KPOP情報のwowKpopトップへ
KPOP韓国音楽
sg WANNA BE+ <LIVE IN JAPAN 2>大盛況! 
11月12日、東京渋谷でsg WANNA BE+(エスジーワナビー)のコンサートが行われた。

日本では2回目のコンサートとなる、sg WANNA BE+。この公演で本格的な日本進出に乗り出すことになるのだが、会場となったNHKホールは満員御礼、大盛況のうちに幕を降ろした。

1曲目は『罪と罰』。シックなスーツに身を包んだメンバー3人が登場。迫力のある歌声に、会場が一気に沸きあがる。MCをはさみながら、『愛して本当に良かった』『Timeless』などのヒット曲を熱唱。つたない日本語でトークをするメンバーに、ファン達の歓声があがる。特に、最近日本語を勉強し始めたというジノは、事前に覚えてきたというスピーチで、ファンの心をしっかり掴んでいた。

途中See Yaの2曲をはさみ、メンバーのソロステージ―コンサートは後半に突入する。ソロステージのトップバッターは、ヨンジュン。1曲目の『愛してる』では、舞台から降りてファンに花をプレゼントしたり、ひとりのファンをステージに上げ、目を見つめながら歌うなど、ファンミーティング並みのサプライズパフォーマンスを披露。2曲目には『瞳を閉じて(原曲:平井堅)』を日本語で歌ってくれた。
ドンハは、バラード『もう1人の僕』の後にメタルの『Since You Been Gone』を歌うなど、これまたびっくりな展開を見せた。日本語がほとんど出来ない彼は、事前にパネルに書き写しておいた日本語の文章を見せ、ファンとコミュニケーションしたいという気持ちをアピールした。最後は、グループのムードメーカー、ジノ。Maxwellの『This Womans Work』と『Friend』を熱唱し、MCの際には小ネタを披露するなどのお茶目な仕草で、会場に笑いを巻き起こした。
その後『のろま』『生きていて』と歌い、コンサートは一旦幕を閉じる。

会場は当たり前のようにカーテンコールがおこり、3人は満面の笑みで再びステージに現われた。この日最後の曲『僕の人(Partner For Life)』では、歌詞の一部を日本語で歌うなど、気の利いた演出で大サービス。

次に日本でコンサートをする際には、もっと日本語を勉強してくると語っていたメンバー。次回の公演も期待できそうだ。


Copyrights(C)wowkorea.jp

2006/11/13 11:42:38 入力





1

ジェシカ(元少女時代)の恋人兼事務所代表のタイラー・クォン氏、債務不履行の提訴報道に「返済可能な状況&彼女の名誉が傷ついた」

2

「BLACKPINK」リサ、3年キープしたジェニーの記録も破る

3

ティファニー(少女時代)、下着&ネットで破格ファッション...みずみずしい魅惑美

4

“国民的アイドルグループ”「嵐」櫻井翔と相葉雅紀の結婚ダブル発表、韓国メディアも注目…お相手はともに一般女性

5

「今月の少女」、活動に赤信号?「所属事務所の資金難が深刻」と報道

6

Mnet「I-LAND」が国際エミー賞最終候補に

7

“執行猶予中に飲酒運転で現行犯逮捕&議員の息子”ラッパーNO:EL、所属事務所との専属契約解除

8

「ITZY」イェジ、締まったボディーにブラトップファッション…「私が好きなスタイル」

9

[韓流]BTSが約2年ぶりオフライン公演 米で11・12月開催

10

「ITZY」、「ケリー・クラークソンショー」で新曲ステージ披露、「絶賛されるK-POPガールズグループ」
会社紹介 | プライバシーポリシー | 利用規約 | ニュース販売
wowKpopを見て、最新の韓国歌手KPOPアーティスト情報を探そう!
Copyright(C) 2004-2021 AISE Inc. All Rights Reserved.