V.I(スンリ/元BIGBANG)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「BIGBANG」V.I「メンバーに僕の音楽で認められたかったんです」
「BIGBANG」V.I「メンバーに僕の音楽で認められたかったんです」の画像
「BIGBANG」V.I
「BIGBANG」V.I「メンバーに僕の音楽で認められたかったんです」の画像
「BIGBANG」V.I
韓国グループ「BIGBANG」のV.I(韓国名:スンリ)は「BIGBANG」では比較的”軽い”キャラクターだ。愉快な性格と話術を武器に芸能番組でも才能を発揮している。

 その反面「BIGBANG」の音楽の中では存在感が低かった。G-DRAGONが作曲とラップ、T.O.Pがラップ、SOLとD-LITEがボーカルで明確な個性を見せているがV.Iは彼らを後押しする役割だった。

 そんなV.Iが自ら制作した2ndソロアルバム「Let's Talk About Love」を発表。アルバムに作詞、作曲、プロデューサーとして名前をあげ、大衆とメンバーに認められるほどの結果を生みだした。

 26日、麻浦区(マポグ)上水洞(サンスドン)のカフェでインタビューをした彼は「僕は『BIGBANG』でメインボーカルのお兄さんたちを後押しするBパート、ブリッジ、コーラスを引き受けました」とし「僕のポジションを正確に知っていることで、アルバムを制作するのに大きな助けになりました」と説明した。

 最初から作曲に欲張ったことはない。大衆に感動を与える曲を作る自信がなく、だたの1曲も手をつける考えがなかった。

 そこで、周りにサポートをお願いした。所属事務所であるYGエンターテインメントのプロデューサーTeddyの曲を待とうと思ったが、G-DRAGONソロワールドツアーで忙しかったという。

 ひたすら待つしかない状況。その上、所属事務所のヤン・ヒョンソク代表がV.Iをテストしようという意図だったのか「自分でやってみろ」と勇気を与えた。

 ”オーダー(注文)”されると素早く動く性格のV.Iは、ハム・スンチョン、カン・ウクジン、チェ・ピルガンなどの作曲家とすぐに話し合いを開始。彼は作曲のいくつかの過程のうち、トラックの旋律をのせる“メロディーメーカー”として参加した。

 またG-DRAGONが「ファンはお前の話を聞きたがるだろう」とアドバイスをしてくれたことで、全曲の作詞を手掛けた。

 「音域が高くない点を考慮して、自由自在に歌うメロディーが必要でした。ラップでもメロディーでもない僕だけのメロディーです。最初の曲『Let's Talk About Love』でその部分をよく生かせたようです」

 歌詞は自分の経験と考えを書いてみたら、すらすら書けたのだという。

 収録曲「GG BE」は1年前、6か月間付き合った女性との経験。秘密の恋愛だったが、女性が1か月ほど自分と違う男性と同時に付き合っていたことを後に知った。彼は「男女の中にも基本的な礼儀を持って、縁を続けなければならない」とトーンを高めた。

 「最近は、女性にだまされてしまう男性が多いようです。女性が米国ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティー』や『ゴシップ・ガール』をよく見ているようですね(笑)。その女性と交際していた中で、電話の声だけで僕から気持ちが離れたことを悟ったのです。僕が別れようと話すのを望んでいたようでした。狐のような女性でしたね。それで、曲では導入から強烈なピアノで僕の感情を表現しました」

 「GG BE」と共に「そんなことはない」という曲も同じ日に完成させた。別れの後の男性の感情がポップR&B風に込められた。彼は「あちこちで聞こえてくる前の恋人の知らせに、1,2節では彼女を恋しく思う気持ち、3節は爆発してしまった男性の本音を込めました」と紹介した。

 6曲が収められたミニアルバムだが、ジャンル構成が非常に巧妙だ。アコースティックギター演奏を加えたハウスであるタイトル曲「GOTTA TALK TO U」をはじめ、躍動的なヒップホップ、シャッフルリズムが加えられたポップなど多彩なサウンドで退屈さを減らした。

 彼はこの過程を終えた後、自らの才能を発見しており、音楽的な自信もついたと強調した。他の歌手の曲を書きたいという欲もできた。

 また、すべてのことは「BIGBANG」の影響だと説明。先ごろ7周年を迎えた「BIGBANG」の中で、見て聞いて学んだものが身についたということだ。

 「『BIGBANG』の音楽は、主にG-DRAGONさんがプロデュースするのですが、その音楽を聞いて育ったので、すでに多くのことを学んだ状態でした。ソロで僕が追及するシジャンルはポップですが、『BIGBANG』とつながっているようです。僕たちは、どのメンバーがソロアルバムを出しても『BIGBANG』の枠を大きく超えてはいけない、というルールがあるんです」

 メンバーは、無関心のように見えて、実は深い愛情を示してくれたという。V.IはG-DRAGONが送った携帯電話のメッセージを見せてくれた。いつもリーダーらしく苦言をするG-DRAGONが、V.Iの初放送をモニタリングした内容だった。

 「初放送では、ダンスが変だ。もうちょっと、どっしりした方が良い。ステージも記憶に残る何かが必要だ。『GG BE』の衣装は、お前がいつも着る衣装のように感じるから、もう少し飾ってみよう。あまり男性を強調するな、クールに見えない。ヒョン(お兄さん)が何度も言っていることだけど、お前が老けて見える。上手くいくように言うことだから、周りの人の言葉に耳を傾けなさい」(G-DRAGON)

 V.Iは、SOLやD-LITEなどお兄さんの“フィードバック”も話しながら「末っ子として本当に上手くやりたかったんです。恥ずかしい部分は見せたくなかった。メンバーに認められるのが大衆に認められるより難しく、メンバーは冷たいです」と笑った。

 2006年にデビューした「BIGBANG」もいつの間にか中堅グループになった。昨年ワールドツアーを行い、多くの海外ステージをかけずり回った。一番記憶に残っているステージには、2011年「MTV欧州ミュージックアワード」で賞を受賞した時を選んだ。

 「アジア代表として参加しましたが、ジャスティン・ビーバーやレディ・ガガなどが参加していました。今ではPSY先輩が海外ポップスターと肩を並べていますが、当時世界的なアーティストと共にして、デビューする時のようにわくわくしました。まるで新世界のドアの前に立ったようでした。特に当時、メンバーが不祥事により大変な時期だったため、もう一度初心に戻ろうというきっかけになったステージです」

 ただ末っ子だと思っていたV.Iにも、今や所蔵事務所の中にたくさんの後輩ができた。YGは「BIGBANG」に続きデビューさせる男性グループを選ぶサバイバルオーディション番組「WIN」をケーブルチャンネルでお目見えさせている。

 V.Iは、後輩たちを見ながら自分の過去も振り返った。

 「練習生のとき、(故郷)光州(クァンジュ)に戻れとも言われました。上手な人の名前だけ覚えるヤン・ヒョンソク代表が、練習生6か月間は僕を『お前、赤色(帽子、服)』と呼んでいました。無関心さが本当に孤独で不安でした。それで僕は、練習生の名前を全部覚えましたよ。もう後輩に訓戒する時代は過ぎたので、楽にしてあげようと面白い話もしてあげますよ(笑)」

 最近、YG新人グループのメンバーであるカン・スンユンがラジオで怖い先輩としてV.Iを選んだという話に「ヤン代表が僕に『お前は小枝が多い木だから、ちゃんと認めればよく育つ』とおっしゃったんです」とし「僕を後押ししてくれたのがG-DRAGONさんだったのように、カン・スンユンの素晴らしい才能をプッシュしてくれる人が必要です。10人全員が上手ならば、発展がないんじゃないかな」と再び笑った。

 続けて、後輩に「ボーカルとダンスの実力を超えて、自分だけの魅力的なスター性が重要」とアドバイスした。

 後輩ができたことで「BIGBANG」の責任感はさらに大きくなった。後輩に先立つ道を歩くだけの模範でなければならない状況なのだ。

 V.Iは「『BIGBANG』は対話で問題を解決しながらチーム活動のバランスを取っていて、一度も大喧嘩をしたことがない」とし「僕たちは、大きな愛をもらう分、絶対に壊れてはだめだと話しました。ヤン代表も『Seo Taiji&Boys』解散のとき、判断力が足りなかったと話してくださったことがあります。『BIGBANG』は本当に長く続いていくでしょう」と強調した。

 そして、最後にV.Iが問いかけた。「『ローリング・ストーンズ』のようなグループになりたいです。みなさんも、歳を取ってもかっこよくパフォーマンスする僕たちの姿を見たくありませんか? 」
2013/08/27 12:07:29 入力





【V.I(スンリ/元BIGBANG)の関連ニュース】

1

【公式】SMエンタテインメント、音楽有望株のための「2022 SMile Music Festival」を開催

2

「LE SSERAFIM」、音楽番組3冠王獲得で語る「初心を忘れない」

3

[韓流]BTS・TXT ビルボードグローバルチャートに同時ランクイン

4

「ONEUS」、カムバックから一日目で自己初動記録を塗り替える

5

[韓流]BTSのRM 再び釜山市立美術館で作品鑑賞

6

ジコ(Block B)、召集解除後の近況を公開“さらに素敵になったビジュアル”

7

「TOMORROW X TOGETHER」、ニューアルバム発売初日にオリコントップに、日本でも人気を集める

8

“新時代の象徴となった日韓混合バンド”「Y2K」のKOJI、20年ぶりに韓国活動を再開

9

「ATEEZ」、日本新曲タイトル曲「ROCKY」MV公開…活気溢れるパフォーマンス

10

キム・ヘス&チョ・スンウ&キム・ウビン&スルギ(Red Velvet)ら、独歩的なオーラを放つ画報公開
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.