KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
グループ・ソロ歌手・作曲家など 多彩な顔持つジョンヨプ
グループ・ソロ歌手・作曲家など 多彩な顔持つジョンヨプの画像
ジョンヨプ=(聯合ニュース)
韓国ボーカルグループ<Brown Eyed Soul>のリーダー、シンガーソングライター、作曲チーム<ハニーデュオ>のメンバー、フューチャリングを最も多く依頼される歌手。ジョンヨプを称する言葉が1つ、2つと増えていく。

 <Brown Eyed Soul>と自身のソロ曲を自ら手がけ、Tei(テイ)、イ・スンギ、キム・ボムス、イ・スヨンらに提供した曲も、間もなく発表される。その旺盛な創作活動で、ジョンヨプは歌謡界での存在感を増している。ことしは<Brown Eyed Soul>として3枚のシングルを相次ぎ発表し、ソロでは1年ぶりに2曲入りシングルをリリースした。

 先日会ったジョンヨプは、ソロ活動で、より大衆に近づけたようだと語った。
 「<Brown Eyed Soul>の人気は、メンバーのナオルのおかげでした。グループでテレビ番組出演などの活動をしなかったので、ほかのメンバーは大衆に歩み寄る機会がなかった。だから、わたしがまずソロ活動をスタートし、ほかのメンバーもソロアルバムを準備しています」。

 メンバー4人がそれぞれのパートを担当し歌った<Brown Eyed Soul>時代とは異なり、ソロで聞かせるジョンヨプの声は、安定した歌唱力と広い音域が光るテクニックを誇る。2008年のファーストソロアルバムが人気を集めたのもそのためだ。

 今回のシングルでも、地声とファルセットを行き来する音色は、聞く人の心を集中させる力がある。ピアノとジョンヨプの声だけの曲『Love You』は、恋の甘さを歌ったセレナーデ。エレトニックサウンドの加わった『Without You』は、恋人と別れさまよう人の姿を歌った。
 「長く付き合った彼女と別れたんです。1人になって、切ない思いが曲に込められたんでしょうね。誰かと出会い、一緒に歩きたいという思いのせいか、全般的に歌が寂しくなりました」。

 ジョンヨプの歌は、最近の音楽界で主流となっている華やかなサウンドのアイドルたちの音楽とは、一線を画している。それにもかかわらず、新曲を発表するたびに音楽チャートの上位にランクされ、多くの音楽関係者の視線を集める。一部ではアイドル音楽を批判する声もあるが、ジョンヨプは、何か特別な理由があると考えている。

 「ステージでのパフォーマンスはとても格好いいですよ。広い目で見れば、彼らが人気を集める理由に気づきます。ならば自分の音楽には何かもっと入れなければと悩みますね。スポットライトを浴びて、頂点に立っているアイドルたちは、不安を感じていると思いますよ。わたしは亀のようにゆっくり進んでいるので、安定感があるし、満足しています」。

 「ゆっくり」とはいえ、作曲活動は活発でスピーディーだ。2008年にハニーデュオを結成し、次々と作品を発表している。最近ではイ・スンギ、Teiらに曲を提供した。
 ジョンヨプは、<ハニーデュオ>、<Brown Eyed Soul>、どちらも「一生一緒に活動したいチーム」だと話す。

 「音楽をやっている理由も、好きな人たちとお酒を飲むためなんです。好きな人たちと飲みながら音楽を語り合い、冗談を交わしながら暮らしたい。そのためには彼らと長く音楽活動をする必要があるでしょうね」。
2010/09/22 13:25:39 入力





【関連ニュース】

1

「PRODUCE 101」シリーズのアンPDを接待、芸能事務所3社が明らかに

2

「Block B」ジェヒョ、軍訓練中に持病悪化…5級判定で兵役免除に

3

カン・へウォン(IZ*ONE)所属の8D CREATIVE、接待疑惑を否定も一部ネットユーザーは不信感

4

「IZ*ONE」入り逃した竹内美宥、MYSTICエンタが準備中のガールズグループ加入か?

5

「PRODUCE 101」シーズン2得票操作の”犠牲者”は? 広がる憶測

6

パク・ジニョン、「『2PM』が成功しなければPDの過ちだと思った」、「不朽の名曲」で胸中語る

7

「PRODUCE」シリーズ論議の中で深まる子どもたちの傷…今こそ非難より慰めが必要だ

8

「知っているお兄さん」、CHANYEOL(EXO)「家族全員がD.Oファン」 と告白

9

キム・ヒョンジュン(太四子)、芸能プロダクションと専属契約「宅配便の運転手は続ける」

10

「Wanna One」も二次被害、「PRODUCE」騒動=分別のない推測に“困惑”
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2019 AISE Inc. All Rights Reserved.