KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
日本人いる多国籍バンドHemenway 個性きらり
日本人いる多国籍バンドHemenway 個性きらりの画像
多国籍バンドHemenway
韓国系米国人2人(アイザック、チャーム)と日本人2人(オガチン、トシ)という国際色豊かな「多国籍ロックバンド」のHemenway(ヘメンウェイ)が16日までに、ソウル市内でインタビューに応じ、音楽への熱い思いや今後の計画について語った。

 4人は音楽名門の米バークリー音楽大学出身。米国で活動していたアイザック(ボーカル&ギター、26)とチャーム(ギター、26)が2010年、東京でオガチン(ベース、34)、トシ(ドラム、32)と再会したことをきっかけにバンドを結成した。日本で11年に1stシングル「Listen」をリリースしてメジャーデビュー。今年は1月から10か月連続というシングル配信企画を実施中だ。11月にはその集大成として、東京・Shibuya eggmanでワンマンライブを行う。韓国と日本、米国の感性を併せ持つ個性派バンドとして活動を広げている。

 アイザックとチャームは幼いころに渡米。日本文化に接する機会が多く、日本語も堪能だ。2人ともJ-ROCKの影響を受けたという。

 Hemenwayは今回、15日に開かれた両国最大の民間交流イベント「韓日交流おまつり2013 in Seoul」に出演するため訪韓した。2回目となる韓国でのライブに「日本のお客さんは皆で盛り上がるんですが、韓国は個人個人が自由に(楽しんで)盛り上がると感じました」(アイザック)と感想を話した。

 「多国籍バンド」だけに、ライブではロックバンド「ラルク・アン・シエル」のカバー曲を韓国語を交えて披露し、観客を喜ばせた。「ミュージシャンだし、音楽以上のことをしようと思ってはいません。お客さんの中で誰が韓国人で誰が日本人だったか分からなかったし、皆に向けて音楽をやっただけで、それで皆が仲良くなればいいなという思いがあります」(チャーム)。

 今後の活動については、「日本だけでなく、いろんな国にいけたらいいなと思います」と口をそろえる。「僕たちの強みだと思います。日本語、韓国語、英語ということで、ほかのバンドにはできないのは確実。そこをどう生かしていくかが課題です」(チャーム)と意欲をみせた。

2013/09/19 7:58:12 入力





【関連ニュース】

1

“イ・ジフンの日本人妻”アヤネさん、大胆なビキニ姿を披露「オッパに怒られちゃう」

2

ユナ(少女時代)、真っ白なドレスを着た女神…「横顔まで完璧」

3

【公式】「H1-KEY」、“タイ人メンバー”シタラが脱退「個人的な事情」…デビュー当初には父親に関する議論も

4

歌手JAY B、6月単独ファンコンサート開催…「GOT7からソロキャリアまで網羅」

5

キム・ユンジ、あのイタリアのアマルフィ? …「プールでCG級」

6

「LIGHTSUM」、新譜「Into The Light」ショーケース開催…ロールモデルは「(G)I-DLE」

7

ヒョミン(T-ARA)、いよいよ一人暮らし…新しい家のリビングで道に迷う?

8

“バラードの女王“歌手ペク・チヨン、11か月ぶりに新曲を発表

9

「NCT DREAM」、2ndリパッケージアルバムに「環境にやさしい」素材使用

10

[韓流]BTSと弟分TXT ビルボードに同時ランクイン
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.