ソヨン(T-ARA)のKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
「T-ARA」ソヨン、交際中のオ・ジョンヒョクは”小学生の頃からファン”
「T-ARA」ソヨン、交際中のオ・ジョンヒョクは”小学生の頃からファン”の画像
「T-ARA」ソヨン
「小学校6年生の頃、アイドルグループ『Click-B』オ・ジョンヒョクさんのファンでした。6年間でお小遣いを貯めた通帳からお金を引き出して、ジョンヒョクさんの寮へオレンジ色のソファーをプレゼントで贈ったこともあります(笑)」

 ガールズグループ「T-ARA」のソヨンが先ごろ、3年間交際している事実を公表した。そのお相手は、かつて自身が大ファンだったいうオ・ジョンヒョク。

 ソヨン(T-ARA)は14日、ソウル市内にあるカフェでインタビューを行い「ジョンヒョクさんのファンから後輩になり、いまは彼女になりました」とし「それでなのか、交際はじめはファンとしての感情がありました。でも、ジョンヒョクさんは、そのような気持ちを私がもつことを嫌がり…。恋人として見てほしい、と言ってくれました」

 2人は2010年、KBS2「スターゴールデンベル」で初めて出会った。この時、ソヨンはオ・ジョンヒョクに対し「ファンだった」と打ち明け、その後MBCバラエティ番組「花束」で共演。2010年12月28日、正式に交際をスタートさせたという。

 ソヨンは「花束」の撮影当時、制作スタッフが”ファンから後輩歌手になった”という流れを描いた絵を演出してくれたという。「これが縁となって、連絡を取り合うようになりました。当時、ジョンヒョクさんは軍入隊を控えていたため、慎重に交際することを決めました。いまでも敬語を使うくらいで、軽い気持ちでスタートした仲ではありません。ジョンヒョクさんが軍服務をしていた期間は、待つことを難しいと思ったことはありません」

 また「面会には1~2回しか行くことができませんでしたが、その間に信頼が深まっていった」とし「私がグループの問題で悩んでいたとき、ジョンヒョクさんが力になってくれました。各自、つらい状況がくるたびに、お互いを助けられるように努力しました」

 交際を認めたことについても「知られているならば、騙したくなかった」とし「それぞれのファンがいるという状況で、嘘は正しい選択だとは思えませんでした。交際を続けていく中で、事実通りに話すことを約束したんです」

 しかし、結婚については一線を引いた。

 ソヨンは「私はジョンヒョクさんが除隊するまで待っていたし、交際期間も長いからか、周囲からは結婚について聞かれますが、そのような話はお互いにしたことはありません」とし「いまはお互いに重要な仕事が多いので」と笑顔を見せた。

 「T-ARA」メンバーたちも歌手活動をしながら恋愛をすることは、それなりに苦労が多いという。

 ヒョミンは「事務所側から恋愛についての制約はありませんが、恋愛は時間と視線が問題になります」とし「私にも本当に好きな人ができたのですが、諦めたことがあります。歌手はみんな同じ状況だと思います」と語った。

 この言葉を聞いたソヨンは「一番気になるのは、他人の視線」とし「頑張って活動をすれば、良い目で見られると思っています」と語り、覚悟を見せた。
2013/10/15 10:57:45 入力





【ソヨン(T-ARA)の関連ニュース】

1

日韓ボーイズグループ「ORβIT」、韓国ポータルサイトWoW!Koreaに17周年を祝うメッセージ送る

2

ジュノ(2PM)、除隊後の復帰作は時代劇「袖の赤い口布」に確定=女優イ・セヨンとのロマンス

3

「BTS」の新曲「Butter」ティザー、JUNG KOOKの「パープルヘア」が注目浴びる

4

ラッパーSimon Dominic、「漢江・医大生事件」真相究明を求める請願に「同意」

5

[韓流]BTS ビルボード音楽賞で新曲ステージ初披露へ

6

[韓流]BTS 英音楽賞「ブリット・アワード」受賞ならず

7

「BTS」、新曲「Butter」RMのティーザーフォト公開、強烈な眼差し

8

【公式】ジョイ(Red Velvet)、リメイクアルバム準備中

9

[韓流]ブラックピンク オンライン公演収録のライブアルバム発売へ

10

SUGA(BTS)、全世界ARMY(ファン)の心臓を狙撃する「微笑み」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.