審、初期日は9月20日

6

「NORAZO」ウォンフム、中国で蒼井そらとグループ結成&億台のCEOオファー断った過去明かす

7

BIG HIT代表、「防弾少年団」のドラマ制作を明言=2020年ローンチへ

8

「防弾少年団」、米「2019 MTV VMA」5部門の候補に

9

人気急上昇「TARGET」(ターゲット) 「PRODUCE X 101」の振付師で最強のカムバック! 韓国ニューシングル 「BABY COME BACK HOME」本日8/20公開

10

【トピック】IU(アイユー)、出演ドラマ「ホテルデルーナ」の“広報妖精”ぶりが神的だと話題
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.