KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
<チャン・ギハと顔たち>ユニークなステージで日本ファンを虜に
<チャン・ギハと顔たち>ユニークなステージで日本ファンを虜にの画像
チャン・ギハと顔たち
去る11月23日(火・祝)渋谷WWWにて韓国インディーズ界を担うバンド<チャン・ギハと顔たち>がステージに立った。

<チャン・ギハと顔たち>は、70~80年代の韓国ロック・フォークを受け継ぎ、新たに発展させたユニークな音楽性に、日常の出来事や心像風景などを独自の言葉で表現する歌詞、視覚的なインパクトで観客を魅了するライブパフォーマンスが韓国で大きな話題に。1000枚売れればヒットという韓国のインディーズ界で、昨年2月にリリースされた1stアルバムが4万枚を売り上げるという驚異的な記録を打ち立てた。11月17日には、Pヴァイン・レコードより日本盤『何事もなく暮らす』をリリースし、日本活動を開始した。

「のんびり歩こう」、「出ろ」、「三叉路で出会った人」、「俺たち今会おう」、「何事もなく暮らす」、「月が満ちる、行こう」など11曲を、優れた歌唱力と演奏とともに披露し、代表曲「安物のコーヒー」では日本語歌詞を織り交ぜながら熱唱し、大きな歓声を浴びた。

定評のあるライブパフォーマンスは日本でも健在。ことし8月末に実施した<WoW! Korea>とのインタビューで、「人とは違うことをしたい。個性や他の人たちとは異なる部分がなければならない」と語っていたボーカルのチャン・ギハだけに、独特な雰囲気を漂わせ、会場を“チャン・ギハと顔たちワールド”に包んだ。

ジーンズに赤のジャージ姿で登場したチャン・ギハは、楽曲ごとにユニークな振り付けで観客の目を引き付けた。初めは強烈なインパクトに呆然としていた観客も、自然とチャン・ギハの世界観に引き込まれていく。そして、トークでもファンを魅了、日本語と韓国語を器用に操り、ジェスチャーを交えながら間のよい語りで会場を笑わせた。

前日22日にも渋谷LUSHで公演を行った<チャン・ギハと顔たち>。渋谷WWWではトクマルシューゴとZAZEN BOYSも出演。「日本には個性の強いバンドが多い。もっといろいろなバンドを知って、いいところを取り入れたい」と話していたチャン・ギハらメンバーは、パフォーマンスを終えた後も共演者のステージを観客席で見るなど、“仲間たち”のリサーチも欠かさなかった。日本の音楽ファンに、韓国のバンドそのものを印象付けるライブとなった。
2010/11/30 13:18:44 入力





【関連ニュース】

1

【全文】「LOVELYZ」側、「OH MY GIRL」から贈られたサインCDが中古市場に流出…外部盗難の疑いで警察捜査中

2

「TWICE」、新曲「MORE & MORE」の挑発的なティザー公開

3

BTS所属のビッグヒット SEVENTEEN事務所の筆頭株主に

4

ドラマ「夜食男女」出演の知英(ジヨン)、「5年ぶりの韓国活動復帰…緊張する」

5

チョンジン(SHINHWA)、番組で結婚相手の恋人とのエピソードを公開…「完全に一目ぼれだった」

6

ラッパーSwingsと交際中のイム・ボラ、無造作ヘアとビキニでセクシーショット

7

BAEK HYUN(EXO)、ソロ新曲「Candy」がリリース当日に1位獲得しファンに感謝のコメント「幸せです」

8

【全文】「IZ*ONE」、悪質な書き込み者2次追加告訴「善処・合意なし」

9

「SEVENTEEN」、今日(26日)デビュー5周年で暖かい寄付…夢見る全ての青春を応援

10

キム・ウソク(元X1)、きょう(25日)ソロデビュー記念V LIVEを放送=新曲「赤月」披露
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.