B.A.PのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【イベントレポ】B.A.P「日本のファンの応援に“倍返し”します! 」日本デビューマスコミ限定イベント!
【イベントレポ】B.A.P「日本のファンの応援に“倍返し”します! 」日本デビューマスコミ限定イベント!の画像
左からバン・ヨングク、ヒムチャン、デヒョン、ヨンジェ、ジョンアプ、ZELO
今、一番大きな期待を背負っているK-POPアーティスト「B.A.P(ビーエーピー)」が、10月9日に日本1stシングル「WARRIOR」でデビューし、9日、10日と連続でオリコン・デイリーチャート5位を獲得。来日プロモーションで公開ラジオに出演した際には、夜にも関わらず300人のファンが駆けつけるなど、ギャラクシー級の人気ぶりを見せた。10日(木)には東京・六本木ニコファーレにて、CD購入者、ドワンゴ配信購入者から抽選で選ばれた250名限定のスペシャルライブも行なわれ、ライブの模様はniconicoで生中継。そのライブ前に、マスコミ限定パフォーマンスと囲み取材を行なった。

 日本デビュー曲「WARRIOR」のMV上映後、MVと同じ衣装でステージに登場した6人は、「WARRIOR」の生パフォーマンスを披露。客席と密着した規模の会場だったこともあり、さらに目前に迫ってくるような立体感のあるダンスと、聴く者の体を自然に揺らすようなリズムのある歌とラップで取材陣を圧倒させた。

 続く囲み取材では、爽やかな笑顔で日本デビューの喜びなどを真摯に語った。

-日本デビュー曲の歌(日本語の歌・ラップ)をどのようにどのくらい練習しましたか。
デヒョン:レコーディングの後も長い時間をかけて練習してきました。今後もさらにカッコいい姿をお見せするために、絶えず努力していきますのでよろしくお願いします。
バン・ヨングク:ラップに関しては、日本の皆さんがきちんと聞き取れるようにという点に気をつけて練習してきました。

-韓国でデビューしてから1年半以上になるが、自分が成長したと思う部分は? 
バン・ヨングク:以前はステージ上で(緊張して)ファンの皆さんの目を見ることが難しかったのですが、今はきちんと心を通わせながら公演ができる余裕が出てきた気がします。
ヒムチャン:僕だけでなくメンバーそれぞれが、自分の個性をはっきり出せるようになったことです。
デヒョン:実力的な面でも多くのことをお見せできるようになったと思います。
ヨンジェ:(日本語で)僕は前からB.A.Pの単独コンサートをしたいと思っていましたが、来月には日本でツアーが始まります。このことが成長したということだと思います。
ジョンアプ:以前より表現力がついて、自然に自分なりのアピールができるようになったところです。
ZELO:今までよりも余裕ができた点と、ステージでは熟練した美しさを表現できるようになった気がします。

-印象に残っている日本のファンは? 
デヒョン:韓国でサイン会をした時に、あるお母さんと娘さんが一緒にいらっしゃったんですが、お話をしてみたら日本から来てくださったんだそうです。親子でB.A.Pを応援してくださっているということで、とてもうれしかったです。

-最近覚えた日本語は? 
ヨンジェ:(日本語で)倍返し! (ニッコリ)日本のファンの皆さんの応援に“倍返し”したいです! 

-オリコン・デイリーチャート5位になった感想は? また日本での野望などは? 
ヒムチャン:5位になったと聞いて、すごくうれしかったですし今でも興奮しています。日本デビューが僕たちにとっては新しいチャレンジになるのですが、こんな素晴らしい結果を出せてとても幸せです。また来月からアリーナツアーが始まりますが、まずはそちらを成功させて、そしていつかドームツアーができるようになったらいいなと思います。


-メンバーそれぞれは、どんな人? (それぞれ隣のメンバーを紹介)
バン・ヨングク:ヒムチャンは社交性があって、性格も明るいイケメンです(満面の笑み)
ヒムチャン:デヒョンは、僕ほどではないですが結構カッコよくて歌がうまいです。
デヒョン:(日本語で)ヨンジェはかわいくて優しくてハンサムです! 
ヨンジェ:(日本語で)ジョンアプは、本当に優しい! 笑うと本当にカッコいいから“微笑みの天使”です。
ジョンアプ:ZELOは一番末っ子ですが明るくてやんちゃで、カッコいい時はすごくカッコいい人です。
ZELO:ヨングクさんはリーダーにピッタリな人で、男らしくて人間味あふれる人です。

 最後にヒムチャンは日本語で「今日は来てくれてありがとうございます」と述べると、6人揃って「お疲れさまでした」と深々とお辞儀をして終了した。ステージを退場する時も最後の最後まで丁寧に頭を下げて感謝の気持ちを表す6人。韓国、日本だけでなく世界各国の音楽界で「WARRIOR(=戦士)」として戦い挑み続ける姿に今後も目が離せない。

 なお、「B.A.P」は来る11月13日、日本2ndシングル「ONE SHOT」をリリースする。また、11月19日(火)、20日(水)兵庫・神戸ワールド記念ホール、27日(水)、28日(木)愛知・愛知体育館、12月 4日(水)、 5日(木)東京・代々木第一体育館にて、コンサート「B.A.P 1ST Japan Tour : WARRIOR Begins」を開催する。

2013/10/11 14:52:06 入力





【B.A.Pの関連ニュース】

1

チャウヌ(ASTRO)、日本でソロファンミーティングツアー開催決定!

2

“パパアイドル”BOBBY(iKON)、東京の街で上半身露出?

3

スヨン(少女時代)、「ヒゲのある男性が好き」…恋人チョン・ギョンホは?

4

「少女時代」、15周年パーティースタート!テヨン&ティファニー“業務過多の危機”=「ソシタムタム」

5

イ・ヒョリ&イ・サンスン夫妻が運営する済州のカフェ、7日に再オープン

6

「Stray Kids」リノ&フィリックス&I.N、新型コロナ感染…米ツアー2公演が延期

7

SMエンタ、韓国芸能事務所初の「UNGC」加入…ESG経営強化

8

[韓流]ENHYPENの新譜 17カ国iTunesで1位

9

「BTS」JIN、自分の顔より倍大きいスイカを持って…「スイカ売ります」

10

≪韓国ドラマOST≫「愛の温度」、ベスト名曲 「I still」=歌詞・解説・アイドル歌手
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.