KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
POSITION 日本でアルバム発表
「日本のファンたちは、私の声を“甘い”と言うんですよ」・・・・・。
歌手のPOSITION(ポジション)ことイム・ジェウクが、19日に日本で初のミニアルバム『POSITION』を発売し、1996年に韓国国内でデビューして以来、10年ぶりに異国の地で新人として活動を始めた。

POSITIONは、かねてから日本と縁がある。浜田省吾の『もうひとつの土曜日』、尾崎豊の『I Love You』のリメイク曲でヒットを飛ばし、安全地帯の曲も数曲リメイクしている。日本の大衆音楽を、国内に紹介するのに一役買ったともいえる。

昨年10月から東京に住まいを移したイム・ジェウクに、電話で話を聞いた。イム・ジェウクは、「『I Love You』をリリースした当時から、水面下で日本進出の準備をしてきました。アルバム制作に投資しようというレコード会社やマネジメント会社が決まり、ようやく具体化したんです」と、本格進出の経緯を語った。BoA(ボア)、Rain(ピ)、SE7EN(セブン)といった新世代のスターのように、爆発的な人気は期待していない。むしろ良い成績を残した後輩たちを誇りに思うという。

デビューアルバム発売日には、東京の渋谷で350人の観客を招待し、ショーケースを行った。
「これから1000人、2000人と増やしていきます」と抱負を語る。日本での生活も6ヶ月目となり、日本語の実力も伸びたが、まだ日本人の情緒を把握するまでは到っていない。
「歌唱力があると賞賛されても、内心はどう思っているのか」と正直に語るが、ショーケースで自分の歌を聴き、静かに涙を流すファンの姿を見て、真実を見極める方法が分かったという。

POSITIONに対する日本の音楽業界の反応は好感触と言える。ミニアルバムには松井五郎、吉元由美らヒットメーカーが参加した。今年9月には、財津和夫が提供したバラード曲を、初のシングルとして発表する。6月、8月、12月と、コンサートの予定もすでに決まっており、今後2年間は日本での活動に専念する。


Copyrightsⓒyonhapnews & etimes Syndicate & wowkorea.jp
2006/04/27 16:35:38 入力





1

「sg WANNABE」出身の故チェ・ドンハさん、きょう(27日)で死去から9年

2

「TWICE」新曲「MORE&MORE」、アプリで一部先行公開

3

「S.E.S.」シュー、貸与金返還訴訟で敗訴

4

“32キロ減量維持”歌手パク・ボラム、美貌引き立つセルカ公開

5

歌手イ・ソニ、離婚の苦しみ乗り越えアルバム制作に集中

6

「TWICE」、新譜「MORE & MORE」予約注文50万枚突破=自己最高記録を達成

7

シンドン(SUPER JUNIOR)、SNSハッキング未遂の被害で「通報する、これが最後の警告だ」

8

「Red Velvet」アイリーン&スルギ、グループ初のユニット出撃=6月15日「Monster」発売

9

ドンヘ(SUPER JUNIOR)、“おかげさまチャレンジ”に賛同…チャンミン(東方神起)らからバトンタッチ

10

「SUPER JUNIOR-K.R.Y.」イェソン、ティザーイメージ公開=“輝きを増したビジュアルでファン心を狙撃”
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2020 AISE Inc. All Rights Reserved.