シン・ヘチョルのKPOP韓国音楽・歌手ニュースのwowKpop

KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
故シン・ヘチョルの執刀医が手術した患者が死亡…縫合部位の隙間により再手術事例も多数
故シン・ヘチョルの執刀医が手術した患者が死亡…縫合部位の隙間により再手術事例も多数の画像
一昨年の10月、韓国の男性歌手シン・ヘチョルが手術後、合併症により死亡した。手術を執刀した医師は昨年、在宅起訴され業務上過失致死容疑で現在もし烈な攻防を繰り広げている。(提供:OSEN)
一昨年の10月、韓国の男性歌手シン・ヘチョルが手術後、合併症により死亡した。手術を執刀した医師は昨年、在宅起訴され業務上過失致死容疑で現在もし烈な攻防を繰り広げている。

 韓国メディアの取材により、該当医師はシン・ヘチョルが死亡した2週間後から治療および手術をしていたことがわかり、最近、手術を受けた外国人患者が死亡する事態が確認された。

 昨年11月18日、ある外国人男性が故シン・ヘチョルの手術を執刀した医師に腹腔鏡による胃切除手術を受けた。高度肥満症の治療のためだ。この男性は手術後、縫合部位に隙間ができ、3度もの再手術を受けた。1か月後に別の病院に移されたが、3日後に死亡した。死因は敗血症だ。

 また、故シン・ヘチョルが死亡した2週間後に手術を受けた女性も縫合部位の隙間のため、大学病院で再手術を受け、また別の外国人女性も同じ理由で大学病院で再手術を受けていた。

 取材陣は該当医師に話を聞くため、電話やメッセージ送信を試みたが、応答はないという。
2016/01/22 10:30:58 入力





【シン・ヘチョルの関連ニュース】

1

【公式】SMエンタテインメント、音楽有望株のための「2022 SMile Music Festival」を開催

2

「LE SSERAFIM」、音楽番組3冠王獲得で語る「初心を忘れない」

3

[韓流]BTS・TXT ビルボードグローバルチャートに同時ランクイン

4

「ONEUS」、カムバックから一日目で自己初動記録を塗り替える

5

[韓流]BTSのRM 再び釜山市立美術館で作品鑑賞

6

ジコ(Block B)、召集解除後の近況を公開“さらに素敵になったビジュアル”

7

“新時代の象徴となった日韓混合バンド”「Y2K」のKOJI、20年ぶりに韓国活動を再開

8

「TOMORROW X TOGETHER」、ニューアルバム発売初日にオリコントップに、日本でも人気を集める

9

SUHO(EXO)「達成感を感じさせてくれるのはファンの皆さん」

10

キム・ヘス&チョ・スンウ&キム・ウビン&スルギ(Red Velvet)ら、独歩的なオーラを放つ画報公開
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2022 AISE Inc. All Rights Reserved.