ダイナミック・デュオのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
ラッパーE-Sens、前所属事務所&先輩歌手を曲で非難
ラッパーE-Sens、前所属事務所&先輩歌手を曲で非難の画像
ラッパーE-Sens(左)
韓国のラッパーE-Sensが、前所属事務所であるヒップホップレーベルのアメーバカルチャーを非難するラップ曲をオンラインに公開し、今後の”大荒れ”が予想されている。

 E-Sensは23日、自身のTwitterに「You Can't Control」というタイトルの曲を掲載し、前所属事務所や同じ事務所に所属していた先輩歌手の「ダイナミック・デュオ」などをストレートに攻撃するラップを披露。これは「diss」と呼ばれ、ヒップヒップで専門的に使われる用語で、音楽を通して公開的に非難することを示す。

 彼は、同楽曲で「会社は足首を切り、松葉杖を与える。僕が歩いているのは、すべて自分たちのおかげだと、あごを攻め上げてほざいている」、「10億をくれって? アメーバカルチャー、Kiss my ass」などと前所属事務所を非難。

 これだけではなく、ラップ歌詞には「これを聴いたら答えろ、ゲコ(「ダイナミック・デュオ」のメンバー)。これまでの5年間、会社の中で僕にしていたように、後ろに下がるな、僕のための最後の尊重」という言葉も含まれており、ヒップホップ界の先輩であり、さらに前所属事務所の仲間だった「ダイナミック・デュオ」も名指しで非難した。

 これについてアメーバカルチャー側は聯合ニュースとの電話インタビューに応じ「まだ曲を聴いていないため、いますぐに立場を明らかにすることは難しい」と言及を避けた。

 E-Sensは2009年、ラッパーのSimon Dと共に「Supreme Team」でデビューし数々のヒット曲を発表。しかし、2011年11月にE-Sensが大麻吸引容疑で活動を中断し、その後およそ1年間、空白期間を過ごしていた。

 アメーバカルチャーは先月、E-Sensと専属契約を解除し「彼(E-Sens)はこれから、所属の歌手ではなくなる」と発表。これに伴い、「Supreme Team」は事実上の解散となった。
2013/08/23 14:41:41 入力





【ダイナミック・デュオの関連ニュース】

1

【公式】SMエンタテインメント、音楽有望株のための「2022 SMile Music Festival」を開催

2

[韓流]BTS・TXT ビルボードグローバルチャートに同時ランクイン

3

「LE SSERAFIM」、音楽番組3冠王獲得で語る「初心を忘れない」

4

「ONEUS」、カムバックから一日目で自己初動記録を塗り替える

5

[韓流]BTSのRM 再び釜山市立美術館で作品鑑賞

6

「TOMORROW X TOGETHER」、ニューアルバム発売初日にオリコントップに、日本でも人気を集める

7

ジコ(Block B)、召集解除後の近況を公開“さらに素敵になったビジュアル”

8

“新時代の象徴となった日韓混合バンド”「Y2K」のKOJI、20年ぶりに韓国活動を再開

9

「ATEEZ」、日本新曲タイトル曲「ROCKY」MV公開…活気溢れるパフォーマンス

10

人気振付師ペ・ユンジョン、悪質な書き込み者に怒り…夫との不仲説に言及
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.