ペク・チヨンのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
【独占インタビュー】ペク・チヨン、名曲秘話からプライベートまで全てを語る!
【独占インタビュー】ペク・チヨン、名曲秘話からプライベートまで全てを語る!の画像
歌手ペク・チヨン
9月25日に同時リリースされた日本2ndシングル「この愛、忘れないで」と、日本初のライブDVD「ペク・チヨン PREMIUM NIGHT 日本デビュー“シークレット・ガーデン”~その女~発売記念コンサート」の発売を記念し、ペク・チヨンは10月29日東京・銀座の山野楽器本店7Fイベントスペース“JamSpot”を皮切りに、31日に渋谷、11月1日に大阪と3か所にて購入者限定のスペシャルイベントを開催した。

 ペク・チヨンは韓国で1999年、アルバム「Sorrow」でデビュー。2006年に「愛さない~サランアネ~」が大ヒットした後、「IRIS」「ファン・ジニ」「王女の男」「屋根部屋の皇太子」「アラン使道伝」「九家の書」など韓国人気ドラマのOST(オリジナルサウンドトラック)に数多く参加。バツグンの歌唱力、表現力で、圧倒的存在感を発揮し、特に切ない歌声で情感たっぷりに歌い上げるバラードは絶品。今やOSTには欠かせない存在であり、韓国歌謡界のトップの座に君臨する彼女は今年5月、ドラマと共に人気を博した「シークレット・ガーデン」の挿入歌「その女」で、待望の日本デビューを果たした。

 プライベートでも、ことし6月に俳優チョン・ソグォンと結婚し、公私共に充実している彼女。日本2ndシングルとなる「この愛、忘れないで」は大人気ドラマ「IRIS」の主題歌「イッチマラヨ」の日本語セルフカバー。韓国語バージョンに増して、もの悲しいメロディーラインが際立つ、より魅力的なアレンジに仕上がっている。また、DVD「ペク・チヨン PREMIUM NIGHT 日本デビュー“シークレット・ガーデン”~その女~発売記念コンサート」は今年5月、赤坂BLIZで行われた即日完売のコンサートの模様を完全収録。特典映像も含め、ファンにはたまらない充実した内容になっている。

 今回のスペシャルイベントで、久しぶりにファンと触れ合い、熱い興奮に包まれながら、初日のイベントを終えたペク・チヨンに単独インタビューを行った。

-銀座で10月29日にスペシャルイベントが開催されましたが、日本のファンの反応はいかがでしたか。
韓国のファンはアクションも声も大きく、情熱的に応援してくれるんですが、日本のファンの皆さんは静かに、まなざしで語り合えるというか。アイコンタクトで通じ合えるような印象です。実は風邪を引いてしまって、コンディションが良くなかったんですが、ファンの方からすごく元気をもらいました。

-韓国でリリースされた曲を日本語で歌うのに、難しい点などはありますか。
愛の曲は、言葉は違いますが、意味自体の理解はそれほど難しくないので、全体的にメッセージを伝えるという部分においては問題ないんですが、発音ですね。取材を受けるたびに毎回言っているんですが、話が出たついでに、ここで練習になりますね。難しいのが「(日本語で)た・ち・つ・て・と」。あっ、今すごくいい感じじゃないですか(笑)? ゆっくり言えば、できるんですが、歌の中に出てくると、うまくできなくて。発音が難しいですね。

-ペク・チヨンさんといえば、これまで数々のOSTを歌い、ヒット曲も多数ありますが、ご自身で一番好きな曲を選ぶとしたら? 
難しいですね。でも、歌っていて、いいなと思うのは「イッチマラヨ/この愛、忘れないで」ですね。イベントや公演など、どんなステージでも、エンディングで「イッチマラヨ」を歌うと、会場が温かい感動で満たされた雰囲気になります。だから、歌い手として気に入っているのは「イッチマラヨ」。それと、「どんな曲を聴きたいですか? 」と聞くと必ず出てくるのが「その女」と「銃に撃たれたように」。自分にとって意味深いのは「愛さない~サランアネ~」ですね。だから、好きな曲を1曲挙げるのは難しいですが、あえて選べというのなら、「イッチマラヨ」です。

-「イッチマラヨ」にまつわる思い出やエピソードなどがあれば教えてください。
この曲は、最初にデモテープを受け取ったとき、あまり好きではなくて、歌いたくないと言ったんです。いい曲だなという印象がなかったんですよ。でも、この曲は歌えば歌うほど、聴けば聴くほど、新しい曲に感じられ、少しずつ良くなっていったというのが、大きな特徴だと思います。私が「イッチマラヨ」をレコーディングしたとき、あまり時間がなくて、急いで制作したので、実はあまり大きな感動を得られなかったんです。でも、ライブで歌うたびに、どんどん良くなっていきました。2009年に発売されてから、だいぶ経ちますが、この曲を歌うたびに、新しい感動があるので、私の人生において、重要で意味のある曲になったと思います。

-ペク・チヨンさんの曲をカラオケで歌う人も多いと思いますが、どうやったらペク・チヨンさんのように上手に歌えるのか、コツを教えていただけませんか。
すごく難しい質問ですね~。(少し考えてから)まずは、生ビールを1杯飲んでください! (笑)そして、マイクを握った瞬間からは、どう歌えているのかは気にせず、例えば「イッチマラヨ」だったらドラマの世界に浸り、“私がペク・チヨンだ! ”と思って歌ってください。それ以外の音程とか、そういうものはどうにもならないので、とにかくなりきって歌うしかないと思います。

-ペク・チヨンさんもカラオケに行くんですか。
好きですね~(笑)。カラオケに行くと、周りから自分の曲をリクエストされるので、自分の曲ばかり歌いますね。だから、他の歌手の曲はあまり歌えないんですが、歌えるときにはアイドルの曲を歌います。「SISTAR」、「東方神起」の曲とか。ダンスは踊れませんが、楽しんでいます(笑)。

-まさにカラオケがライブ会場に早変わり。一緒に行った人は幸せですね。
そうですね。でも、お金はもらいませんよ(笑)。

-「SISTAR」の話が出ましたが、10月に行われた「SISTAR」のコンサートに飛び入りで出たそうですね。後輩との交流も多いのでしょうか。
それは、ちょっとしたハプニングだったんですよ。皆さんがこんなに知っているとは思わなくて。私はそのとき、「SISTAR」のコンサートを見に行こうと思っていたんですが、スケジュールの都合で遅れてしまったので、客席で見るのは申し訳ないなと思っていたんです。それで、「SISTAR」のマネジャーさんに連絡を取って話をしている中で、突然1曲歌うことが決まったというわけです。「SISTAR」は私のことを気楽に接することができる先輩だと思っていて、私自身も彼女たちをかわいいなと思っています。その日、私がステージに上がって歌うことは「SISTAR」のメンバーはもちろん知らなかったので、私が登場したとき、彼女たちは驚いていましたが、とてもうれしそうに迎えてくれたので、先輩として胸がいっぱいになったし、メンバーのことを愛おしいと思いました。こういうことは、めったにあることではありませんが、機会があれば、後輩のステージに立つのもいいなと思いました。

-日本のアーティストで好きな人や曲などはありますか。
私が青春時代のころ、日本の文化に接するのは難しかったんですが、そのとき、「TUBE」、「安全地帯」、「SMAP」の曲を聴いて刺激され、影響を受けましたね。初めて声に惚れたのは桑田佳祐さんでした。歌手デビューしてからは、小野リサさん、宇多田ヒカルさん、あと周りからはMISIAさんの曲を勧められて、「Everything」をたくさん聴きました。

-プライベートでは、ことしご結婚されて充実した毎日を過ごされていると思いますが、どんなときが一番幸せだなと感じますか。
こんなことを言ったら恥ずかしいですが、(チョン・ソグォンと)一緒にいることが一番幸せです(笑)。一緒にいることによって、さまざまな出来事があるので、一緒にいること自体が幸せです。

-最近、一緒にしたことで、一番印象に残っていることは? 
(照れて)おいしいものを食べたことです。もちろん、一緒にいるからこそ夫婦ゲンカもしますよ(笑)。ケンカになると、2人とも火が付いたように、派手にやり合います。チョグォンさんは私よりもカッカするので、すごく激しいケンカになりますが、すぐに仲直りをしますね。

-どうやって仲直りをするんですか。
ソグォンさんの方から謝ってくれます。その謝り方が、とてもウイットに富んでいて、ユーモアがあるんですよ。だから、早く仲直りできるんだと思います。

-今後、新たに挑戦したいことはありますか。
ラジオのパーソナリティーです。韓国では、アナログ的な感性を持っている視聴者が減ってきているので、私がまたブームを起こすのに一役買えれば。いいタイミングがあれば、ぜひやってみたいですね。

 ステージ上では圧倒的なカリスマ性を放つペク・チヨンだが、インタビュー中はよく笑い、よく話し、気さくに素顔の部分をさらけ出せる、チャーミングで魅力的な女性、という印象を受けた。数多くの後輩から慕われているというのも納得。そして、歌にかける情熱、確固たる信念があるからこそ、歌声で多くの人の心を震わせ、感動させる吸引力があるのだということを改めて実感したインタビューとなった。

 その後の写真撮影でも、シャッターを切るたびに全てポーズを変え、またポスターと同じポーズを取ってほしいというリクエストにも、「そんなの簡単ですよ」とすぐにポーズを取るプロらしい一面を発揮。奥深い魅力を持つペク・チヨンが、次はどんな曲で、琴線に触れる歌声を披露してくれるのか、楽しみでならない。


2013/11/06 14:55:24 入力





【ペク・チヨンの関連ニュース】

1

日韓ボーイズグループ「ORβIT」、韓国ポータルサイトWoW!Koreaに17周年を祝うメッセージ送る

2

ジュノ(2PM)、除隊後の復帰作は時代劇「袖の赤い口布」に確定=女優イ・セヨンとのロマンス

3

クォン・ミナ(元AOA)、アンチに対し強く忠告「荒らしやアンチは人として見ていない」

4

「BTS」の新曲「Butter」ティザー、JUNG KOOKの「パープルヘア」が注目浴びる

5

【公式】「BTS(防弾少年団)」、米ビルボード・ミュージック・アワードの4年連続パフォーマー…新曲「Butter」初公開

6

[韓流]BTS ビルボード音楽賞で新曲ステージ初披露へ

7

ラッパーSimon Dominic、「漢江・医大生事件」真相究明を求める請願に「同意」

8

[韓流]BTS 英音楽賞「ブリット・アワード」受賞ならず

9

【公式】ジョイ(Red Velvet)、リメイクアルバム準備中

10

「BTS」、新曲「Butter」RMのティーザーフォト公開、強烈な眼差し
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.